Share via


SYSVOL ツリーとそのコンテンツをドメインで再構築する方法

この記事では、Burflags レジストリ エントリを使用して、共通 Active Directory ディレクトリ サービス ドメイン内のすべてのドメイン コントローラー上のシステム ボリューム (SYSVOL) ツリーの各ドメイン コントローラーのコピーを再構築する方法について説明します。

適用対象: Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 315457

概要

SYSVOL という用語は、ドメイン内の各ドメイン コントローラーのローカル ハード ディスクに存在し、ファイル レプリケーション サービス (FRS) によってレプリケートされる一連のファイルとフォルダーを指します。 ネットワーク クライアントは、次の共有フォルダーを使用して SYSVOL ツリーの内容にアクセスします。

  • Netlogon
  • Sysvol

ドメインの SYSVOL ツリーとその内容を復元するための最後の手段として、この記事で説明されている手順をお勧めします。 この手順は、FRS をドメイン内の個々のドメイン コントローラーで機能させることができない場合にのみ使用します。 この手順は、レプリケーションの不整合のトラブルシューティングと解決よりも一括再起動を迅速に実行できる場合にのみ使用します。解決までの時間が重要な要素です。

重要

ドメイン コントローラーは、手順中に認証要求を処理しません。 SYSVOL フォルダーと NETLOGON フォルダーが再び共有されている場合にのみ、ドメイン コントローラーは要求を認証します。 この手順は、ピーク時には実行しないでください。

注:

「エンタープライズ環境間 でドメイン SYSVOL レプリカ セットを再構築する方法 」セクションのすべての手順を完了するまで、ドメイン SYSVOL ツリーを一時的に安定化する方法については、この記事の 「ドメイン SYSVOL ツリーを一時的に安定化する方法 」セクションを参照してください。

監視ツールを使用して FRS のパフォーマンスと正常性を監視することを強くお勧めします。 監視ツールを使用すると、レプリカ セットの権限のある復元と権限のない復元の必要性が回避される場合があります。 また、監視ツールを使用して、FRS エラーの根本原因に関する分析情報を提供できます。

監視ツール超音波はダウンロード可能です。

超音波は、これらのセットの健康評価と履歴情報を提供することによってFRSレプリカセットの機能を測定する強力なツールです。 超音波ツールは、Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダー、データ収集サービス、Microsoft SQL Server デスクトップ エンジン (MSDE) データベース、および強力なユーザー インターフェイスを使用する高度な監視システムです。

ガイドライン

重要

このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、「Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法」を参照してください。

Burflags レジストリ エントリを構成するには、次のガイドラインを使用します。

  • Burflags レジストリ エントリが D4 に設定された状態で FRS を起動すると、FRS は最初に SYSVOL ツリーのローカル コピー上のファイルとフォルダーをレプリカ セットに対して権限のあるものとして扱います。 FRS レプリカ セットのメンバーを D4 設定で初期化する必要があるのは 1 つだけです。

  • Burflags レジストリ エントリを D2 に設定して FRS を開始すると、FRS は、レプリカ セット内のファイルとフォルダーの権限のあるコピーをホストしている直接または推移的なレプリケーション パートナーからのファイルとフォルダーの完全な同期を実行します。

  • Burflags レジストリ エントリが D4 に設定された状態で FRS を起動すると、システム状態の実際の復元が行われていない場合でも、構成は FRS レプリカ セットの内容の "権限のある復元" と呼ばれます。 D4 設定は、新しいドメイン内の最初のドメイン コントローラーの FRS 部分を再構築していると考えてください。

  • Burflags レジストリ エントリが D2 に設定された状態で FRS を起動すると、システム状態の復元が行われていない場合でも、構成は権限のない復元と呼ばれます。 D2 設定は、レプリカ ドメイン コントローラーの FRS 部分を、ドメイン コントローラーが新しいかのように再構築する場合と考えてください。

  • 権限のあるコンピューターまたは権限のない復元された各コンピューターの初期化が完了すると、FRS はマルチマスター対応になります。

  • 1 つのドメイン コントローラーで Burflags を D4 に設定し、そのドメイン内の他のすべてのドメイン コントローラーで Burflags を D2 に設定した場合は、そのドメイン内の SYSVOL ツリーを再構築できます。 この一括リビルド プロセスは、ハブ、ブランチ、または一括 FRS 再起動と呼ばれます。

