Office で数式を編集するときのエラー

現象

Office アプリケーション (Word など) で数式エディター 3.0 を使用して挿入された数式を編集しようとすると、次のエラーが表示されます。

Microsoft 数式は使用できません。

Office アプリケーションで数式エディター 3.0 を使用して挿入された数式を編集した後のエラーのスクリーンショット。

原因

数式エディター 3.0 は、多くのバージョンの Office に含まれていたデザイン サイエンスによって構築されたサードパーティ製のコンポーネントでしたが、実装に関するセキュリティの問題が原因で削除されました。 Office に新しい数式エディターが含まれるようになりました。

セキュリティの問題の詳細については、「 CVE-2017-11882 |Microsoft Office メモリ破損の脆弱性

解決方法

新しい数式エディターでは、数式エディター 3.0 によって作成された既存の数式は編集されませんが、新しい数式、一般的な数式、または手で記述されたインク数式を挿入できます。 数式関数は、Word、Excel、または PowerPoint の [挿入] タブにあります。

簡単なビデオ チュートリアルなど、数式の挿入と編集の詳細については、「 数式または数式を記述する」を参照してください。

または、サードパーティ製アプリ MathType を使用すると、数式エディター 3.0 の数式をセキュリティの問題なしで編集できます。 MathType が Wiris Suite の一部になりました。 無料の MathType 30 日間試用版をダウンロードできます: Microsoft 数式エディター 3.0 ユーザーへようこそ

詳細

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 Microsoft は、この第三者の連絡先情報の正確性を保証しません