サーバー プロパティの表示または変更 (SQL Server)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server Management Studio、Transact-SQL、または SQL Server 構成マネージャーを使用して、SQL Server のインスタンスのプロパティを表示または変更する方法について説明します。

手順はツールによって異なります。

制限事項と制約事項

  • sp_configure を使用する場合は、構成オプションを設定した後、RECONFIGURE または RECONFIGURE WITH OVERRIDE のいずれかを実行する必要があります。 通常、RECONFIGURE WITH OVERRIDE ステートメントは、十分注意して使用する必要がある構成オプション用に予約されています。 ただし、RECONFIGURE WITH OVERRIDE はどの構成オプションでも機能します。また、RECONFIGURE WITH OVERRIDE を RECONFIGURE の代わりに使用することもできます。

    Note

    RECONFIGURE はトランザクション内で実行されます。 再構成オプションのいずれかが失敗した場合、すべての再構成操作が無効になります。

  • 一部のプロパティ ページには、Windows Management Instrumentation (WMI) から取得した情報が表示されます。 それらのプロパティ ページを表示するには、SQL Server Management Studio を実行しているコンピューターに WMI をインストールする必要があります。

サーバー レベルのロール

詳細については、「 サーバー レベルのロール」を参照してください。

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。 ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。

SQL Server Management Studio

サーバーのプロパティを表示または変更するには

  1. オブジェクト エクスプローラーでサーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  2. [サーバーのプロパティ] ダイアログ ボックスで、ページをクリックし、そのページに関するサーバーの情報を表示または変更します。 いくつかのプロパティは読み取り専用です。

Transact-SQL

SERVERPROPERTY 組み込み関数を使用してサーバーのプロパティを表示するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 次の例では、 ステートメント内で SERVERPROPERTY SELECT 組み込み関数を使用することによって、現在のサーバーに関する情報を返します。 このシナリオは、Windows ベースのサーバー上に複数の SQL Server のインスタンスがインストールされており、クライアントの現在の接続で使用しているインスタンスと同じインスタンスに対して別の接続を開く必要がある場合に効果的です。

    SELECT CONVERT( sysname, SERVERPROPERTY('servername'));  
    GO  
    

sys.servers カタログ ビューを使用してサーバーのプロパティを表示するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sys.servers カタログ ビューをクエリして現在のサーバーの名前 (name) と ID (server_id)、およびリンク サーバーに接続するための OLE DB プロバイダーの名前 (provider) が返されます。

    USE AdventureWorks2012;   
    GO  
    SELECT name, server_id, provider  
    FROM sys.servers ;   
    GO  
    
    

sys.configurations カタログ ビューを使用してサーバーのプロパティを表示するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. 標準バーから、 [新しいクエリ] を選択します。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] を選択します。 この例では、 sys.configurations カタログ ビューをクエリして、現在のサーバー上の各サーバーの構成オプションに関する情報を返します。 この例では、オプションの名前 (name) および説明 (description) と、その値 (value) と、このオプションが詳細オプションに含まれているかどうか (is_advanced) が返されます。

    SELECT name, description, value, is_advanced  
    FROM sys.configurations;   
    GO  
    
    

sp_configure を使用して、サーバーのプロパティを変更するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. 標準バーから、 [新しいクエリ] を選択します。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] を選択します。 この例では、 sp_configure を使用して、サーバーのプロパティを変更する方法を示します。 この例では、 fill factor オプションの値を 100に変更します。 変更を有効にするには、サーバーを再起動する必要があります。

sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
sp_configure 'fill factor', 100;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  

詳細については、「サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。

SQL Server 構成マネージャー

いくつかのサーバー プロパティは、SQL Server 構成マネージャーを使用して表示または変更できます。 たとえば、SQL Server のインスタンスのバージョンおよびエディションを表示したり、エラー ログ ファイルの格納場所を変更したりできます。 これらのプロパティは、 サーバー関連の動的管理ビューおよび関数をクエリして表示することもできます。

サーバーのプロパティを表示または変更するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、 [すべてのプログラム][Microsoft SQL Server][構成ツール] の順にポイントして、 [SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。

  2. SQL Server 構成マネージャーで、 [SQL Server のサービス] を選択します。

  3. 詳細ウィンドウで [SQL Server (<instancename>)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [SQL Server (<instancename>) のプロパティ] ダイアログ ボックスの [サービス] タブまたは [詳細設定] タブで、サーバーのプロパティを変更し、[OK] をクリックします。

変更したら再起動する

プロパティによっては、変更を有効にするためにサーバーを再起動する必要があります。

次のステップ

サーバー構成オプション (SQL Server)
SET ステートメント (Transact-SQL)
SERVERPROPERTY (Transact-SQL)
sp_configure (Transact-SQL)
RECONFIGURE (Transact-SQL)
SELECT (Transact-SQL)
SQL Server ツールでサーバーの状態を表示できるようにする WMI の構成
SQL Server 構成マネージャー
構成関数 (Transact-SQL)
サーバー関連の動的管理ビューおよび関数 (Transact-SQL)