次のセクションでは、SYSVOL レプリカ セットの一括再起動の有効な使用方法を示します。

  • 現在一貫性のない FRS レプリカ セットのメンバーは、メンバーがアップストリーム レプリケーション パートナーの送信ログに存在する変更のバックログを処理するよりも速く、SYSVOL ツリー内のすべてのファイルとフォルダーの完全同期を実行できます。

  • FRS レプリカ セット内のほとんどのメンバーには、journal_wrap エラーなどのエラーがあります。 journal_wrap エラーの詳細については、「 Sysvol および DFS レプリカ セットのjournal_wrap エラーのトラブルシューティング方法」を参照してください。

  • レプリカ セットのほとんどのメンバーの ID テーブルには、レプリカ セットでホストする必要があるファイルの不完全な説明が含まれています。

  • FRS データベース ファイルは、JET データベース検証ツールによって識別される破損など、誤った削除、ファイル システム エラー、またはデータベース ファイル エラーによって侵害されます。

  • FRS レプリカ セット内のほとんどのメンバーはファイルとフォルダーをレプリケートできません。また、一括 D4 または D2 構成は、すべてのメンバーを新しいメンバーとして再初期化する方法です。

注:

  • FRS が 1 つのメンバーでエラー状態にある場合は、その 1 つのメンバーでのみ BurFlags を D2 に設定できます。
  • 環境の問題のために SYSVOL ツリーを再構築する場合、または問題のあるトポロジが FRS レプリカ セット内のファイルとフォルダーの整合性に影響を与えた場合、一時的な利点のみが表示される場合があります。 たとえば、このシナリオは、多数のダウンストリーム パートナーが存在する場合や、レプリケートされたコンテンツに過剰な変更が発生した場合に発生します。 この場合は、基になる問題の根本原因に対処することをお勧めします。 そうしないと、最初に SYSVOL ツリーを再構築する原因となった問題が再び発生する可能性があります。
  • SYSVOL ツリーを再構築するには、ドメイン内のすべての Windows 2000 ベースのドメイン コントローラーに、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) 以降のバージョンの NTFRS.exe ファイルがインストールされていることをお勧めします。 NTFRS.exe ファイルのバージョンが Windows 2000 Service Pack 3 より古い場合は、最新の Windows 2000 Service Pack をインストールします。

エンタープライズ環境間でドメイン SYSVOL レプリカ セットを再構築する方法

このセクションでは、エンタープライズ環境間でドメイン SYSVOL レプリカ セットを再構築する方法について説明します。

手順の概要

次の一覧は、ハブまたはブランチの再起動で実行される手順をまとめたものです。

  1. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで FRS を停止します。

  2. SYSVOL ツリーに存在する必要があるすべてのファイルとフォルダーを、参照ドメイン コントローラー上の一時フォルダーに移動します。 一時フォルダーは、SYSVOL ツリーが配置されているのと同じパーティションに配置する必要があります。

    パーティション内でファイルを移動しても、ファイルは変更されません。 そのため、元のセキュリティ設定は保持されます。 パーティション内またはパーティション間で移動またはコピーされたファイルまたはフォルダーは、コピー先の親ディレクトリのセキュリティを継承します。 そのため、GPO 管理のカスタム委任が失われる可能性があります。 さらに、グループ ポリシー オブジェクトの SYSVOL 部分のアクセス制御リスト (ACL) は、親フォルダーからアクセス許可を継承するように設定されます。 そのため、GPMC を使用して GPO を開くと、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    SYSVOL フォルダー内のこの GPO のアクセス許可は、Active Directory 内の GPO と一致しません

    GPO のセキュリティを変更するアクセス許可がある場合は、このエラー メッセージが表示されたら [OK] を選択します 。 このアクションにより、グループ ポリシー オブジェクトの Sysvol 部分の ACL が変更され、Active Directory コンポーネントの ACL と一致します。 この場合、グループ ポリシーは Sysvol フォルダー内の継承属性を削除します。

