Share via


イベント ID 8 がアプリケーション ログに記録される

この記事では、アプリケーション ログに記録されたイベント ID 8 を解決するためのヘルプを提供します。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション
元の KB 番号: 317541

現象

次のイベント メッセージのいずれかまたは両方がアプリケーション ログに記録される場合があります。

  • メッセージ 1

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: crypt32
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 8
    日付: 日付
    時間: 時間
    ユーザー: ユーザー名
    コンピューター: コンピューター名
    説明:
    サード パーティのルート リスト シーケンス番号の自動更新の取得に失敗しました。 <http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/update/v3/static/trustedr/en/authrootseq.txt> エラー: タイムアウト期間が切れたため、この操作が返されました。 詳細については、「ヘルプとサポート センター http://support.microsoft.com」を参照してください。

  • メッセージ 2

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: crypt32
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 8
    日付: 日付
    時間: 時間
    ユーザー: ユーザー名
    コンピューター: コンピューター名
    説明:
    サード パーティのルート リスト シーケンス番号 <http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/update/v3/static/trustedr/en/authrootseq.txt> の自動更新の取得に失敗しました。エラー: 指定されたサーバーが要求された操作を実行できません。 詳細については、「ヘルプとサポート センター http://support.microsoft.com」を参照してください。

原因

この動作は、ルート証明書の更新コンポーネントがオンになっていて、コンピューターがインターネット上のWindows Update サーバーに接続できない場合に発生する可能性があります。 ルート証明書の更新コンポーネントは、信頼されたルート証明機関を Microsoft Update サーバーから定期的に自動的に更新します。

解決方法

この動作を解決するには、インターネットに接続するか、ルート証明書の更新コンポーネントをオフにする必要があります。 ルート証明書の更新コンポーネントをオフにするには、次の手順に従います。

  1. コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
  2. [Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  3. [ルート証明書の更新チェック] ボックスをオフにし、Windows コンポーネント ウィザードに進みます。

状態

この動作は仕様です。

詳細

ルート証明書の更新コンポーネントでは、WinHTTP API を使用して、Windows Update サーバーと通信します。 コンピューターがプロキシ サーバーの背後にある場合は、Proxycfg.exe ユーティリティを使用してプロキシ設定を設定する必要がある場合があります。 Proxycfg.exe を使用して WinHTTP を構成するには、次の手順に従います。

  1. Systemroot>\System32 フォルダーから Proxycfg.exe ユーティリティを<起動します。 Systemroot\System32 フォルダーに Proxycfg.exe ユーティリティが<見つからない場合は、「プロキシ構成ツールのProxyCfg.exe」を参照してください。>

  2. 使用するプロキシ サーバー名を決定します。

  3. コマンド プロンプトで、次のいずれかの設定で Proxycfg.exe ユーティリティを使用してコンピューターを構成します。

    • WinHTTP の現在のプロキシ設定を表示するには、「 proxycfg」と入力し、RETURN キーを押します。 既定では、現在のプロキシ設定は Proxy Direct である必要があります。 Microsoft XML Parser (MSXML) 3.0 SP1 以前のバージョンがある場合、現在のプロキシ設定が [設定されていません] である可能性があります。 このシナリオでは、「 」と入力 proxycfg -dし、Return キーを押して WinHTTP の既定のプロキシ設定を復元します。

    • サーバー間の接続時にプロキシ サーバーを使用しない場合は、「 」と入力 proxycfg -dし、RETURN キーを押します。

    • サーバー間の接続時にプロキシ サーバーを使用するには、「」と入力 proxycfg -pし、使用するプロキシ サーバーを入力して RETURN キーを押します。 さらに、プロキシを介してアクセスされないサーバーの省略可能なバイパス リストを追加できます。 使用可能なプロキシ サーバー形式またはバイパス形式は、Proxycfg.exe ユーティリティ ReadMe.txt ファイルにあります。

    • インターネット エクスプローラーがインターネットへの接続に使用する設定 (WinInet 設定とも呼ばれます) からプロキシ情報をインポートし、このプロキシ情報を WinHTTP 設定に含める場合は、「」と入力proxycfg -uし、RETURN キーを押します。

  4. Microsoft Internet Information Server (IIS) を停止して再起動します。

Proxycfg.exe を使用したコマンド ラインの例を次に示します。

  • 例 1:

    proxycfg -d -p my Proxy Server :80 "<local>"
    

    この例では、Proxycfg.exe の最も一般的な使用方法を示します。 このコマンドは、ホスト名にピリオドが含まれていない限り、ポート番号が 80 のプロキシ サーバーという名前の プロキシ サーバー を介して HTTP サーバーと HTTPS サーバーの両方にアクセスする必要があることを指定します。 この場合、 -d オプションは無効です。

  • 例 2:

    proxycfg -p my Proxy Server
    

    この例では、HTTP サーバーと HTTPS サーバーの両方に、プロキシ サーバーという名前のプロキシ サーバーを介してアクセスする必要があることを指定します。 バイパス リストを指定しません。

  • 例 3:

    proxycfg -p "http= http_proxy https= https_proxy" "<local>;*.microsoft.com"
    

    この例では、HTTP サーバーに http_proxyプロキシ経由でアクセスする必要があり、HTTPS サーバーには https_proxy経由でアクセスする必要があることを指定します。 ピリオドを含まないローカル イントラネット サイトとホスト名、および .microsoft.com ドメイン内のサイトはプロキシをバイパスします。

インターネット接続に関する問題のトラブルシューティング方法の詳細については、「 Windows での Wi-Fi 接続の問題を修正する」を参照してください。