Office のオプションの診断データ

注:

このプライバシー情報の対象となっている Office 製品の一覧については、「Office 製品で利用できるプライバシー コントロール」を参照してください。

診断データは、Office をセキュリティで保護し、最新の状態に保ち、問題を検出、診断し、修正し、さらに製品を改良するために使用されます。 このデータには、ユーザーの名前や電子メール アドレス、ユーザーのファイルのコンテンツ、Office に関連しないアプリに関する情報は含まれません。

この診断データは、ユーザーのデバイスで実行されている Office クライアント ソフトウェアについて収集され、Microsoft に送信されます。 診断データには、必須のものとオプションのものがあります。 組織のポリシー設定などのプライバシー コントロールを使用することで、必須の診断データとオプションの診断データのどちらを Microsoft に送信するかを選択することができます。 診断データ ビューアーを使用すると、送信中の診断データを表示することもできます。

注:

Office 2019 または Office 2016 のバージョンを使用している場合、必要な診断データとオプションの診断データのどちらを送信するかを選択できない場合は、必要な診断データのみが送信されます。 たとえば、Office Professional Plus 2019またはOffice Standard 2016を使用している場合、その選択肢が提供されない場合は、必要な診断データのみが送信されます。 Office 2013 は、必須またはオプションの診断データを送信しません。 この選択を提供する Office のバージョンの詳細については、「 Office 製品で使用できるプライバシー制御」を参照してください。

オプションの診断データ は、製品の改善に役立つ追加データであり、問題の検出、診断、修正に役立つ強化された情報を提供します。

オプションの診断データを送信するよう選択した場合は、必須の診断データも含まれています。 また、オプションの診断データと非常によく似た情報を含む Office の診断ログ ファイルが送信されることがあります。 これらのログ ファイルの詳細については、「Office の診断ログ ファイルの概要」を参照してください。

オプションの診断データの例には、より優れたオプションを提供できるように、ユーザーが Word 文書に挿入した図形に関して収集されるデータ、および PowerPoint の処理速度が遅い場合にエクスペリエンスを改善できるように、PowerPoint スライドが画面に表示されるまでにかかる時間について収集されるデータが含まれます。

診断データの詳細については、以下の記事を参照してください。

組織の管理者である場合は、以下の記事も参考になります。

オプションの診断データのカテゴリ

オプションの診断データは、次のカテゴリに分類されています。

  • ソフトウェアのセットアップと在庫
  • 製品とサービスの使用
  • 製品とサービスのパフォーマンス
  • デバイスの接続と構成

これらのカテゴリは診断データ ビューアーに表示され、必須診断データで使用されるカテゴリと同じです。

次のセクションでは、各カテゴリの説明と各カテゴリのイベントの例を示します。

ソフトウェアのセットアップと在庫イベント

このカテゴリには、次の分野を対象とするイベントが含まれます。

  • インストールされている製品とバージョン、およびそのインストール状態
  • ソフトウェア アドインとその設定。
  • 製品の更新準備など、セキュリティを侵害する可能性がある、ドキュメント、機能、アドインのエラー条件。

次の表に、このカテゴリのイベントの例とそのイベントの説明を示します。

イベント名 イベントの説明
Office.Extensibility.AppCommands.GetRibbonUpdatesForUserId このイベントは、ユーザーが ID を変更した場合に、Word で Word ユーザー インターフェイスのリボンが正常に更新されたかどうかを示します。 このイベントは、Office のユーザー インターフェイスに影響を与える可能性がある誤ったセットアップやその他の問題を検出するために使用されます。
Office.Extensibility.AppCommands.AppCmdInstall このイベントは、アプリ ID、オペレーティング システムのビルドとバージョン、インストールの成功、インストールの所要時間など、ユーザーがインストールした Office アドインに関する情報を提供します。

製品とサービスの使用イベント

このカテゴリには、次の分野を対象とするイベントが含まれます。

  • アプリケーション機能の成功。 アプリケーションとドキュメントの開閉、ファイル編集、ファイル共有 (コラボレーション) に限定されます。
  • 開始や停止など、特定の機能イベントが発生したかどうか、および機能が実行されているかどうかを判断します。
  • Office のユーザー補助機能

次の表に、このカテゴリのイベントの例とそのイベントの説明を示します。

イベント名 イベントの説明
Office.Word.Commanding.Highlight このイベントは、Word でテキストを強調表示するためのコマンドが実行されたことを示します。 このイベントは text-highlight コマンドのエラーを検出するために使用されます。
Office.Translator.AddInLoaded 翻訳ツール機能が正常に読み込まれ、レンダリングされたことを示すハートビート。
Office Graphics。 GVizInsertShape Word の図形の挿入機能の使用状況を追跡して、さらに挿入された図形の種類の詳細とそのソース元を報告します。
Office.PowerPoint.PPT.Desktop.SummaryZoomInsertionRule このイベントは、ユーザーがサマリー ズームを挿入しているときにドキュメントにセクションが存在するかどうか、およびユーザーが既存のセクションを削除することを選択したかどうかを判別します。
Office.Security.SecureReaderHost.ProtectedViewValidation 保護ビューでファイルが開かれたタイミングと理由を追跡します。 保護ビューが正しくトリガーされない可能性がある状態を診断し、機能が適切に機能していることを確認するために使用されます。

製品とサービスのパフォーマンス イベント

このカテゴリには、次の分野を対象とするイベントが含まれます。

  • 予期しないアプリケーションが終了 (クラッシュ) し、その場合のアプリケーションの状態。
  • アプリケーションの起動やファイルを開くことなどのシナリオにおける、応答時間の遅延またはパフォーマンスの低下。
  • 機能またはユーザー エクスペリエンスの機能面でのエラー。

次の表に、このカテゴリのイベントの例とそのイベントの説明を示します。

イベント名 イベントの説明
Office.Word.Word.CoreSaveTime100ns このイベントは、Word でのドキュメントの保存アクティビティのパフォーマンスをログに記録します。 このイベントは、Word のドキュメントの保存アクティビティにおけるエラーとパフォーマンス問題を検出するために使用されます。
Office.Identity.SignInForWamAccountAad このイベントは、ユーザーが Web アカウント マネージャー (WAM) ライブラリを使用して Azure Active Directory アカウントにサインインしたときに送信されます。 このイベントは、イベントが失敗した場合に AppName、AppVersion、ErrorCode などのメタデータを送信します。
Office.PowerPoint.PPT.Desktop.FileOpen.FirstSlideMasterThumbnailRenderTime このイベントは、PowerPoint で最初のスライド マスターのサムネイルのレンダリングにかかる時間の長さを収集します。
Office.Extensibility.Diagnostics このイベントは、デバッグのクラッシュ レポートなど、Office アドインに関する一般的な診断情報を提供します。

デバイスの接続と構成イベント

このカテゴリには、次の分野を対象とするイベントが含まれます。

  • ネットワーク接続の状態とデバイスの設定 (メモリなど)。

次の表に、このカテゴリのイベントの例とそのイベントの説明を示します。

イベント名 イベントの説明
Office.Graphics.ArtViewValidate このイベントは、グラフィック ユーザー インターフェイスをサポートするグラフィック ビューの検証結果をログに記録します。 このイベントは、グラフィック レンダリングの使用状況とエラーに関するデータを収集するために使用されます。
Office.Graphics.ARCExceptionScope このイベントは、レンダリング エンジンが原因のレンダリング エラーを追跡します。
Office.Extensibility.ODPLatency このイベントは、ユーザーのネットワークの接続と速度に関する情報を提供します。