Windows XP と Windows Server 2003 Boot.ini ファイルで使用可能なスイッチ オプション

この記事では、Windows スタートアップの変更に使用できるスイッチ オプションについて説明します。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 833721

概要

Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 の起動方法を変更するさまざまなスイッチをBoot.ini ファイルに追加できます。

詳細情報

次のスイッチをBoot.ini ファイルに追加できます。

注:

これらのスイッチは、特に指定しない限り、Microsoft Windows XP および Microsoft Windows Server 2003 に適用されます。

/basevideo

このスイッチは /basevideo 、任意のビデオ アダプターと互換性のあるビデオ ドライバーを使用して、システムを標準の 640x480 16 色の VGA モードに強制します。 このスイッチを使用すると、間違ったビデオ解像度または更新レートを選択した場合にシステムを読み込むことができます。 このスイッチは、スイッチと /sos 組み合わせて使用します。 新しいビデオ ドライバーをインストールし、正しく動作しない場合は、このパラメーターを使用してオペレーティング システムを起動できます。 その後、問題のビデオ ドライバーを削除、更新、またはロールバックできます。

/baudrate=number

このスイッチは、カーネル デバッグに使用されるデバッグ ポートのボー レートを設定します。 たとえば、「.」と入力します /baudrate=9600。 モデムが接続されている場合、既定のボー レートは 9600 キロビット/秒 (Kbps) です。 null モデム ケーブルの場合、既定のボー レートは 115,200 Kbps です。 9,600 は、モデム経由のリモート デバッグの通常のレートです。 このスイッチがBoot.ini ファイル内にある場合、 /debug スイッチは自動的に有効になります。

/crashdebug

このスイッチは、オペレーティング システムを起動するときにカーネル デバッガーを読み込みます。 メッセージの停止エラーが発生するまで、スイッチは非アクティブのままです。 /crashdebug は、ランダムなカーネル エラーが発生した場合に役立ちます。 このスイッチを使用すると、Windows の実行中に通常の操作に COM ポートを使用できます。 Windows がクラッシュした場合、スイッチはポートをデバッグ ポートに変換します。 (この操作はリモート デバッグを有効にします。)

/デバッグ

このスイッチは、Windows の起動時にカーネル デバッガーをオンにします。 COM ポートを介して Windows システムのライブ リモート デバッグを有効にする場合は、コンピューターに接続されているホスト デバッガーによって、いつでもスイッチをアクティブ化できます。 /crashdebugスイッチとは異なり、/debugデバッグするかどうかに関係なく、COM ポートを使用します。 定期的に再現可能な問題をデバッグする場合は、このスイッチを使用します。

/debugport=comnumber

このスイッチは、デバッグ ポートに使用する通信ポートを指定します。 番号 は、使用する COM1 などの通信ポートです。 既定では、 /debugport COM2 が存在する場合は使用します。 それ以外の場合、スイッチは COM1 を使用します。 このスイッチをBoot.ini ファイルに含める場合、/debug スイッチがアクティブになります。

/maxmem=number

このスイッチは、Windows が使用できる RAM の量をバイト単位で指定します。 たとえば、Windows で 64 MB 未満のメモリを使用する場合は、スイッチを /maxmem=64 使用します。

ただし、スイッチは /maxmem メモリ ホールを考慮しません。 そのため、代わりにスイッチを /burnmemory 使用することをお勧めします。 スイッチは /burnmemory メモリ ホールを占めます。

たとえば、スイッチを /Maxmem=64 使用していて、システムが読み込むのに 64 MB のメモリが必要な場合、メモリ不足のため、システムで実際に使用できる 64 MB がない可能性があります。 このシナリオでは、Windows は起動しません。

/noguiboot

このスイッチは、Windows の起動時に進行状況バーを表示するビットマップを無効にします。 (進行状況バーは、ログオン プロンプトの直前に表示されます)。

/nodebug

このスイッチはデバッグをオフにします。 このシナリオでは、プログラムのソフトウェアにデバッグ ハードコーディングされたブレークポイントがある場合、Stop エラーが発生する可能性があります。

/numproc=number

このスイッチは、Windows が起動時に実行するプロセッサの数を設定します。 このスイッチを使用すると、マルチプロセッサ システムに対して、指定したプロセッサの数量 (数値) のみを使用するように強制できます。 このスイッチは、パフォーマンスの問題と欠陥のある CPU のトラブルシューティングに役立ちます。

/pcilock

x86 ベースのシステムの場合、このスイッチはオペレーティング システムがハードウェア入力、ハードウェア出力、割り込み要求リソースを周辺機器接続インターフェイス (PCI) デバイスに動的に割り当てることを停止します。 このスイッチを使用すると、BIOS によってデバイスが構成されます。

