Microsoft.UI.Windowing 名前空間

アプリに関連付けられているウィンドウを作成および管理するためのサポートを提供します。

クラス

AppWindow

アプリのコンテンツのシステム管理コンテナーを表します。

AppWindowChangedEventArgs

AppWindow.Changed イベントのデータを提供します。

AppWindowClosingEventArgs

AppWindow.Closing イベントのデータを提供します。

AppWindowPresenter

ウィンドウの種類に適した定義済みの構成を使用して、アプリ ウィンドウを表示します。

AppWindowTitleBar

アプリ ウィンドウのタイトル バーを表します。

CompactOverlayPresenter

CompactOverlay (ピクチャインピクチャ) 構成を使用してアプリ ウィンドウを表示します。

DisplayArea

ビューをユーザーに表示できるディスプレイの領域を表します。

DisplayAreaWatcher

表示領域を列挙し、表示領域のコレクションまたは個々 DisplayArea の構成が変更されたときにイベントを発生させます。

FullScreenPresenter

全画面表示の構成を使用してアプリ ウィンドウを表示します。

OverlappedPresenter

重複した構成を使用してアプリ ウィンドウを表示します。

列挙型

AppWindowPresenterKind

アプリ ウィンドウで使用する発表者の種類を指定する定数を定義します。

CompactOverlaySize

CompactOverlay モードでウィンドウのサイズを指定する定数を定義します。

DisplayAreaFallback

指定されたパラメーターと交差しないDisplayArea場合に使用するDisplayArea定数を定義します。

DisplayAreaWatcherStatus

の状態を指定する定数を DisplayAreaWatcher定義します。

IconShowOptions

タイトル バーにウィンドウ アイコンを表示するためのオプションを指定する定数を定義します。

OverlappedPresenterState

ウィンドウの状態を重複モードで指定する定数を定義します。

TitleBarHeightOption

アプリ ウィンドウのタイトル バーの優先する高さを指定する定数を定義します。

こちらもご覧ください