  3. ドメイン内の各ドメイン コントローラー上のジャンクション ポイントと必要なフォルダーを確認します。

  4. D4 レジストリ エントリが設定されている参照ドメイン コントローラーで FRS を再起動します。

  5. D2 レジストリ エントリが設定されているドメイン内の他のすべてのドメイン コントローラーで FRS を再起動します。

  6. 参照ドメイン コントローラーで、すべてのファイルとフォルダーをレプリカ セットのルート フォルダーに移動します。 既定では、このフォルダーは C:\Windows\Sysvol\Domain フォルダーです。

  7. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーのファイルとフォルダーの整合性を監視します。

注:

Burflags レジストリ エントリが D4 に設定された状態でレプリカ セットのメンバーが再起動された場合は、Burflags レジストリ エントリが D2 に設定されたレプリカ セットの他のすべてのメンバーで FRS を再起動します。 この構成により、変更されたフォルダーが防止されます。

Burflags レジストリ エントリが D2 または D4 に設定され、FRS が再起動されると、発信元 GUID (OrigGUID) が変更されます。 特定のアクティビティのソースを追跡する場合は、Burflags レジストリ エントリを設定する前に、ファイル レプリケーション サービス診断ツール (FRSDiag) を実行して GUID2Name を取得できます。

手順の詳細な一覧

次の一覧は、ハブまたはブランチの再起動で実行される詳細な手順を示しています。

  1. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで FRS を停止し、FRS のサービス起動の種類の値を [無効] に設定します。

  2. 1 つのドメイン コントローラーで、SYSVOL レプリカ セットを権限のあるものに構成します。 この参照ドメイン コントローラーには、レプリカ セットの他のすべてのメンバーに対する SYSVOL ツリーの権限のあるコピーが含まれます。 たとえば、ドメイン内の他のドメイン コントローラーは、この参照ドメイン コントローラーから直接または推移的にレプリケートされます。

    接続と物理サーバー リソースに基づいて参照ドメイン コントローラーを選択します。 このドメイン コントローラーは、後続のすべての手順で "参照ドメイン コントローラー" と呼ばれます。

    SYSVOL レプリカ セットを権限のあるものに構成するには、次の手順に従います。

    1. [スタート] に移動し、[実行] を選択し、「regedit」と入力して、[OK] を選択します

    2. 次のレジストリ サブキーの下にある BurFlags エントリを見つけて選択します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Cumulative Replica Sets\GUID

      GUID は、次のレジストリ サブキーに示されているドメイン システム ボリューム レプリカ セットの GUID です。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Replica Sets\GUID

    3. BurFlags を右クリックし、[変更] を選択します。

    4. [値データ] フィールドに 「D4 」と入力し (ヘキサデシマル)、[ OK] の順に選択します。

  3. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで、ファイル構造とジャンクション ポイントが正しいことを確認します。 以下の手順を辿ることができます:

    1. SYSVOL ツリーに次のフォルダーが存在することを確認します。

      • \Sysvol
      • \SYSVOL\domain
      • \SYSVOL\staging\domain
      • \SYSVOL\staging 領域
      • \SYSVOL\domain\Policies
      • \SYSVOL\domain\scripts
      • \SYSVOL\SYSVOL
    2. 次の再解析ポイントが存在することを確認します。

      • \SYSVOL\SYSVOL\DNS ドメイン名

        この再解析ポイントは、\SYSVOL\domain フォルダーにリンクする必要があります。

      • \SYSVOL\staging areas\DNS Domain Name

        この再解析ポイントは、\SYSVOL\staging\domain フォルダーにリンクする必要があります。

      SYSVOL ツリーの既定のパスは、オペレーティング システムがインストールされているパーティションの \WINDOWS または \WINNT フォルダーの下にあります。 ただし、SYSVOL ツリーは、NTFS ファイル システムを使用してフォーマットされた任意のパーティションにインストールできます。

      ドメイン内の各ドメイン コントローラーに必要なすべてのフォルダーがあり、再解析ポイントが存在することを確認します。 必要に応じて、不足しているフォルダーを再作成します。 WINDOWS エクスプローラーを使用して SYSVOL ツリーの内容を移動またはコピーしたりしないでください。または、再解析ポイントが破損している可能性があります。

SYSVOL ツリーには、SYSVOL ツリー内の他のフォルダーへの再解析ポイントが含まれています。 これらの再解析ポイントは NTFS ファイル システムにあります。 再解析ポイントは、ソース フォルダーにアクセスするときに移動先フォルダーをマップまたはポイントするソース フォルダーと考えてください。 再解析されたフォルダーの内容は、相互にミラーイメージとして表示されます。

