遠隔学習向けに Microsoft Teams の使用を開始する。

この記事では、Microsoft Teams を使用して教育機関をリモート ラーニング用に設定するための IT 管理手順について説明します。

Teams 内では、 教育者は次の ことができます。

  • 学生とすぐに会話します。
  • ファイルと Web サイトを共有します。
  • OneNote クラス ノートブックを作成します。
    • 対話型のレッスンを整理します。
    • 効果的でタイムリーなフィードバックを提供します。
  • 課題を配布して採点する。
  • Professional Learning Communityes で教材を共有する。

教育機関の管理者とスタッフは、 次のことができます。

  • イベントを最新の状態に保つ。
  • スタッフ チームを使用して、お知らせや話題の会話を共同作業します。

ユーザー アカウント、ライセンス、ID のセキュリティ

Teams では、Microsoft 365 を使用してユーザーを認証し、サービスを提供します。 すべてのユーザーは、共同作業を容易にするために、Microsoft 365 ID を確立する必要があります。

ユーザー ID がまだ存在しない場合は、次の手順に従ってユーザー ID を確立します。

  1. School Data Sync を使用してユーザーを作成します
  2. ユーザーにライセンスを割り当てます
  3. Microsoft 365 グループを作成します
  4. Exchange を設定します
  5. SharePoint と OneDrive を設定します
  6. Google メールを持つユーザーを設定します

Microsoft Teams は、無料の A1 教育プランを含むすべての Microsoft 365 プランに含まれています。

Microsoft 365 の展開と Teams のセットアップに関するガイダンスについては、「 Microsoft 365 テナントの作成」を参照してください