/fastdetect:comnumber

このスイッチは、指定したポートのファイル内の Ntdetect.com シリアル およびバスマウス検出をオフにします。 スタートアップ プロセス中にシリアル ポートに接続されているマウス以外のコンポーネントがある場合は、このスイッチを使用します。 たとえば、「/fastdetect:com number」と入力します。 数値 はシリアル ポートの番号です。 複数のポートをオフにするには、ポートをコンマで区切ります。 通信ポートを指定 /fastdetectしない場合は、すべての通信ポートでシリアル マウス検出がオフになります。

注:

Windows NT 4.0 を含む以前のバージョンの Windows では、このスイッチの名前が付/noserialmiceけられました。

/Sos

スイッチは /sos 、読み込み中にデバイス ドライバー名を表示します。 既定では、Windows ローダー画面は進行状況のドットのみをエコーします。 このスイッチをスイッチと共に /basevideo 使用して、エラーをトリガーしているドライバーを特定します。

/Pae

/PAE物理アドレス拡張 (PAE) モードをサポートするコンピューターの正常な起動を許可するには、Boot.iniの対応するエントリと共にスイッチを使用します。 セーフ モードでは、/PAE スイッチが指定されている場合でも、コンピューターは通常のカーネルを使用して起動します。

/HAL=filename

このスイッチを使用すると、起動時に読み込まれる実際のハードウェア抽象化レイヤー (HAL) を定義できます。 たとえば、System32 フォルダーにHalmps.dllを読み込むには、次のように入力 /HAL=halmps.dll します。 このスイッチは、ファイルの名前をHal.dllに変更する前に、別の HAL を試してみるのに役立ちます。 このスイッチは、マルチプロセッサ モードでの開始とシングル プロセッサ モードでの開始の切り替えを試みる場合にも便利です。 これを行うには、このスイッチをスイッチと共に /kernel 使用します。

/kernel=filename

このスイッチを使用すると、起動時に読み込まれる実際のカーネルを定義できます。 たとえば、System32 フォルダーにNtkrnlmp.exe ファイルを読み込むには、次のように入力 /kernel=ntkrnlmp.exe します。 このスイッチを使用すると、デバッグ コードがいっぱいのデバッグ対応カーネルと通常のカーネルを切り替えることができます。

/bootlog

このスイッチは、systemroot\Ntbtlog.txt という名前のファイルへのブート ログを有効にします。 ブート ログの詳細については、Windows ヘルプを参照してください。

/burnmemory=number

このスイッチは、Windows で使用できないメモリの量をメガバイト単位で指定します。 このパラメーターを使用して、パフォーマンスの問題や RAM の枯渇に関連するその他の問題を確認します。 たとえば、Windows で使用できる物理メモリを 128 MB 減らすには、次のように入力 /burnmemory=128 します。

/3 GB

このスイッチにより、x86 ベースのシステムは、プログラムに 3 GB の仮想アドレス空間を割り当て、カーネルとエグゼクティブ コンポーネントに 1 GB を割り当てます。 追加のメモリ アドレス空間を利用するようにプログラムを設計する必要があります。 このスイッチを使用すると、ユーザー モード プログラムは、Windows がユーザー モード プログラムに割り当てる通常の 2 GB ではなく、3 GB のメモリにアクセスできます。 このスイッチは、カーネル メモリの開始点を 3 GB に移動します。 Microsoft Exchange Server 2003 および Microsoft Windows Server 2003 の一部の構成では、このスイッチが必要になる場合があります。

/safeboot: パラメーター

このスイッチにより、Windows はセーフ モードで起動します。 このスイッチでは、次のパラメーターを使用します。

  • minimal
  • ネットワーク
  • safeboot: minimal(代替シェル)
  • DS 復元モード (Windows Server 2003 ドメイン コントローラーの場合のみ)

他のBoot.ini パラメーターと /safeboot: parameter. 次の例は、スタートアップ回復メニューからセーフ モード オプションを選択したときに有効なパラメーターを示しています。

  • ネットワークを使用したセーフ モード
    /safeboot: minimal /sos /bootlog /noguiboot
  • ネットワークを使用したセーフ モード
    /safeboot: network /sos /bootlog /noguiboot
  • コマンド プロンプトを使用したセーフ モード
    /safeboot: minimal(alternateshell) /sos /bootlog /noguiboot
  • ディレクトリ サービス復元モードの Windows
    (このスイッチは、ドメイン コントローラーでのみ開始されます)。)
    /safeboot: disrepair /sos

注:

/sos/bootlog、および/noguibootスイッチは、これらの設定のいずれかでは必要ありませんが、スイッチはトラブルシューティングに役立ちます。 F8 キーを押し、いずれかのモードを選択すると、これらのスイッチが含まれます。

/userva

このスイッチを使用して、/3 GB スイッチを使用するときにプロセスに割り当てられるメモリの量をカスタマイズします。 このスイッチにより、より多くのページ テーブル エントリ (PTE) カーネル メモリが許可されますが、3 GB 近くのプロセス メモリ領域が維持されます。

注:

