最新の更新プログラムを使用して Office アプリを最新の状態に保つ

Microsoft 365 Appsに含まれる Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint、Outlook など) は定期的に更新されます。 これらの更新プログラムには、機能更新プログラム、セキュリティ更新プログラム、およびその他の更新プログラムを含めることができます。 その他の更新プログラムには、既知の問題の修正や、Office の安定性やパフォーマンスの向上を提供する変更などが含まれます。

Office が最新の更新プログラムで最新の状態に保たれるように、次のタスクを実行することをお勧めします。

組織内の Windows を実行しているデバイスで Office の更新設定を構成するには、Office 展開ツールまたはグループ ポリシーを使用します。

更新プログラムが自動的にチェックされるように Office が構成されていることを確認する

Office は既定で、定期的に更新プログラムを自動的にチェックするように構成されています。 更新プログラムが利用可能な場合、ユーザーが Office アプリを引き続き使用している間、Office はバックグラウンドでダウンロードします。 ダウンロード後、Office アプリが閉じられた場合など、次の機会に更新プログラムが適用されます。

Office が更新プログラムを自動的にチェックするように構成されているかどうかを確認するには、Word などの Office アプリを開き、[ ファイル>アカウント] に移動します。 [ 更新オプション] の横に、次のテキストが表示されます。

   更新は自動的にダウンロードされ、インストールされます。

このテキストが表示されない場合は、[更新オプション] [更新プログラム有効にする] を選択します>。

組織内で Windows を実行しているデバイスに対してこの設定を構成するには、「Office 展開ツールを使用する」または「グループ ポリシーを使用して更新設定を構成する」を参照してください。

注:

Office に更新プログラムをすぐに確認するように強制する場合は、Word などの Office アプリを開き、[ ファイル>アカウント] に移動します。 次に、[ 更新オプション] の [ 今すぐ更新] を選択します。 その後、Office は、新しい更新プログラムをダウンロードしてインストールできるかどうかを確認します。

インターネットから直接更新プログラムを取得するように Office を構成する

更新管理を簡略化するために、インターネット上の Office Content Delivery Network (CDN) から直接更新プログラムを取得するように Office を構成することをお勧めします。

この設定を構成するには、「Office 展開ツールを使用する」または「グループ ポリシーを使用して更新設定を構成する」を参照してください。

注:

  • Office CDN で更新プログラムが利用可能になると、数日間にわたって更新プログラムの可用性が Office がインストールされている世界中のデバイスに徐々にアドバタイズされます。 これにより、組織内のすべてのデバイスが Office CDN に同時にアクセスして更新プログラムをダウンロードしようとするとは限りません。これにより、ネットワーク帯域幅使用率の問題が発生する可能性があります。
  • Office CDN から直接更新プログラムを取得するように Office を構成し、それらのデバイスがWindows 11またはWindows 10実行されている場合は、配信の最適化を利用してネットワーク帯域幅の使用率を削減できます。

デバイスに十分な空きディスク領域があることを確認する

更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、Office に空きディスク領域が必要です。 Office は常にシステム ドライブにインストールされるため、通常は C:\ドライブに少なくとも 4 GB の空き領域があることを確認します。

Office 更新プログラムの適用期限を設定する (省略可能)

Office の更新プログラムを確実に適用するには、更新プログラムを適用する必要があるときに期限を設定できます。 たとえば、更新プログラムをダウンロードしてから 2 日以内にインストールする必要があることを指定できます。

期限が近づくと、ユーザーは期限の 30 分前など、更新プログラムをインストールするためのリマインダーを受け取ります。 これらの通知により、ユーザーは作業中の Office ドキュメントを保存し、開いている Office プログラムを閉じる機会が得られます。 ユーザーが Office プログラムを閉じなかった場合、プログラムは期限に自動的に閉じられ、データが失われる可能性があります。

期限を構成するには、「Office 展開ツールを使用する」または「グループ ポリシーを使用して更新設定を構成する」を参照してください。

Office 展開ツールまたはグループ ポリシーを使用して更新設定を構成する (省略可能)

Office 展開ツール (ODT) またはグループ ポリシーを使用して、組織内 Windows を実行しているデバイスの Office の更新設定を構成できます。

次の表に、使用できる関連する Office 展開ツールの属性とグループ ポリシーポリシー設定を示します。

Setting Office 展開ツール グループ ポリシー [1]
更新プログラムを自動的に確認 する [2] Enabled 属性 自動更新を有効にする
インターネットから直接更新プログラムを取得する UpdatePath 属性 更新パス
期限の設定 Deadline 属性 更新期限

注:

[1] これらすべてのポリシーは、グループ ポリシー管理ツールの[コンピューターの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]\Microsoft Office 2016 (Machine)\更新 にあります。

[2] Office 展開ツールを使用する場合でも、[更新オプション][更新を無効にする] > を選択して、更新プログラムのチェックをオフにすることができます。 グループ ポリシーを使用する場合、ユーザーは設定の変更を許可されません。