RelyingParty

注意

Azure Active Directory B2C で、カスタム ポリシーは、主に、複雑なシナリオに取り組む用途向けに設計されています。 ほとんどのシナリオで、組み込みユーザー フローを使用することをお勧めします。 まだ行っていない場合は、Active Directory B2C でのカスタム ポリシーの概要に関する記事で、カスタム ポリシー スターター パックの詳細を確認してください。

RelyingParty 要素は、現在の要求を Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) に対して適用するユーザー体験を指定します。 また、証明書利用者 (RP) アプリケーションが発行されたトークンの一部として必要とするクレームの一覧を指定します。 Web、モバイル、デスクトップ アプリケーションなどの RP アプリケーションは RP ポリシー ファイルを呼び出します。 RP ポリシー ファイルは、サインイン、パスワードのリセット、プロファイルの編集などの特定のタスクを実行します。 複数のアプリケーションが同じ RP ポリシーを使用でき、1 つのアプリケーションが複数のポリシーを使用できます。 すべての RP アプリケーションがクレームで同じトークンを受信し、ユーザーが同じユーザー体験を受けます。

次の例は、B2C_1A_signup_signin ポリシー ファイル内の RelyingParty要素を示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<TrustFrameworkPolicy
  xmlns:xsi="https://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xmlns:xsd="https://www.w3.org/2001/XMLSchema"
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/online/cpim/schemas/2013/06"
  PolicySchemaVersion="0.3.0.0"
  TenantId="your-tenant.onmicrosoft.com"
  PolicyId="B2C_1A_signup_signin"
  PublicPolicyUri="http://your-tenant.onmicrosoft.com/B2C_1A_signup_signin">

  <BasePolicy>
    <TenantId>your-tenant.onmicrosoft.com</TenantId>
    <PolicyId>B2C_1A_TrustFrameworkExtensions</PolicyId>
  </BasePolicy>

  <RelyingParty>
    <DefaultUserJourney ReferenceId="SignUpOrSignIn" />
    <UserJourneyBehaviors>
      <SingleSignOn Scope="Tenant" KeepAliveInDays="7"/>
      <SessionExpiryType>Rolling</SessionExpiryType>
      <SessionExpiryInSeconds>900</SessionExpiryInSeconds>
      <JourneyInsights TelemetryEngine="ApplicationInsights" InstrumentationKey="your-application-insights-key" DeveloperMode="true" ClientEnabled="false" ServerEnabled="true" TelemetryVersion="1.0.0" />
      <ContentDefinitionParameters>
        <Parameter Name="campaignId">{OAUTH-KV:campaignId}</Parameter>
      </ContentDefinitionParameters>
    </UserJourneyBehaviors>
    <TechnicalProfile Id="PolicyProfile">
      <DisplayName>PolicyProfile</DisplayName>
      <Description>The policy profile</Description>
      <Protocol Name="OpenIdConnect" />
      <Metadata>collection of key/value pairs of data</Metadata>
      <OutputClaims>
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" />
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" />
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" />
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="objectId" PartnerClaimType="sub"/>
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider" />
        <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="loyaltyNumber" />
      </OutputClaims>
      <SubjectNamingInfo ClaimType="sub" />
    </TechnicalProfile>
  </RelyingParty>
  ...

省略可能な RelyingParty要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 Description
DefaultUserJourney 1:1 RP アプリケーションの既定のユーザー体験。
エンドポイント 0:1 エンドポイントの一覧。 詳細については、「UserInfo エンドポイント」を参照してください。
UserJourneyBehaviors 0:1 ユーザー体験の動作の範囲です。
TechnicalProfile 1:1 RP アプリケーションでサポートされている技術プロファイル。 技術プロファイルでは、Azure AD B2C に問い合わせるための RP アプリケーションの問い合わせ先が提供されます。

エンドポイント

Endpoints 要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 説明
エンドポイント 1:1 エンドポイントの参照。

Endpoint 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
Id はい エンドポイントの一意識別子。
UserJourneyReferenceId はい ポリシーのユーザー体験の識別子です。 詳細については、「ユーザー体験」を参照してください。

次の例は、UserInfo エンドポイントを持つ証明書利用者を示しています。

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="SignUpOrSignIn" />
  <Endpoints>
    <Endpoint Id="UserInfo" UserJourneyReferenceId="UserInfoJourney" />
  </Endpoints>
  ...

DefaultUserJourney

DefaultUserJourney 要素は、ベースまたは拡張機能ポリシーで定義されているユーザー体験の ID への参照を指定します。 次の例は、RelyingParty 要素で指定されるサインアップまたはサインイン ユーザー体験を示しています。

B2C_1A_signup_signinポリシー:

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="SignUpOrSignIn">
  ...

