検証表示コントロール

検証表示コントロールを使用して、要求 (電子メール アドレスや電話番号など) をユーザーに送信された確認コードを使用して検証します。

VerificationControl アクション

検証表示コントロールは、次の 2 つの手順 (アクション) で構成されます。

  1. 確認コードの送信先 (電子メールアドレスや電話番号など) をユーザーに要求します。 ユーザーが [コードの送信] ボタンを選択すると、検証表示コントロールの SendCode アクション が実行されます。 SendCode アクションによってコードが生成され、送信されるコンテンツが構築され、それがユーザーに送信されます。 アドレスの値を事前に設定して、2 要素認証として使用できます。

    Example page for send code action

  2. コードが送信されたら、ユーザーはメッセージを読んで、表示コントロールによって提供されたコントロールに確認コードを入力し、[コードの確認] を選択します。 [コードの確認] を選択することで、VerifyCode アクションが実行され、アドレスに関連付けられたコードが検証されます。 ユーザーが [新しいコードの送信] を選択した場合は、最初のアクションが再び実行されます。

    Example page for verify code action

VerificationControl の必須要素

VerificationControl には、次の要素が含まれている必要があります。

  • DisplayControl の型は VerificationControl です。
  • DisplayClaims
    • 送信先 - 確認コードの送信先を指定する 1 つまたは複数の要求。 たとえば、"電子メール"、または "国番号" と "電話番号" です。
    • 確認コード - コードが送信された後でユーザーが提供する確認コード要求。 この要求には required を設定する必要があり、さらに ControlClaimTypeVerificationCode に設定する必要があります。
  • ユーザーが検証プロセスを完了した後、セルフアサート ページに返される出力要求 (省略可能)。 たとえば、"電子メール"、または "国番号" と "電話番号" です。 セルフアサート技術プロファイルでは、これらの要求を使用して、データを永続化するか、次のオーケストレーション手順に対して出力要求がバブル アップされます。
  • 次の名前の 2 つの Action:
    • SendCode - ユーザーにコードを送信します。 通常、このアクションには、コードを生成して送信するための 2 つの検証技術プロファイルが含まれます。
    • VerifyCode - コードを検証します。 通常、このアクションには、単一の検証技術プロファイルが含まれます。

次の例では、email テキスト ボックスがページに表示されます。 ユーザーが電子メール アドレスを入力して [コードの送信] を選択すると、SendCode アクションが Azure AD B2C バックエンドでトリガーされます。

その後、ユーザーが確認コードを入力し、[コードの確認] を選択して、バックエンドで VerifyCode アクションをトリガーします。 すべての検証に合格すれば、VerificationControl は完了したとみなされ、ユーザーは次の手順に進むことができます。

<DisplayControl Id="emailVerificationControl" UserInterfaceControlType="VerificationControl">
  <DisplayClaims>
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="email"  Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="verificationCode" ControlClaimType="VerificationCode" Required="true" />
  </DisplayClaims>
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
  </OutputClaims>
  <Actions>
    <Action Id="SendCode">
      <ValidationClaimsExchange>
        <ValidationClaimsExchangeTechnicalProfile TechnicalProfileReferenceId="GenerateOtp" />
        <ValidationClaimsExchangeTechnicalProfile TechnicalProfileReferenceId="SendGrid" />
      </ValidationClaimsExchange>
    </Action>
    <Action Id="VerifyCode">
      <ValidationClaimsExchange>
        <ValidationClaimsExchangeTechnicalProfile TechnicalProfileReferenceId="VerifyOtp" />
      </ValidationClaimsExchange>
    </Action>
  </Actions>
</DisplayControl>