SYSVOL ツリーの次の 2 つの再解析ポイントが C:\WINNT\SYSVOL フォルダーにインストールされます。

  • C:\WINNT\SYSVOL\SYSVOL\DNS ドメイン名

    この再解析ポイントは、C:\WINNT\SYSVOL\domain フォルダーにリンクされています。

  • C:\WINNT\SYSVOL\staging areas\DNS ドメイン名

    この再解析ポイントは、C:\WINNT\SYSVOL\staging\domain フォルダーにリンクされています。

ドメイン内の各ドメイン コントローラーで、次の手順に従います。

  1. [スタート] に移動し、[実行] を選択し、「cmd」と入力して、[OK] を選択します

  2. 「」と入力 net start ntfrs して、ファイル レプリケーション サービスを開始します。

  3. [ntfrsutl ds |findstr /i "root stage"]と入力して、Enter キーを押します。 NTFRSUTIL コマンドは、「レプリカ・セット・ルート」およびステージング・フォルダーと呼ばれる SYSVOL レプリカ・セットの現行ルート・ディレクトリーを戻します。 たとえば、このコマンドは次を返します。

    Root: C:\WINNT\SYSVOL\domain  
    Stage: C:\WINNT\SYSVOL\staging\domain
    
  4. [Linkd %systemroot%\SYSVOL\SYSVOL\DNS Domain name]と入力して、Enter キーを押します。 LINKD コマンドは、次の情報を返します。

    Source DNS Domain Name is linked to %systemroot%\SYSVOL\domain
    
  5. [linkd "%systemroot%\SYSVOL\staging areas\DNS Domain Name"]と入力して、Enter キーを押します。 このコマンドは、次の情報を返します。

    Source DNS Domain Name is linked to %systemroot%\SYSVOL\Staging\domain
    

    注:

    LINKD コマンドによって報告されるパスは、SYSVOL\SYSVOL\DNS ドメイン名 フォルダーの場所によって異なります。 SYSVOL フォルダーが %systemroot%\SYSVOL フォルダーの既定の場所にある場合は、一覧表示されているコマンドを使用します。 それ以外の場合は、SYSVOL フォルダーの実際のパスを入力します。

    たとえば、NTFRSUTL コマンドと LINKD コマンドがドメイン内のドメイン コントローラーで contoso.com 実行され、SYSVOL フォルダーが C:\Windows\SYSVOL フォルダーにある場合、SYSVOL フォルダーとステージング フォルダーのコマンド構文と結果は、次の出力のようになります。

    C:\>ntfrsutl ds |findstr /i "root stage"
    

    出力:

    Root: C:\windows\sysvol\domain  
    Stage: C:\windows\\sysvol\staging\domain
    
    C:\>Linkd %systemroot%\SYSVOL\SYSVOL\Contoso.com
    

    出力:

    Source domain.com is linked to C:\WINDOWS\SYSVOL\domain
    
    C:\>linkd "%systemroot%\SYSVOL\<staging areas>\Contoso.com
    

    出力:

    Source domain.com is linked to C:\WINDOWS\SYSVOL\staging\domain
    

    LINKD コマンドでジャンクション ポイントが見つからないか無効であることが報告された場合にジャンクション ポイントを再作成するには、次の手順に従います。

    1. と入力linkd C:\WINNT\SYSVOL\sysvol\DNS_Domain_Name Sourceします。ここで、Source は NTFRSUTL コマンドを使用して決定されるルート パスです。
    2. と入力C:\linkd "C:\WINNT\SYSVOL\staging areas\DNS_Domain_Name" Sourceします。ここで、Source は NTFRSUTL コマンドを使用して決定されるステージ パスです。
  6. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで、十分なステージング領域が使用可能であることを確認します。 ステージング領域サイズとデータ・セット・サイズの比率は、要因の範囲によって異なります。

    レプリカ セット ルートのサイズを確認するには、Windows エクスプローラーの Winnt\SYSVOL\domain フォルダーを使用するレプリカ セット ルートを右クリックし、[プロパティ] を選択します

