多数の一時ファイルが原因でMicrosoft Dynamics CRMのパフォーマンスが低下する

この記事では、多数の一時ファイルが原因でMicrosoft Dynamics CRMのパフォーマンス低下の問題を解決するための解決策について説明します。

適用対象: Microsoft Dynamics CRM 2011
元の KB 番号: 2877070

現象

パフォーマンスが低下する可能性があります。これは、SDK ソリューションが使用可能なファイル名を使い果たしているか、ウイルス対策プログラムがファイルの作成時にスキャンを実行しているために発生する可能性があります。

原因

Windows の一時ディレクトリに作成できるファイルは 65,335 個に制限されており、その制限に達すると、これらのファイルを作成する必要があるプロセスでは実行できず、パフォーマンスに影響を与えるか、アプリケーションが応答しなくなります。

解決方法

一時ディレクトリのベスト プラクティスは、通常のメンテナンス ルーチンの一部としてサーバーで定期的にクリアすることです。 自動クリーンアップを実行できる多くのツールやユーティリティがあります。