Office 更新プログラムをアンインストールする機能に関する情報

概要

この記事には、Office 更新プログラムの削除に関連する次のトピックの詳細が含まれています。

  • プログラムの追加と削除ツールを使用して Office の更新プログラムを削除するための要件。
  • プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認する方法。
  • Office の更新プログラムを削除しようとしたときに発生する可能性がある既知の問題。
  • Microsoft Windows インストーラー コマンドを使用して更新プログラムを削除する方法。

注:

一部の Office 更新プログラムは削除できません。 以下に例を挙げます。

  • サービス パック
  • Office サーバー製品の更新プログラム
  • Office 共有コンポーネントに対する一部の更新プログラム。 この場合は、更新プログラムを削除できないという更新プログラムに関する説明を含む Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

詳細情報

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除する要件

Microsoft Office を実行しているコンピューターは、プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するには、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • リムーバブル Office 更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Windows インストーラー バージョン 3.0 またはバージョン 3.1 をインストールする必要があります。

    注:

    • Microsoft Windows インストーラー バージョン 3.1 をお勧めします。 Windows インストーラー 3.1 (v2) を取得する方法の詳細については、 Windows インストーラー 3.1 v2 (3.1.4000.2435) を参照してください
    • Windows XP Service Pack 2 (SP2) には、Microsoft Windows インストーラー 3.0.3790.2180 が既に含まれています。 さらに、2007 Microsoft Office スイートには Windows XP SP2 が必要です。
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) には、Microsoft Windows インストーラー 3.1.4000.1830 が既に含まれています。
    • Windows Vista と Windows Server 2008 には、Microsoft Windows インストーラー 4.00.6001.0 が既に含まれています。
  • コンピューターが Windows Vista、Windows XP SP2、Windows Server 2008、または Windows Server 2003 SP1 を実行している必要があります。

    注:

    これらのサービス パックのいずれかをインストールすると、プログラムの追加と削除ツールが更新され、製品名の下に Windows インストーラーの更新プログラムが表示されます。

  • Office XP 更新プログラムを削除するには、元のインストール ソースを使用できる必要があります。 Office 2003 の更新プログラムを削除するには、Office 2003 セットアップのローカル インストール ソース機能が使用されていない場合は、元のインストール ソースを使用できる必要があります。

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認する方法

Windows XP および Windows Server 2003

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[実行] をクリックし、[開く] ボックスに「OK」と入力appwiz.cplして、[OK] をクリックします
  2. 左側の列で、[ プログラムの変更または削除] をクリックします。
  3. [更新の表示] チェック ボックスをオンにします。
  4. [現在インストールされているプログラムと更新プログラム] の一覧で、削除する更新プログラムをクリックします。

[削除] ボタンを使用できる場合は、Office 更新プログラムを削除できます。

Windows Vista および Windows Server 2008

プログラムの追加または削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、次の手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに「Enter」と入力appwiz.cplして Enter キーを押します。
  2. [ タスク] で、[ インストールされた更新プログラムの表示] をクリックします。
  3. 一覧で更新プログラムを見つけて選択します。
  4. 更新プログラムを削除できる場合は、ツール バーで [アンインストール] オプションを使用できます。

Office の更新プログラムを削除しようとしたときに発生する可能性がある既知の問題

コンピューターは前提条件を満たしていますが、更新プログラムを削除することはできません

この問題は、更新プログラムのインストール時にコンピューターが前提条件を満たしていない場合に発生する可能性があります。 リムーバブル更新プログラムをインストールする前に、コンピューターで Windows インストーラー バージョン 3.0 またはバージョン 3.1 を実行している必要があります。

Windows インストーラーを使用して更新プログラムを削除する方法

[プログラムの追加と削除] ツールを使用するときに、更新プログラムを削除するオプションがない場合があります。

この問題が発生した場合は、Windows インストーラー 3.1 を使用して更新プログラムを削除できます。 Windows インストーラー 3.1 再頒布可能システム コンポーネントは、次のオペレーティング システムにインストールされます。

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) および Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)

  • Windows XP の元のリリース バージョン、Windows XP Service Pack 1 (SP1)、および Windows XP SP2

  • Windows Server 2003 の元のリリース バージョン

    注:

    Windows Server 2003 SP1 には、Windows インストーラー 3.1 が既に含まれています。

Windows インストーラー 3.1 (v2) を取得する方法の詳細については、Windows インストーラー 3.1 v2 (3.1.4000.2435) を参照してください

コマンド構文

Windows インストーラー 3.1 では、[ 実行 ] ダイアログ ボックスにコマンドを入力して更新プログラムを削除できます。 たとえば、更新プログラムを削除するには、[ スタート] をクリックして [実行] をクリックし、[ 開く ] ボックスに次のコマンドを入力して、[OK] をクリック します

msiexec /package {product_code} /uninstall "full_path_to_.msp_file" /qb

注:

  • Office 更新プログラムを削除しようとすると、Office ソース CD-ROM の入力を求めるメッセージが表示される場合があります。

  • 次に、このコマンドのプレースホルダーについて説明します。

    • product_codeプレースホルダーは、更新プログラムをインストールした Office 製品に関連付けられている製品コード GUID を表します。
    • full_path_to_.msp_file プレースホルダーは、更新パッケージ (.msp ファイル) の完全なパスを表します。
  • 次に、このコマンドのパラメーターについて説明します。

    /qbスイッチ: スイッチを使用する/qb場合、更新プログラムが削除できない場合は、メッセージが表示されます。 スイッチを使用する /passive 場合、更新プログラムが削除できない場合は、メッセージは表示されません。 スイッチを /qb 使用していて、更新プログラムがリムーバブルでない場合は、次のメッセージが表示されます。

    パッチ パッケージのアンインストールはサポートされていません。

たとえば、製品コードが "{0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463}" であり、.msp ファイルのパスが "C:\Update\file name.msp" である更新プログラムを削除するには、[ 実行 ] ダイアログ ボックスに次のように入力します。

msiexec /package {0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463} /uninstall "c:\update\file name.msp" /qb

.msp ファイルの完全なパスを取得するには、次の手順に従います。

  1. Office 更新プログラムのインストールに使用した.exe ファイルを見つけます。 ファイルがハード ディスク ドライブに保存されていない場合は、Office 更新プログラムをダウンロードしてコンピューター上のフォルダーに保存します。

  2. WinZip などのファイル抽出ユーティリティを使用して、.exe更新ファイルからファイルを抽出します。

    抽出されるファイルの 1 つは 、.msp ファイルである必要があります。 これは、Office 更新プログラムを削除するコマンドを実行するときに指す必要があるファイルです。

注:

.msp ファイルの完全なパスの代わりに、パッチ GUID を指定することもできます。 たとえば、製品コードが "{0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463}" である更新プログラムを削除するには、 パッチ GUID は "{EB8C947C-78B2-85A0-644D-86CEEF8E07C0}" で、[ 実行 ] ダイアログ ボックスに次のように入力します。

msiexec /package {0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463} /uninstall {EB8C947C-78B2-85A0-644D-86CEEF8E07C0} /qb

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

Windows インストーラー バージョン 3.0 またはバージョン 3.1 を使用してインストールされている Office 更新プログラムを削除する方法の詳細については、「 修正プログラムのアンインストール」を参照してください。