Azure Active Directory B2C のカスタム ポリシーでセルフ アサート技術プロファイルを定義します。

注意

Azure Active Directory B2C で、カスタム ポリシーは、主に、複雑なシナリオに取り組む用途向けに設計されています。 ほとんどのシナリオで、組み込みユーザー フローを使用することをお勧めします。 まだ行っていない場合は、Active Directory B2C でのカスタム ポリシーの概要に関する記事で、カスタム ポリシー スターター パックの詳細を確認してください。

ユーザーが入力を提供する Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) のすべての操作は、セルフ アサート技術プロファイルです。 たとえば、サインアップ ページ、サインイン ページ、またはパスワードのリセット ページ。

Protocol

Protocol 要素の Name 属性は Proprietary に設定する必要があります。 セルフ アサートのためにハンドラー属性は、Azure AD B2C で使用されるプロトコル ハンドラーのアセンブリの完全修飾名を含める必要があります。 Web.TPEngine.Providers.SelfAssertedAttributeProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null

次の例は、電子メールのサインアップ用のセルフ アサート技術プロファイルを示しています。

<TechnicalProfile Id="LocalAccountSignUpWithLogonEmail">
  <DisplayName>Email signup</DisplayName>
  <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.SelfAssertedAttributeProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />

入力クレーム

セルフアサート技術プロファイルでは、InputClaimsInputClaimsTransformations 要素を使用して、セルフアサート ページ (表示要求) に表示される要求の値を事前入力することができます。 たとえば、プロファイルの編集ポリシーでは、ユーザージャーニーはまず Azure AD B2C ディレクトリ サービスからユーザー プロファイルを読み取り、セルフ アサート技術プロファイルは、ユーザー プロファイルに格納されているユーザー データで入力要求を設定します。 これらの要求はユーザー プロファイルから収集され、後で既存のデータを編集できるユーザーに提示されます。

<TechnicalProfile Id="SelfAsserted-ProfileUpdate">
...
  <InputClaims>
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="alternativeSecurityId" />
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="userPrincipalName" />
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" />
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="surname" />
  </InputClaims>

表示要求

DisplayClaims 要素には、ユーザーからデータを収集するために画面に提示される要求の一覧が含まれます。 表示要求の値を事前入力するには、以前に説明した入力要求を使用します。 要素は、既定値を含めることもできます。

DisplayClaims 内の要求の順序によって、Azure AD B2C による画面への要求の表示順序が指定されます。 特定の要求に対する値の指定をユーザーに強制するには、DisplayClaim 要素の Required 属性を true に設定します。

DisplayClaims コレクション内の ClaimType 要素では、Azure AD B2C でサポートされている UserInputType 要素を任意のユーザー入力タイプに設定する必要があります。 たとえば、TextBox または DropdownSingleSelect です。

DisplayControl に参照を追加する

表示要求コレクションに、作成済みの DisplayControl への参照を含めることができます。 表示コントロールは、特別な機能を備えた、Azure AD B2C バックエンド サービスと対話するユーザー インターフェイス要素です。 これにより、バックエンドで検証技術プロファイルを呼び出すページでユーザーが操作を実行できます。 たとえば、電子メール アドレス、電話番号、または顧客のロイヤルティ番号が検証されます。

次の例の TechnicalProfile では、表示要求と表示コントロールの使用方法が示されています。

  • 最初の表示要求では、電子メール アドレスを収集して検証する emailVerificationControl 表示コントロールが参照されます。
  • 2 番目の表示要求は、CAPTCHA コードを captchaChallengeControl 生成して検証する表示コントロールへの参照を作成します。
  • 6 番目の表示要求は、電話番号を phoneVerificationControl 収集して検証する表示コントロールへの参照を行います。
  • その他の表示要求は、ユーザーからデータが収集される ClaimTypes です。
<TechnicalProfile Id="Id">
  <DisplayClaims>
    <DisplayClaim DisplayControlReferenceId="emailVerificationControl" />
    <DisplayClaim DisplayControlReferenceId="captchaChallengeControl" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="surName" Required="true" />
    <DisplayClaim DisplayControlReferenceId="phoneVerificationControl" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="newPassword" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="reenterPassword" Required="true" />
  </DisplayClaims>
</TechnicalProfile>