    ステージング フォルダーのサイズを調整するには、次の手順に従います。

    1. [スタート] に移動し、[実行] を選択し、「regedit」と入力して、[OK] を選択します
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters
    3. [ステージング領域の制限 (KB)] を右クリックし、[変更] を選択します。
    4. [ 10 進数] を選択し、ステージング フォルダーのサイズを KB 単位で入力し、[ OK] を選択します
    5. レジストリ エディターを終了します。
  7. 参照ドメイン コントローラーで、適切なポリシーとスクリプトのセットを構築し、FRS 参照ドメイン コントローラーの SYSVOL レプリカ セット フォルダーの外部にある一時フォルダーに配置します。

    この手順を完了するには、Active Directory を調べて、引き続き使用され、孤立したデータを含むグループ ポリシーを決定します。 ポリシー情報は、グループ ポリシー コンテナーにあります。 このコンテナーを表示するには、次の手順に従います。

    1. Active Directory ユーザーとコンピューターを起動します。

    2. [ 表示 ] メニューの [ 高度な機能 ] がまだ選択されていない場合は、選択します。

    3. ドメイン コンテナーを展開し、[ システム ] コンテナーを展開し、[ポリシー] コンテナー 展開します。

      Active Directory ユーザーとコンピューターの右側のウィンドウには、Active Directory のすべてのグループ ポリシー オブジェクト (GPO) が一覧表示されます。 ACTIVE Directory の有効な GPO と SYSVOL ツリー内のグループ ポリシー フォルダーの間には、1 対 1 のマッピングが必要です。

      • SYSVOL フォルダーに、Active Directory に一覧表示されていない GUID を持つフォルダー名が含まれている場合、ファイル システムには孤立した GPO が含まれており、ファイル システムからフォルダーを安全に削除できます。
      • Active Directory に、ドメイン内の任意のドメイン コントローラーの SYSVOL\domain\policies フォルダー内の GUID にマップされないグループ ポリシー GUID が含まれている場合は、そのポリシー設定を Active Directory から安全に削除できます。

      注:

      ドメインに参加しているドメイン コントローラーのローカル SYSVOL ツリーに新しいバージョンのグループ ポリシーがある場合は、参照ドメイン コントローラー上の一時的な場所にコピーされていることを確認します。

    4. 参照ドメイン コントローラーで、FRS レプリカ セット ルートまたはレプリカ セット ステージ フォルダー内のファイルまたはフォルダーを削除します。

      既定の SYSVOL レプリカ セットの場合は、次の 2 つのフォルダーの下にあるファイルとフォルダーを削除します。

      • C:\WINNT\SYSVOL\domain
      • C:\WINNT\SYSVOL\staging\domain

      注:

      フォルダー自体は削除しないでください。

    5. 参照ドメイン コントローラーで、手順 c で使用した一時的な場所から FRS レプリカ セットのルート フォルダーにポリシーとスクリプト フォルダーとフォルダーの内容を移動します。 SYSVOL フォルダーの場合、レプリカ セット ルートの既定の場所はフォルダー C:\WINNT\SYSVOL\domain です。

    6. 参照ドメイン コントローラーを除くすべてのドメイン コントローラーで、権限のない FRS を構成します。 以下の手順を辿ることができます:

      1. [スタート] に移動し、[実行] を選択し、「regedit」と入力して、[OK] を選択します

      2. 次のレジストリ サブキーの下にある BurFlags エントリを見つけて選択します。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Cumulative Replica Sets\GUID

        GUID は、次のレジストリ サブキーに示されているドメイン システム ボリューム レプリカ セットの GUID です。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Replica Sets\GUID

      3. [ 編集 ] メニューの [ 新規] をポイントし、[ DWORD 値] を選択します。

      4. DWORD の名前として 「D2 」と入力し、Enter キーを押します。

      注:

      分散ファイル システム (DFS) レプリケーションに参加していないドメイン コントローラーの場合は、レジストリ サブキーで DWORD を D2 に設定して、一括変更を行います。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Backup/Restore\Process atStartup\BurFlags

