Share via


Windows タイム サービスでデバッグ ログを有効にする

この記事では、Windows タイム サービス (W32time とも呼ばれます) のデバッグ ログを有効にする方法について説明します。 管理者の場合は、Windows タイム サービスのデバッグ ログ機能を使用して、問題のトラブルシューティングに役立てることができます。

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、ウィンドウ 10 – すべてのエディション、Windows 7 Service Pack 1
元の KB 番号: 816043

注:

他のすべてのトラブルシューティング手順を実行した後は、デバッグ ログを使用することをお勧めします。 デバッグ ログの詳細情報の性質上、Microsoft サポート Professional に問い合わせる必要がある場合があります。

Windows タイム サービスのデバッグ ログを有効にする

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、「Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法」を参照してください。

Windows タイム サービスでデバッグ ログを有効にするには:

  1. レジストリ エディターを起動します。

  2. レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config を見つけてクリックします。

  3. [ 編集 ] メニューの [ 新しい値] をクリックし、次のレジストリ値を追加します。

    • 値名: FileLogSize
    • データ型: DWORD
    • 値データ: 10000000

    このレジストリ値は、ログ ファイルのサイズをバイト単位で指定します。 値が 10000000 バイトの場合、ログ ファイルは約 10 MB に制限されます。

    • 値名: FileLogName
    • データ型 : String
    • 値データ: C:\Windows\Temp\w32time.log

    このレジストリ値は、ログ ファイルの場所を指定します。 パスは固定されていません。 別のパスを使用できます。

    • 値名: FileLogEntries
    • データ型 : String
    • 値: 0 から 116

    このレジストリ値は、デバッグ ログ内の情報の詳細レベルを指定します。 より詳細なログ情報が必要な場合は、Microsoft サポート Professional にお問い合わせください。

    注:

    データ型の値は、REG_SZ型 (String) である必要があります。 表示されているとおりに値を入力する必要があります (つまり、「0-116」と入力します)。 最も詳細なログ記録では、可能な限り最高の値は 0 から 300 です。 この値の意味は、0 と 116 の範囲内のすべてのエントリをログに記録することです。