Share via


制限とクォータ

Custom Vision Service にはキーの層が 2 つあります。 Azure portal を通じて F0 (Free) または S0 (Standard) サブスクリプションにサインアップすることができます。 このページでは、各層の制限事項について説明します。 価格とトランザクションの詳細については、Azure AI サービスの価格ページを参照してください。

要素 F0 (free) S0 (standard)
プロジェクト 2 100
プロジェクトあたりのトレーニング画像 5,000 100,000
予測/月 10,000 無制限
タグ/プロジェクト 50 500
イテレーション 20 20
タグあたりの最小ラベル付き画像、分類 (50+ 推奨) 5 5
タグあたりの最小ラベル付き画像、物体検出 (50+ 推奨) 15 15
予測画像の保存期間 30 日 30 日
予測操作、ストレージあり (秒あたりトランザクション) 2 10
予測操作、ストレージなし (秒あたりトランザクション) 2 20
TrainProject (秒あたり API 呼び出し) 2 10
その他の API 呼び出し (秒あたりトランザクション) 10 10
許容される画像の種類 jpg、png、bmp、gif jpg、png、bmp、gif
画像の高さ/幅 (ピクセル単位) の最小値 256 (注を参照) 256 (注を参照)
画像の高さ/幅 (ピクセル単位) の最大値 10,240 10,240
最大画像サイズ (トレーニング画像アップロード) 6 MB 6 MB
最大画像サイズ (予測) 4 MB 4 MB
イメージあたりの最大領域数 (物体検出) 300 300
イメージあたりの最大タグ数 (分類) 100 100

Note

256 ピクセルより小さい画像は受け入れられますが、アップスケールされます。

Note

画像の縦横比を 25:1 より大きくすることはできません。