    7. レジストリ エディターを終了します。

    FRS は、データベースを再初期化し、SYSVOL ツリーの内容をアップストリーム パートナーのデータで上書きするように指示されます。

    大規模なサイトでは、SYSVOL ツリーを再構築する際に、千鳥法を使用することをお勧めします。 この方法は、単一のドメイン コントローラーをオーバーロードしたり、FRS がシステム ボリュームの独自の再ソーシングを完了していないドメイン コントローラーからその内容をソース化したりするのを避けるのに役立ちます。 このプロセスでは、ブランチ オフィスまたはサテライト サイトに進む前に、すべてのハブ サイト ドメイン コントローラーで Burflags レジストリ エントリを D2 に設定する必要があります。

    レプリカ セット親レジストリ エントリを使用して、D2 設定のソース ドメイン コントローラーを指定します。

    • パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\SYSVOL Seeding\DOMAIN SYSTEM VOLUME (SYSVOL SHARE)
    • 値名: レプリカ セットの親
    • 値の種類: REG_SZ
    • 値データ: ソース ドメイン コントローラー

    注:

    このレジストリ エントリが存在しない場合は、作成する必要があります。

    1 つのドメイン コントローラーが同時に 10 から 15 を超えるドメイン コントローラーのソースになることはお勧めしません。 1 つのソースから 15 を超えるドメイン コントローラーをソースする必要がある場合は、特定のソース ドメイン コントローラーの 15 個のダウンストリーム パートナーでのみ FRS を起動し、FRS サービスが 15 台のコンピューターの次のグループで開始される前に、SYSVOL ツリーのソーシングが完了するまで待ちます。

    注:

    • 15 を超えるドメイン コントローラーが同時に 1 つのドメイン コントローラーからコンテンツをソース化することはお勧めしません。
    • 受信レプリケーションは、関連するサイト リンクまたはレプリケーションを許可する宛先ドメイン コントローラーによって使用される接続オブジェクトに定義されているスケジュールによって異なります。 レプリケーション スケジュールが無効になっている場合、受信レプリケーションは遅延します。
    • "レプリカ セット親" レジストリ エントリが使用されている場合、FRS は、サービスの再起動時に、レプリケーションが有効か無効か、またはサービスの再起動が発生した時間に関係なく、データをソースします。 最初のソースが完了すると、追加のレプリケーションはすべて接続スケジュールに基づいて行われます。 レジストリ エントリが使用されていない場合、FRS は、関連するサイト リンクまたは接続オブジェクトで定義されているスケジュールに基づいてレプリケーションを開始します。
  8. 参照ドメイン コントローラーを除くドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで、FRS レプリカ セットルートディレクトリとレプリカセットステージディレクトリの下にあるファイルまたはフォルダーを削除します。 たとえば、既定の SYSVOL レプリカ セットの場合は、次の 2 つの場所にあるファイルとフォルダーを削除します。

    • C:\WINNT\SYSVOL\domain
    • C:\WINNT\SYSVOL\staging\domain

    注:

    フォルダー自体は削除しないでください。

    この手順により、指定されたソースの SYSVOL ツリーのレプリケーションを高速化できます。 この手順により、FRS サーバーが新しいデータをレプリケートする前に既存のコンテンツを移動する必要がなくなります。 この手順は必須ではありませんが、推奨されます。

  9. 参照ドメイン コントローラーを除くハブ サイト内のすべてのドメイン コントローラーで、FRS を再起動し、SYSVOL と NETLOGON が共有されていることを確認します。

    注:

    FRS のサービス スタートアップの種類を [自動] に設定する必要があります。

  10. ブランチ サイト内のすべての非参照ドメイン コントローラーで、FRS サービスを開始し、SYSVOL と NETLOGON が共有されていることを確認します。

ドメイン SYSVOL ツリーを一時的に安定させる方法

  1. ドメイン内のすべてのドメイン コントローラーで FRS を停止し、サービスを [無効] に設定します。

  2. 各ドメイン コントローラーの次のフォルダーにポリシーの完全なセットを手動でコピーします。

    \SYSVOL\SYSVOL\dns ドメイン名\policies

    通常、認証には次の 2 つのポリシーが必要です。

    • 既定のドメイン コントローラー ポリシー{6AC1786C-016F-11D2-945F-00C04fB984F9}
    • 既定のドメイン ポリシー {31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}

    注:

    環境の要件によっては、追加のポリシーグループ ポリシーコピーする必要がある場合があります。

  3. 必要なすべてのスクリプトを次のフォルダーに手動でコピーします。

    \SYSVOL\SYSVOL\DNS ドメイン名\scripts