既に説明したように、表示コントロールを参照する表示要求では、電子メール アドレスの確認などの独自の検証を実行できます。 さらに、セルフアサート ページでは、次のオーケストレーション手順に進む前に、検証技術プロファイルを使用したユーザー入力 (要求の種類または表示コントロール) を含むページ全体の検証がサポートされます。

表示要求と出力要求の組み合わせは慎重に使用する

セルフアサート技術プロファイルに 1 つ以上の DisplayClaim 要素を指定する場合は、画面に表示してユーザーからデータを収集する "すべての" 要求に対して DisplayClaim を使用する必要があります。 少なくとも 1 つの表示要求が含まれるセルフアサート技術プロファイルでは、出力要求はまったく表示されません。

基本ポリシー内に age 要求が出力要求として定義されている次の例を考えてみます。 セルフアサート技術プロファイルに表示要求を追加する前に、ユーザーからデータを収集するために、age 要求が画面に表示されます。

<TechnicalProfile Id="id">
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="age" />
  </OutputClaims>
</TechnicalProfile>

その後、基本を継承するリーフ ポリシーで、表示要求として officeNumber が指定された場合:

<TechnicalProfile Id="id">
  <DisplayClaims>
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="officeNumber" />
  </DisplayClaims>
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="officeNumber" />
  </OutputClaims>
</TechnicalProfile>

基本ポリシーの age 要求は、ユーザーの画面に表示されなくなり、効果的に "非表示" となります。age 要求を表示し、ユーザーから age 値を取得するには、ageDisplayClaim を追加する必要があります。

出力クレーム

OutputClaims 要素には、次のオーケストレーション手順に返される要求の一覧が含まれます。 DefaultValue 属性は、要求が設定されてない場合にのみ有効です。 前のオーケストレーション手順で設定されていた場合は、ユーザーが値を空白にした場合でも、既定値が有効になることはありません。 既定値の使用を強制するには、 AlwaysUseDefaultValue 属性をtrueに設定します。

セキュリティ上の理由により、パスワード要求の値 (UserInputTypePassword に設定) は、セルフ アサート技術プロファイルの検証技術プロファイルでのみ使用できます。 次のオーケストレーション手順では、パスワード要求を使用できません。

注意

Identity Experience Framework (IEF) の以前のバージョンでは、出力要求を使用してユーザーからデータを収集していました。 ユーザーからデータを収集するには、代わりに DisplayClaims コレクションを使用してください。

OutputClaimsTransformations 要素には、出力要求を修正したり新しい要求を生成するために使用される、OutputClaimsTransformation 要素のコレクションが含まれている場合があります。

いつ出力要求を使用すべきか

セルフアサート技術プロファイルでは、出力要求コレクションによって次のオーケストレーション手順に要求が返されます。

出力要求は、次の場合に使用します。

  • 要求が出力要求変換による出力の場合
  • 出力要求に既定値を設定する。ユーザーからデータを収集しない、または検証技術プロファイルからデータを返さない場合。 LocalAccountSignUpWithLogonEmailセルフ アサート技術プロファイルは、実行済みのセルフ アサート入力の要求をtrueに設定します。
  • 検証技術プロファイルは、出力要求を返します。 - 技術プロファイルは、いくつかの要求を返す検証技術プロファイルを呼び出すことがあります。 要求をバブルアップして、ユーザー体験の次のオーケストレーション ステップに戻すことができます。 たとえば、ローカル アカウントでサインインすると、SelfAsserted-LocalAccountSignin-Emailという名前のセルフ アサート技術プロファイルがlogin-NonInteractiveという名前の検証技術プロファイルを呼び出します。 この技術プロファイルは、ユーザーの資格情報を検証し、ユーザー プロファイルを返します。 'UserPrincipalName'、'displayName'、'givenName' および 'surName' など。
  • 表示コントロールによって出力要求が返される。技術プロファイルに表示コントロールへの参照を含めることができます。 表示コントロールによって、検証済みの電子メール アドレスなどの要求が返されます。 要求をバブルアップして、ユーザー体験の次のオーケストレーション ステップに戻すことができます。