B2C_1A_TrustFrameWorkBase または B2C_1A_TrustFrameworkExtensionPolicy:

<UserJourneys>
  <UserJourney Id="SignUpOrSignIn">
  ...

DefaultUserJourney 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 Description
ReferenceId はい ポリシーのユーザー体験の識別子です。 詳細については、「ユーザー体験」を参照してください。

UserJourneyBehaviors

UserJourneyBehaviors 要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 Description
SingleSignOn 0:1 ユーザー体験のシングル サインオン (SSO) セッション動作の範囲です。
SessionExpiryType 0:1 セッションの認証動作です。 指定できる値: Rolling または AbsoluteRolling値 (既定) では、ユーザーがアプリケーションでアクティブな状態を継続している限り、サインインしたままとなることを示します。 Absolute値は、アプリケーションのセッションで指定された期間の後にユーザーの再認証が強制されることを示します。
SessionExpiryInSeconds 0:1 認証の成功時にユーザーのブラウザーで保存される整数として指定された、Azure AD B2C のセッション Cookie の有効期間です。 既定は 86,400 秒 (24 時間) です。 最小値は 900 秒 (15 分) です。 最大値は 86,400 秒 (24 時間) です。
JourneyInsights 0:1 使用される Azure Application Insights のインストルメンテーション キー。
ContentDefinitionParameters 0:1 コンテンツ定義読み込み URI に追加するキー値ペアのリスト。
JourneyFraming 0:1 このポリシーのユーザー インターフェイスを iframe に読み込むことができます。
ScriptExecution 0:1 サポートされている JavaScript 実行モード。 指定できる値: Allow または Disallow(既定値)。

上記の要素を使用する場合は、表に指定されている順序で、それらの要素を UserJourneyBehaviors 要素に追加する必要があります。 たとえば、JourneyInsights 要素は、(上記の) ScriptExecution 要素の前に追加する必要があります。

SingleSignOn

SingleSignOn 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
Scope はい シングル サインオン動作の範囲です。 指定できる値: SuppressedTenantApplication、または PolicySuppressed 値は動作が抑制されていることを示し、ユーザーは常に ID プロバイダーを選択することを求められます。 Tenant 値では、テナントのすべてのポリシーに動作が適用されることを示します。 たとえば、テナントの 2 つのポリシー体験間を移動するユーザーは ID プロバイダーの選択を求められません。 Application 値では、要求を行うアプリケーションのすべてのポリシーに動作が適用されることを示します。 たとえば、アプリケーションの 2 つのポリシー体験間を移動するユーザーは ID プロバイダーの選択を求められません。 Policy の値は、動作がポリシーに適用されるだけであることを示します。 たとえば、信頼フレームワークの 2 つのポリシー体験間を移動するユーザーは、ポリシー間を切り替える場合に ID プロバイダーの選択を求められます。
KeepAliveInDays いいえ ユーザーのサインイン状態の継続期間を制御します。 値を 0 に設定すると、KMSI 機能がオフになります。 既定値は 0 (無効) です。 最小値は 1 日です。 最大値は 90 日です。 詳細については、サインインしたままにする方法に関するページを参照してください。
EnforceIdTokenHintOnLogout いいえ クライアントでのエンド ユーザーの現在の認証済みセッションに関するヒントとして、事前に発行された ID トークンをログアウト エンドポイントに強制的に渡します。 指定できる値は false(既定値) またはtrueです。 詳細については、OpenID Connect による Web サインインに関する記事を参照してください。

JourneyInsights

JourneyInsights 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 Description
TelemetryEngine はい 値は ApplicationInsights である必要があります。
InstrumentationKey はい Application Insights 要素のインストルメンテーション キーを含む文字列。
DeveloperMode はい 指定できる値: true または falsetrue であれば、Application Insights はパイプラインの処理を通じてテレメトリを迅速化します。 この設定は開発には適していますが、大量の場合は制約があります。 詳細なアクティビティ ログは、カスタム ポリシーの開発を支援することだけを目的として設計されています。 実稼働環境では開発モードを使わないでください。 ログは、開発中に ID プロバイダーとの間で送受信されるすべての要求を収集します。 実稼働環境で使う場合、開発者は、自分が所有する App Insights ログに収集された個人データに対して責任を追うことになります。 これらの詳細なログは、この値が true に設定されている場合のみ収集されます。
ClientEnabled はい 指定できる値: true または falsetrue とした場合、ページ ビューとクライアント側エラーを追跡するためのクライアント側スクリプトを Application Insights に送信します。
ServerEnabled はい 指定できる値: true または falsetrue では、既存の UserJourneyRecorder JSON をカスタム イベントとして Application Insights に送信します。
TelemetryVersion はい 値は 1.0.0 である必要があります。

