次の方法で共有


Power Apps でテキスト認識エンジン コンポーネントを使用する

キャンバス アプリを作成し、AI Builder のテキスト認識エンジン コンポーネントを画面に追加します。 このコンポーネントでは、写真を撮影するかローカル デバイスから画像を読み込んだ後、それを処理し、テキスト認識の事前構築済みモデルに基づいてテキストを抽出します。 画像内のテキストが検出されると、コンポーネントによってテキストが出力され、画像内の各インスタンスの四角形を表示することによりインスタンスが識別されます。

Note

キャンバス アプリの詳細については、Power Apps のキャンバス アプリとは? を参照してください

キー プロパティ

  • OriginalImage:処理前の元の画像です。

  • 結果: 検出されたテキスト行の一覧。 オブジェクトごとに、抽出されたフォーム フィールドとテーブルでこれらのプロパティを使用できます。 コンポーネントの初期化 (AI モデルのバインドの手順) で、モデルによって抽出できる可能性のあるフィールドとテーブルが設定されます。 たとえば、次のようなリソースです。

    • BoundingBox: 検出されたテキスト行の座標。

    • PageNumber: 検出されたテキスト行があるページの番号。

    • テキスト: 検出されたテキスト行。

  • 選択済み: コントロール上でユーザーが選択した検出ボックス。

    • BoundingBox: ユーザーにより選択された検出済みテキスト行の座標。

    • PageNumber: ユーザーが選択した検出されたテキスト行があるページの番号。

    • テキスト: ユーザーが選択した検出されたテキスト行。

Note

これらのプロパティ名称の一部は、2020 年 4 月の更新で変更されました。 アプリにこれらのプロパティが表示されない場合は、プロパティ名を手動で更新する必要があります。 詳細: キャンバス アプリの AI Builder コンポーネントでプロパティ名を変更する

追加のプロパティ

  • Text: テキスト認識エンジンをアクティブにするボタンに表示されるテキスト。

  • ImageDisplayed (プロパティ パネルの 画像を表示): コンポーネントが画像を表示するかどうかを決定します。 オン に設定すると、イメージ内で検出された列の値の周囲に四角形が表示されます。

  • DisplayMode:

    • 編集: ユーザーの入力を許可します。

    • View: データのみを表示します。

    • 無効 は無効です。

  • Height: コンポーネントの高さを示します。

  • Visible: セクションを表示するかどうかを選択します。

  • Width: コンポーネントの幅を示します。

  • X: コンポーネントの左端とその親コンテナまたはスクリーンの左端との間の距離を示します。

  • Y: コンポーネントの上端と親コンテナまたはスクリーンの上端との間の距離を示します。

追加の設計プロパティは、詳細 パネルで使用できます。

アクセシビリティのガイドライン

Power Apps の button コントロールに対するこれらの ガイドライン は、テキスト認識エンジン コンポーネントにも適用されます。

参照