Azure Stack Hub サービス ポリシー

Azure Stack Hub は、モダン ライフサイクル ポリシーに従います。 この記事では、Azure Stack Hub 統合システムのサービス ポリシーについて、およびサポートを受けられる状態にシステムを維持するために必要なことについて説明します。

統合システムの更新プログラム パッケージをダウンロードする

Microsoft では、完全な更新プログラム パッケージ、および特定の問題に対処する修正プログラム パッケージの両方をリリースしています。

完全な更新プログラム パッケージは、セキュリティで保護された Azure エンドポイントでホストされます。 これらは、Azure Stack Hub 更新プログラム ダウンローダー ツールを使用して、手動でダウンロードできます。 スケール ユニットが接続されている場合、更新プログラムは、"更新プログラムが利用可能です" と自動的に管理者ポータルに表示されます。 各リリースの詳細については、この記事の「更新プログラム パッケージのリリース周期」セクションの任意のリリースをクリックしてください。

修正プログラム パッケージは、セキュリティで保護された同じ Azure エンドポイントでホストされます。 これらは、各修正プログラムの KB 記事 (たとえば、Azure Stack Hub 修正プログラム 1.1809.12.114) の埋め込みリンクを使用してダウンロードできます。 毎月の完全版更新プログラム パッケージと同様に、Azure Stack Hub オペレーターは、Azure Stack Hub での更新プログラムの適用に関する記事に記載されている手順を使用して、.xml および .zip ファイルのダウンロードとインポートを行うことができます。 スケール ユニットが接続されている Azure Stack Hub オペレーターに対しては、修正プログラムが "更新プログラムが利用可能です" というメッセージと共に、自動的に管理者ポータルに表示されます。

スケール ユニットが接続されておらず、各修正プログラムのリリースについて通知を受け取る場合は、RSS フィードをサブスクライブして、各修正プログラムのリリースについての通知を受け取ります。

更新プログラム パッケージの種類

統合システムの更新プログラム パッケージには、次の 2 つの種類があります。

  • Microsoft ソフトウェア更新プログラム。 Microsoft には、Microsoft ソフトウェア更新プログラム パッケージについて、エンド ツー エンドでサービスを提供し続ける責任があります。 これらのパッケージには、最新の Windows Server のセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、Azure Stack Hub の機能更新プログラムが含まれています。 これらの更新プログラム パッケージは Microsoft から直接ダウンロードできます。

  • OEM ハードウェア ベンダー提供の更新プログラム。 Azure Stack Hub ハードウェア パートナーには、ハードウェアに関連するファームウェアおよびドライバーの更新プログラム パッケージについて、ガイドを含めエンド ツー エンドでサービスを提供し続ける責任があります。 また、Azure Stack Hub ハードウェア パートナーは、すべてのソフトウェアとハードウェアのハードウェア ライフサイクル ホストに関するガイドを所有して管理します。 OEM ハードウェア ベンダーは、自社のダウンロード サイトでこれらの更新プログラム パッケージを管理します。

更新プログラム パッケージのリリース周期

Microsoft は、ソフトウェア更新プログラム パッケージを 1 年を通して複数回リリースする予定です。

OEM ハードウェア ベンダーは、必要に応じて随時更新プログラムをリリースします。 ハードウェアの最新の更新プログラムについては、OEM にご確認ください。

更新を計画し、更新プログラムを管理する方法と、現在のバージョンを確認する方法については、更新プログラムの管理の概要にあるドキュメントをご確認ください。

更新プログラムのダウンロード方法など、特定の更新プログラムに関する情報については、リリース ノートを参照してください。

修正プログラム

Microsoft は、予防可能または緊急な場合の多い特定の問題に対応するため、Azure Stack Hub の修正プログラムを随時提供します。 各修正プログラムは、その修正プログラムで対処された問題の詳細が記載された、Microsoft サポート技術情報 (KB) の対応する記事と共にリリースされます。

修正プログラムは、Azure Stack Hub の通常の完全版更新プログラム パッケージと同様に、ダウンロードおよびインストールできます。 ただし、完全な更新プログラムとは異なり、修正プログラムは数分でインストールできます。 修正プログラムをインストールする際に、Azure Stack Hub オペレーターがメンテナンス期間を設定することをお勧めします。 修正プログラムでは、修正プログラムが適用されているかを簡単に判別できるように、お使いの Azure Stack Hub クラウドのバージョンが更新されます。 まだサポート対象となっている Azure Stack Hub のバージョンごとに、個別の修正プログラムが提供されています。 特定のイテレーションの各修正プログラムは重複しており、同じバージョンの以前の修正プログラムが含まれています。 特定の修正プログラムの適合性の詳細については、KB の対応する記事をご覧ください。 前のセクションのリリース ノートのリンクを参照してください。