詳細については、「ログの収集」をご覧ください。

ContentDefinitionParameters

Azure AD B2C のカスタム ポリシーを使用すると、クエリ文字列でパラメーターを送信できます。 パラメーターを HTML エンドポイントに渡すことで、ページのコンテンツを動的に変更することができます。 たとえば、Web またはモバイル アプリケーションから渡すパラメーターに基づいて、Azure AD B2C サインアップまたはサインイン ページの背景イメージを変更できます。 Azure AD B2C では、aspx ファイルなど、動的な HTML ファイルにクエリ文字列パラメーターを渡します。

次の例は、hawaiiクエリ文字列 のある campaignId という名前のパラメーターを渡します。

https://login.microsoft.com/contoso.onmicrosoft.com/oauth2/v2.0/authorize?pB2C_1A_signup_signin&client_id=a415078a-0402-4ce3-a9c6-ec1947fcfb3f&nonce=defaultNonce&redirect_uri=http%3A%2F%2Fjwt.io%2F&scope=openid&response_type=id_token&prompt=login&campaignId=hawaii

ContentDefinitionParameters 要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 Description
ContentDefinitionParameter 0:n コンテンツ定義読み込み URI のクエリ文字列に追加されている重要な値のペアを含む文字列。

ContentDefinitionParameter 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
名前 はい キーと値のペアの名前。

詳しくは、カスタム ポリシーを使用して動的コンテンツを含む UI を構成するを参照してください

JourneyFraming

JourneyFraming 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
Enabled はい このポリシーを iframe 内に読み込めるようにします。 指定できる値は false(既定値) またはtrueです。
変換元 はい iframe を読み込んでホストするドメインが含まれています。 詳細については、iframe での AZURE B2C の読み込みに関するページを参照してください。

TechnicalProfile

TechnicalProfile 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
Id はい 値は PolicyProfile である必要があります。

TechnicalProfile には、次の属性が含まれています。

要素 発生回数 説明
DisplayName 1:1 技術プロファイルの名前を含む文字列。
説明 0:1 技術プロファイルの説明を含む文字列。
Protocol 1:1 フェデレーションに使用されるプロトコル。
Metadata 0:1 プロトコルによって使用されるキーと値のペアの項目のコレクション。これによってトランザクション中に証明書利用者と他のコミュニティ参加者との間の対話を構成するようにエンドポイントとやりとりされます。
InputClaims 1:1 技術プロファイルの入力として実行される要求の種類の一覧。 これらの各要素には、ClaimsSchema セクションに、またはポリシー ファイルが継承したポリシー内に既に定義されている ClaimType への参照が含まれています。
OutputClaims 1:1 技術プロファイルの出力として実行される要求の種類の一覧。 これらの各要素には、ClaimsSchema セクションに、またはポリシー ファイルが継承したポリシー内に既に定義されている ClaimType への参照が含まれています。
SubjectNamingInfo 1:1 トークンで使用されているサブジェクト名。

プロトコル 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 説明
名前 はい 技術プロファイルの一部として使用される Azure AD B2C によってサポートされている有効なプロトコルの名前。 指定できる値: OpenIdConnect または SAML2OpenIdConnect 値は、OpenID 基盤の仕様に従って、OpenID Connect 1.0 プロトコルの標準を表します。 SAML2 値は、OASIS 仕様に従って、SAML 2.0 プロトコルの標準を表します。

Metadata

プロトコルが SAML である場合、メタデータ要素には次の要素が含まれます。 詳細については、Azure AD B2C に SAML アプリケーションを登録するためのオプションに関するページを参照してください。

属性 必須 説明
IdpInitiatedProfileEnabled いいえ IDP Initiated フローがサポートされているかどうかを示します。 指定できる値: true または false(既定値)。
XmlSignatureAlgorithm いいえ SAML 応答に署名するために Azure AD B2C で使用されるメソッド。 指定できる値: Sha256Sha384Sha512、または Sha1。 両方の側で同じ値の署名アルゴリズムを構成するようにします。 証明書でサポートされているアルゴリズムのみを使用してください。 SAML アサーションを構成するには、SAML 発行者の技術プロファイルのメタデータに関する記事を参照してください。
DataEncryptionMethod No Advanced Encryption Standard (AES) アルゴリズムを使用してデータを暗号化するために Azure AD B2C で使用される方法を示します。 このメタデータにより、SAML 応答内の <EncryptedData> 要素の値が制御されます。 可能な値: Aes256 (既定)、Aes192Sha512、または Aes128
KeyEncryptionMethod No データの暗号化に使用されたキーのコピーを暗号化するために Azure AD B2C で使用される方法を示します。 このメタデータにより、SAML 応答内の <EncryptedKey> 要素の値が制御されます。 使用可能な値: Rsa15 (既定) - RSA 公開鍵暗号化標準 (PKCS) バージョン 1.5 アルゴリズム、 RsaOaep - RSA OAEP (Optimal Asymmetric Encryption Padding) 暗号化アルゴリズム。
UseDetachedKeys No 指定できる値: true または false (既定値)。 値が true に設定されている場合、暗号化されたアサーションの形式が変わります。 デタッチされたキーを使用すると、暗号化されたアサーションが EncryptedData ではなく、EncrytedAssertion の子として追加されます。
WantsSignedResponses No Azure AD B2C が SAML 応答の Response セクションに署名するかどうかを示します。 指定できる値: true (既定値) または false
RemoveMillisecondsFromDateTime いいえ SAML 応答内の datetime の値からミリ秒を削除するかどうかを示します (これには、IssueInstant、NotBefore、NotOnOrAfter、および AuthnInstant が含まれます)。 指定できる値: false (既定値) または true
RequestContextMaximumLengthInBytes いいえ SAML アプリケーションRelayState パラメーターの最大長を指定します。 既定値は 1000 です。 最大は 2048 です。

