System Bios で ATA ドライブ設定を変更すると、再起動ループが発生する

この記事では、ATA ドライブの設定を変更することで発生する再起動ループの問題に対する解決策について説明します。

適用対象: Windows 8
元の KB 番号: 2751461

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • ドライブの BIOS 設定は ATA モードに設定されています。
  • システムをWindows 8にインストールまたはアップグレードします。
  • BIOS で起動し、ATA 設定を ATA モードから AHCI モードに変更し、Enter キーを押して変更を受け入れます。
  • 埋め込み ATA コントローラーで検出されたモード変更に関する警告に対して [はい] をクリックします。
  • コンピューターを再起動し、通常どおりに起動します。 このシナリオでは、Windows の起動時にシステムの起動時に、システムエラーに関するエラーが表示されます。 システムは再起動ループで停止します。

原因

これは、ブートスタート ドライバーが既定でインストールされていないWindows 8 PnP の変更が原因です。

解決方法

この問題を修正するには、次の手順を実行してください。

  1. コンピューターの電源を切るか再起動し、システム BIOS を入力します。

  2. ATA ドライブの設定を ATA モードに戻し、Enter キーを押して変更を受け入れ、コンピューターを再起動します。

  3. 埋め込み ATA コントローラーで検出されたモード変更に関する警告に対して [はい] をクリックします。

  4. システムは通常、モダン アプリのスタート メニューで起動します。

    注:

    ローカル 管理 アカウントとパスワードを確認し、正常に起動できることを確認してから続行します。

  5. 管理者特権のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行して SafeMode ブートを有効にします。bcdedit /set {current} safeboot minimal

  6. コンピューターを再起動し、システム BIOS を起動します。

  7. ATA ドライブの設定を ATA モードから AHCI モードに変更し、Enter キーを押して変更を受け入れます。

  8. 埋め込み ATA コントローラーで検出されたモード変更に関する警告に対して [はい] をクリックします。

  9. システムは、SafeMode の [モダン アプリのスタート] メニューに通常どおり起動します。

  10. 管理者特権のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行して SafeMode ブート オプションを削除します。

    bcdedit /deletevalue {current} safeboot
    
  11. コンピューターを再起動し、通常どおりに起動すると、システムはモダン アプリのスタート メニューに正常に起動します。

詳細情報

同様のシナリオでの Windows 7 の詳細については、次の KB を参照してください。

ブート ドライブの SATA モードを変更した後に Windows 7 または Windows Vista ベースのコンピューターを起動するとエラー メッセージが表示される:"STOP 0x0000007B INACCESSABLE_BOOT_DEVICE"https://support.microsoft.com/kb/922976