ListView_SetWorkAreas マクロ (commctrl.h)

リスト ビュー コントロール内の作業領域を設定します。 このマクロを使用するか、 LVM_SETWORKAREAS メッセージを明示的に送信できます。

構文

void ListView_SetWorkAreas(
   hwnd,
   nWorkAreas,
   prc
);

パラメーター

hwnd

型: HWND

リスト ビュー コントロールへのハンドル。

nWorkAreas

型: INT

lprc の配列内の RECT 構造体の数。 許容される作業領域の最大数は、 LV_MAX_WORKAREAS 値によって定義されます。

prc

型: LPRECT

リスト ビュー コントロールの新しい作業領域を含む RECT 構造体の配列へのポインター。 これらの構造体の値は、クライアント座標内にあります。 このパラメーターが NULL の場合、作業領域はコントロールのクライアント領域に設定されます。 nWorkAreas は、この配列内の構造体の数を指定します。

戻り値

なし

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー commctrl.h

こちらもご覧ください

List-View コントロールの使用