次の例では、表示要求と出力要求の両方を使用するセルフアサート技術プロファイルの使用法を示します。

<TechnicalProfile Id="LocalAccountSignUpWithLogonEmail">
  <DisplayName>Email signup</DisplayName>
  <Protocol Name="Proprietary" Handler="Web.TPEngine.Providers.SelfAssertedAttributeProvider, Web.TPEngine, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null" />
  <Metadata>
    <Item Key="IpAddressClaimReferenceId">IpAddress</Item>
    <Item Key="ContentDefinitionReferenceId">api.localaccountsignup</Item>
    <Item Key="language.button_continue">Create</Item>
  </Metadata>
  <InputClaims>
    <InputClaim ClaimTypeReferenceId="email" />
  </InputClaims>
  <DisplayClaims>
    <DisplayClaim DisplayControlReferenceId="emailVerificationControl" />
    <DisplayClaim DisplayControlReferenceId="SecondaryEmailVerificationControl" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="displayName" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="givenName" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="surName" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="newPassword" Required="true" />
    <DisplayClaim ClaimTypeReferenceId="reenterPassword" Required="true" />
  </DisplayClaims>
  <OutputClaims>
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="email" Required="true" />
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="objectId" />
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="executed-SelfAsserted-Input" DefaultValue="true" />
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="authenticationSource" />
    <OutputClaim ClaimTypeReferenceId="newUser" />
  </OutputClaims>
  <ValidationTechnicalProfiles>
    <ValidationTechnicalProfile ReferenceId="AAD-UserWriteUsingLogonEmail" />
  </ValidationTechnicalProfiles>
  <UseTechnicalProfileForSessionManagement ReferenceId="SM-AAD" />
</TechnicalProfile>

出力要求サインアップまたはサインイン ページ

結合されたサインアップおよびサインイン ページで、unifiedssp または unifiedssd のページの種類を指定するコンテンツ定義 DataUri 要素を使用する場合、次の点に注意してください。

  • ユーザー名とパスワードの要求のみがレンダリングされます。
  • 最初の 2 つの出力要求は、ユーザー名とパスワード (この順序で) である必要があります。
  • その他の要求はすべてレンダリングされません。これらの要求については、defaultValue を設定するか、要求フォーム検証技術プロファイルを呼び出す必要があります。

永続化した要求

PersistedClaims 要素は使用されません。 セルフ アサート技術プロファイルでは、データが Azure AD B2C に保持されません。 代わりに、データの永続化を担当する検証技術プロファイルが呼び出されます。 たとえば、サインアップ ポリシーは、新しいユーザー プロファイルを収集するためにLocalAccountSignUpWithLogonEmailセルフ アサート技術プロファイルを使用します。 LocalAccountSignUpWithLogonEmail技術プロファイルは、Azure AD B2C でアカウントを作成するには、検証技術プロファイルを呼び出します。

検証技術プロファイル

検証技術プロファイルは、参照元の技術プロファイルの出力要求の一部またはすべてを検証するために使用されます。 検証技術プロファイルの入力要求は、セルフ アサート技術プロファイルの出力要求に表示される必要があります。 検証技術プロファイルは、ユーザー入力を検証し、ユーザーにエラーを返すことができます。

検証技術プロファイルは、Microsoft Entra IDREST API 技術プロファイルなど、ポリシー内の任意の技術プロファイルである場合があります。 前の例では、LocalAccountSignUpWithLogonEmail技術プロファイルは、signinName がディレクトリに存在しないことを検証します。 検証されていない場合、検証技術プロファイルは、ローカル アカウントを作成し、objectId、authenticationSource、新規ユーザーを返します。 SelfAsserted-LocalAccountSignin-Email技術プロファイルは、login-NonInteractive検証技術プロファイルを呼び出してユーザーの資格情報を検証します。

ビジネス ロジックで REST API の技術プロファイルを呼び出したり、入力要求を上書きします。または企業の基幹業務アプリケーションをさらに統合することによってユーザー データを充実することができます。 詳細については、検証技術プロファイルを参照してください