Microsoft 製品サポート サービスでは、2900 ~ 3030 の範囲内にあるスイッチのメモリ /USERVA 範囲を使用することを強くお勧めします。 この範囲は、現在観察されているすべての問題に対して十分な大きさのシステム ページ テーブル エントリプールを提供するのに十分な広さです。 通常、設定 /userva=2900 すると、使用可能なシステム ページ テーブル エントリの最大数に近くなります。

詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

  • 323427 Windows Server 2003 環境でBoot.ini ファイルを手動で編集する方法

  • 289022 方法: Windows XP でBoot.ini ファイルを編集する

/usepmtimer

プロセッサがPM_TIMER設定をサポートしている場合、スイッチは /usepmtimer 、Windows XP オペレーティング システムまたは Windows Server 2003 オペレーティング システムがタイム スタンプ カウンター (TSC) タイマー設定の代わりに PM-TIMER タイマー設定を使用することを指定します。

スイッチの使用方法 /usepmtimer の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

895980 QueryPerformanceCounter 関数を使用するプログラムは、Windows Server 2003 および Windows XP ではパフォーマンスが低い場合があります

/リダイレクト

このスイッチを使用して、Windows Server 2003 Enterprise Edition ベースのコンピューターで緊急管理サービス (EMS) を有効にします。 EMS の詳細については、Windows のヘルプとサポートで 「緊急管理サービス」を検索してください。

x86 ベースのコンピューターでBoot.iniを編集して EMS を有効にするには、Boot.ini ファイルの [ブート ローダー] セクションと [オペレーティング システム] セクションの両方を編集します。 これを行うには、次のエントリを構成します。

  • [ブート ローダー] で、次のいずれかの必須ステートメントを追加します。

    redirect=COM x
    

    このステートメントでは、 x を次のいずれかの COM ポート番号に置き換えます。

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

      redirect=USEBIOSSETTINGS
      

      このステートメントを使用すると、コンピューター BIOS で EMS に使用する COM ポートを決定できます。

  • [ブート ローダー] で、次のオプション ステートメントを追加します。

    redirectbaudrate= baudrate
    

    ボーレートを次のいずれかの値に置き換えます。

    • 9600

    • 19200

    • 57600

    • 115200

      既定では、EMS では 9600 Kbps のボー レート設定が使用されます。

  • [オペレーティング システム] で、EMS を使用するように構成するオペレーティング システム エントリにオプションを追加/redirectします。 次の例は、これらのスイッチの使用方法を示しています。

    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
    redirect=COM1
    redirectbaudrate=19200
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, Enterprise" /fastdetect
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, EMS" /fastdetect /redirect
    

/チャネル

このスイッチをスイッチとスイッチと/debug/debugport共に使用して、IEEE (IEEE) 1394 ポート経由でデバッグ情報を送信するように Windows を構成します。 1394 ポートを介したデバッグをサポートするには、両方のコンピューターで Microsoft Windows XP 以降を実行している必要があります。 1394 ポートには、0 ~ 62 の番号が付けられた最大 63 個の独立した通信チャネルがあります。 ハードウェアの実装によって、1 つのバス間で異なる数のチャネルがサポートされます。 Windows XP には、移行先コンピューターが 4 台に制限されています。 ただし、この制限は Windows Server 2003 では削除されます。 デバッグを実行するには、デバッガーが実行されているコンピューター (ホスト コンピューターとも呼ばれます) とデバッグするコンピューター (対象コンピューターとも呼ばれます) の両方で使用する共通のチャネル番号を選択します。 1 ~ 62 の任意の数値を使用できます。

移行先コンピューターを構成する

  1. Boot.ini ファイルを編集して、 /CHANNEL= x デバッグ用に構成したオペレーティング システム エントリにオプションを追加します。 x を使用するチャネル番号に置き換えます。 たとえば、Boot.ini ファイルの [オペレーティング システム] 領域を次のように構成します。

    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, Enterprise" /fastdetect /debug /debugport=1394 /CHANNEL=3
    
  2. 1394 ポートのいずれかに 1394 ケーブルを接続します。

  3. 移行先コンピューターで 1394 ホスト コントローラーを無効にします。 これを行うには、デバイス マネージャーを開始し、デバイスを右クリックして、[無効] をクリックします。

  4. コンピューターを再起動します。

ホスト コンピューターを構成する

  1. 1394 ポートのいずれかに 1394 ケーブルを接続します。

  2. カーネル デバッガーバイナリ ファイルをインストールします。

  3. コマンド プロンプトを開始します。 次の各コマンドを入力した後、Enter キーを押します。

    set_NT_DEBUG_BUS=1394
    set_NT_DEBUG_1394_CHANNEL= x
    kd -k
    
  4. カーネル デバッガーをインストールしたフォルダーに移動し、次のコマンドを入力します:kd.exe。

デバッガーを初めて起動すると、1394 仮想ドライバーがインストールされます。 このドライバーは、デバッガーが移行先コンピューターと通信できるようにします。 このドライバーのインストールを正常に完了するには、管理者権限でログオンする必要があります。