新しいメジャー バージョンに更新する前に、現在のメジャー バージョンの最新の修正プログラムを適用してください。 クラウド事業者は、リリース時にスケール ユニットを修正プログラムで最新の状態に保つことをお勧めします。たとえば、可能であれば、リリース日から 45 日以内に修正プログラムをインストールしてください。

2005 ビルド以降、新しいメジャー バージョンに更新すると (たとえば、1.2005.x から 1.2008.x)、その新しいメジャー バージョン内の最新の修正プログラム (パッケージのダウンロード時に使用可能なものがある場合) が自動的にインストールされます。 これにより 2008 インストールにすべての修正プログラムが適用され、最新の状態になります。 それ以降は、2008 の修正プログラムがリリースされたら、それをインストールする必要があります。

現在利用可能な修正プログラムの詳細については、リリースノートの「修正プログラム」セクションを参照してください。

OEM パッケージ

オペレーターは OEM パッケージをメンテナンスする必要があります。推奨されるのは N-2 OEM パッケージ内を維持することです。

システムがサポートされる状態を維持する

Azure Stack Hub インスタンスをサポートされる状態に維持するためには、インスタンスで、リリースされた最新バージョンの更新プログラム (N) を実行するか、またはその前 2 つの更新プログラムのバージョンのいずれか (N-1、N-2) を実行する必要があります。 上記の一般的な 2 バージョン サポート ポリシー内に含まれていないシステムには、次のサポート制限が適用されます。

  • プラットフォームの修正プログラムは、現在のバージョンと 2 つ前までのバージョン (N-1、N-2) に対して提供されます。
  • 根本原因分析 (RCA) は、現在のバージョンと 2 つ前までのバージョン (N-1、N-2) に対して提供されます。
  • サポートされていないバージョン (N-2 より前) のシステムの問題は、更新を実行している場合を除き、Microsoft からサポートを受けることはできません。

システムを製造したハードウェア パートナーのサポート契約が有効になっている必要もあります。 Microsoft は、ハードウェア サポート契約がない場合はサポートできません。

修正プログラムはメジャー バージョンの更新プログラムとは見なされません。 お使いの Azure Stack Hub インスタンスが 2 つ前の更新プログラムより古い場合、コンプライアンスに対応していないとみなされます。 サポートを受けるためには、少なくともサポートされている最小バージョン (N-2) に更新する必要があります。

たとえば、利用可能な最新の更新プログラムのバージョンが 2206 (N) の場合、以前の 2 つの更新プログラム のバージョンは 2108 と 2102 でした。つまり、2108 (N-1) と 2102 (N-2) の両方が引き続きサポートされます。 ただし、2206 更新プログラムがリリースされたときに 2008 は N-3 になるので、2008 バージョンはサポート対象外になります。

Microsoft ソフトウェア更新プログラム パッケージは累積的で、前提条件として以前の更新プログラム パッケージと最新の修正プログラムをインストールする必要があります。 1 つ以上の更新プログラムを延期する場合は、最新バージョンに更新するために必要な全体的なランタイムを検討してください。

リソース プロバイダーのバージョンのサポート

Azure Stack Hub リソース プロバイダーでは、サポートされているバージョンの Azure Stack Hub と互換性がある、特定のリソース プロバイダーの最新リリース バージョンのみがサポートされています。これは、まだサポート有効期限内の古いバージョンの Azure Stack Hub を使用している場合でも同様です。

リソース プロバイダーの互換性の詳細については、その特定のリソース プロバイダーのリリース ノートを参照してください。

サポートを受ける

Azure Stack Hub には、Azure と同じサポート プロセスが適用されます。 企業のお客様は、Azure サポート要求を作成する方法で説明されているプロセスに従ってください。 クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) のお客様の場合は、担当の CSP までサポートについてお問い合わせください。 詳細については、「Azure サポートに関する FAQ」を参照してください。

更新プログラムに関する問題のトラブルシューティングのヘルプについては、「Azure Stack Hub の修正プログラムと更新プログラムに関する問題のトラブルシューティングのベスト プラクティス」を参照してください。

次のステップ