注意

検証技術プロファイルは、ユーザーからの入力がある場合にのみトリガーされます。 ValidationTechnicalProfile 要素の ContinueOnError 属性を利用するためだけに、検証技術プロファイルを呼び出す "" のセルフアサート技術プロファイルを作成することはできません。 ユーザーからの入力を要求するセルフアサート技術プロファイル、またはユーザー体験のオーケストレーション ステップからのみ、検証技術プロファイルを呼び出せます。

Metadata

属性 必須 説明
setting.operatingMode 1 いいえ サインイン ページのために、このプロパティは、入力検証とエラー メッセージなど [ユーザー名] フィールドの動作を制御します。 期待される値はUsernameまたはEmailです。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
AllowGenerationOfClaimsWithNullValues いいえ null 値を含む要求を生成することを許可します。 たとえば、ユーザーがチェックボックスをオンにしていない場合などです。
ContentDefinitionReferenceId はい コンテンツ定義の識別子は、この技術プロファイルに関連付けられています。
EnforceEmailVerification いいえ サインアップまたはプロファイルの編集のために、電子メールの検証を強制します。 指定できる値は true(既定値) またはfalseです。
setting.retryLimit いいえ ユーザーが検証技術プロファイルに対してチェックされたデータを提供しようとする回数を制御します。 たとえば、ユーザーは既に存在し、制限に達するまで試行し続けているアカウントでサインアップしようとします。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
SignUpTarget 1 いいえ サインアップターゲットの交換識別子。 ユーザーがサインアップ ボタンをクリックすると、Azure AD B2C は、指定された交換識別子を実行します。
setting.showCancelButton いいえ [キャンセル] ボタンが表示されます。 指定できる値は true(既定値) またはfalseです。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
setting.showContinueButton いいえ [続行する] ボタンが表示されます。 指定できる値は true(既定値) またはfalseです。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
setting.showSignupLink 2 いいえ サインアップ ボタンが表示されます。 指定できる値は true(既定値) またはfalseです。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
setting.forgotPasswordLinkLocation 2 いいえ パスワードを忘れた場合のリンクを表示します。 使用可能な値: AfterLabel (既定) では、ラベルの直後にリンクが表示されます。ラベルがない場合はパスワード入力フィールドの後にリンクが表示されます。AfterInput では、パスワード入力フィールドの後にリンクが表示されます。AfterButtons では、フォーム下部のボタンの後にリンクが表示されます。None では、パスワードを忘れた場合のリンクは削除されます。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
setting.enableRememberMe 2 いいえ [サインインしたままにする] チェックボックスを表示します。 指定できる値: true または false (既定値)。 このメタデータのライブ デモ
setting.inputVerificationDelayTimeInMilliseconds 3 いいえ ユーザーが入力を停止するのを待って、値を検証することで、ユーザー エクスペリエンスを向上させます。 既定値は、2000 ミリ秒です。 このメタデータのライブ デモをご覧ください。
IncludeClaimResolvingInClaimsHandling いいえ 入力と出力の要求について、要求の解決を技術プロファイルに含めるかどうかを指定します。 指定できる値: true または false (既定値)。 技術プロファイルで要求リゾルバーを使用する場合は、これを true に設定します。
setting.forgotPasswordLinkOverride 4 いいえ 実行されるパスワード リセット要求の交換。 詳細については、「セルフサービス パスワード リセット」を参照してください。
setting.enableCaptchaChallenge いいえ CAPTCHA チャレンジ コードを表示するかどうかを指定します。 指定できる値: true または false (既定値)。 この設定を機能させるには、自己アサート技術プロファイルの表示要求CAPTCHA 表示コントロールを参照する必要があります。 CAPTCHA 機能はパブリック プレビュー段階 です

注:

  1. コンテンツ定義 DataUriunifiedsspまたはunifiedssdの種類に使用できます。
  2. コンテンツ定義 DataUriunifiedsspまたはunifiedssdの種類に使用できます。 ページ レイアウトバージョン 1.1.0 以降。
  3. ページ レイアウト バージョン 1.2.0 以降に使用できます。
  4. コンテンツ定義 DataUriunifiedssp の種類に使用できます。 ページ レイアウト バージョン 2.1.2 以降。

暗号化キー

CryptographicKeys 要素は使用されません。