InputClaims

InputClaims 要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 Description
InputClaim 0:n 予想される入力要求の種類。

InputClaim 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 Description
ClaimTypeReferenceId はい ポリシー ファイル内の ClaimsSchema セクションに既に定義されている ClaimType への参照。
DefaultValue いいえ 既定値が空の場合に使用できる既定値。
PartnerClaimType いいえ ClaimType 定義で構成されている別の名前で、要求を送信します。

OutputClaims

OutputClaims 要素には、次の要素が含まれています。

要素 発生回数 Description
OutputClaim 0:n 証明書利用者のパーティが登録しているポリシーのサポートされている一覧で、想定される要求の種類の名前。 この要求は、技術プロファイルの出力として機能します。

OutputClaim 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 Description
ClaimTypeReferenceId はい ポリシー ファイル内の ClaimsSchema セクションに既に定義されている ClaimType への参照。
DefaultValue いいえ 既定値が空の場合に使用できる既定値。
PartnerClaimType いいえ ClaimType 定義で構成されている別の名前で、要求を送信します。

SubjectNamingInfo

SubjectNameingInfo 要素によって、トークン サブジェクトの値を制御します。

  • JWT トークン - sub 要求。 これは、トークンが情報をアサートするプリンシパルです (アプリケーションのユーザーなど)。 この値は変更不可で、再割り当ても再利用もできません。 そのため、この値を使用すると、トークンを使用してリソースにアクセスする場合などに安全に承認チェックができます。 既定では、サブジェクト要求には、ディレクトリ内のユーザーのオブジェクト ID が設定されます。 詳細は、トークン、セッション、およびシングル サインオンの構成をご覧ください。
  • SAML トークン - subject 要素を識別する <Subject><NameID> 要素。 NameId 形式は変更することができます。

SubjectNamingInfo 要素には、次の属性が含まれています。

属性 必須 Description
ClaimType はい 出力要求の PartnerClaimType への参照。 PartnerClaimType で 証明書利用者ポリシー OutputClaims コレクションに出力要求を定義する必要があります。 たとえば、<OutputClaim ClaimTypeReferenceId="objectId" PartnerClaimType="sub" />、または <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="signInName" PartnerClaimType="signInName" /> です。
Format いいえ SAML アサーションで返される NameId の形式を設定する SAML 証明書利用者のために使用されます。

次の例では、OpenID Connect の証明書利用者を定義する方法を示します。 サブジェクト名情報は、objectId として構成されます。

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="SignUpOrSignIn" />
  <TechnicalProfile Id="PolicyProfile">
    <DisplayName>PolicyProfile</DisplayName>
    <Protocol Name="OpenIdConnect" />
    <OutputClaims>
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="objectId" PartnerClaimType="sub"/>
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider" />
    </OutputClaims>
    <SubjectNamingInfo ClaimType="sub" />
  </TechnicalProfile>
</RelyingParty>

JWT トークンにはユーザー objectId による sub 要求が含まれます。

{
  ...
  "sub": "6fbbd70d-262b-4b50-804c-257ae1706ef2",
  ...
}

次の例では、SAML の証明書利用者を定義する方法を示します。 サブジェクト名情報は、objectId として構成され、NameId format が指定されています。

<RelyingParty>
  <DefaultUserJourney ReferenceId="SignUpOrSignIn" />
  <TechnicalProfile Id="PolicyProfile">
    <DisplayName>PolicyProfile</DisplayName>
    <Protocol Name="SAML2" />
    <OutputClaims>
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="objectId" PartnerClaimType="sub"/>
      <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="identityProvider" />
    </OutputClaims>
    <SubjectNamingInfo ClaimType="sub" Format="urn:oasis:names:tc:SAML:2.0:nameid-format:transient"/>
  </TechnicalProfile>
</RelyingParty>