配信エージェントと配信エージェント コネクタ

製品: Exchange Server 2013

配信エージェントは、SMTP Exchange サーバー環境から SMTP プロトコルを使用しないシステムにメッセージを配信できます。配信エージェントはそれぞれ、配信エージェント コネクタに関連付けられています。配信エージェント コネクタは処理と非 SMTP デバイスや SMTP システムへの配信に備えて、配信エージェントにルーティングされたメッセージをキューに格納します。

ヒント

外部コネクタ アーキテクチャが Microsoft Exchange 2013 に存続していますが、できる限り非 SMTP システムへのメッセージ ルーティングに配信エージェントを使用することをお勧めします。その主な理由としては、メッセージにキュー管理を使用できること、ドロップ ディレクトリへのファイル転送を管理しなくてすむこと、そしてメッセージ配信を確認できることが挙げられます。

配信エージェントの機能と利点

配信エージェントは、メールボックス サーバーのトランスポート サービスにインストールされるコンポーネントであり、以下のタスクを実行できます。

  • メッセージ配信の外部システムへの接続を確立します。

  • メールボックス サーバー上の配信キューからメッセージを取得します。

  • 外部システムにメッセージを配信します。

  • メッセージ配信が正常に完了したたびに受信確認を行います。

外部コネクタ アーキテクチャが Microsoft Exchange Server 2013 に存続していますが、できる限り非 SMTP システムへのメッセージ ルーティングに配信エージェントを使用することをお勧めします。配信エージェントには、次の利点があります。

  • 配信エージェントでは、外部システムにルーティングするメッセージのキューを管理できます。

  • メッセージのファイル システムに対する読み取りおよび書き込みが必要なくなるため、メッセージ配信パフォーマンスが向上します。

  • リッチ イベントのメッセージ プロパティへのアクセスをエージェント開発者に提供します。

  • 配信エージェントの開発時間は、配信エージェントは Exchange のメッセージ表示および管理機能を使用できるので、外部コネクタの実装よりも速くなります。

  • メッセージがドロップ ディレクトリにそのまま書き込まれずに、外部システムに配信されることを確認できます。

  • 配信エージェント コネクタを使用すると、外部システムへのメッセージ配信の待ち時間を追跡でき、サービス レベル契約 (SLA) の分析が可能になります。

所属組織への配信エージェントの追加

組織内で配信エージェントを使用するには、以下の作業を完了する必要があります。

  1. 配信エージェントを取得します。通常、配信エージェントはサード パーティによって書き込まれます。Exchange 2013 は、既定でテキスト メッセージ配信エージェント コネクタという 1 つの配信エージェント コネクタのみが添付されています。

  2. 配信エージェントは、配信エージェント コネクタの配信元サーバーとして機能するメールボックス サーバーのトランスポート サービスにインストールします。

  3. 特定プロトコル用に配信エージェント コネクタを作成します。

これらの手順がすべて完了したら、外部システムへのメッセージが配信エージェント コネクタ経由でルーティングされ、配信エージェントによって処理されます。

配信エージェントの詳細については、「Microsoft.Exchange.Data.Transport.Delivery 名前空間」を参照してください。

配信エージェント コネクタ

Exchange 2013 の配信エージェント コネクタは、Exchange 2010 で導入された配信エージェント コネクタに似ています。これらの配信エージェント コネクタは SMTP プロトコルを使用しない外部システムをアドレス指定したメッセージをルーティングします。メッセージが配信エージェント コネクタにルーティングされると、関連する配信エージェントがコンテンツの変換とメッセージの配信を行います。通常、配信エージェントはサードパーティが作成し、所属組織の配信エージェント コネクタで機能するよう構成します。

Exchange 管理センターで配信エージェント コネクタを作成することはできません。 したがって、配信エージェント コネクタは Exchange 管理シェルで New-DeliveryAgentConnector コマンドレットを使って作成し、その配信エージェント コネクタのプロパティは Set-DeliveryAgentConnector で編集します。 コネクタには、オプションの SourceTransportServers パラメーターで複数のホスト メールボックス サーバーを指定できます。

既定のテキスト メッセージング配信エージェント コネクタ

このテキスト メッセージング配信エージェント コネクタは、モバイル デバイスにメッセージをルーティングするときに使用できます。 Exchange サーバーで実行 Get-DeliveryAgentConnector | fl して、コネクタとそのすべてのパラメーターを表示します。 DeliveryProtocol が設定されていることにMOBILE注意してください。