プロジェクトと質問応答ペアを移動する

注意

この記事では、プロジェクトとソースを、ある言語リソースから別の言語リソースにエクスポートして移動するプロセスについて説明します。

次のようないくつかの理由で、プロジェクトまたはソースのコピーを作成することが必要になる場合があります。

  • バックアップと復元のプロセスを導入する
  • CI/CD パイプラインと統合する
  • データを別のリージョンに移動する

前提条件

  • Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。
  • Azure portal でカスタム質問と回答機能が有効になっている言語リソース。 リソースを作成したときに選んだ Microsoft Entra ID、サブスクリプション、Language リソース名を覚えておいてください。

プロジェクトをエクスポートする

プロジェクトをエクスポートすると、1 つのプロジェクト内に含まれるすべての質問応答ソースをバックアップできます。

  1. Language Studio にサインインします。
  2. プロジェクトの移動先の言語リソースを選択します。
  3. カスタム質問応答サービスに移動します。 [プロジェクト] ページには、2 つのエクスポート形式 (Excel または TSV) のオプションがあります。 これにより、ファイルの内容が決定されます。 ファイル自体は、プロジェクトのコンテンツを含む .zip ファイルとしてエクスポートされます。
  4. プロジェクトは 1 つずつしかエクスポートできません。

プロジェクトをインポートする

  1. 言語リソースを選択します。これは、以前にエクスポートしたプロジェクトの移行先になります。
  2. カスタム質問応答サービスに移動します。 [プロジェクト] ページで [インポート] を選択し、エクスポートを選択したときに使用した形式を選択します。 次に、エクスポートしたプロジェクトを含むローカルの .zip ファイルを参照します。 新しくインポートするプロジェクトの名前を入力し、 [完了] を選択します。

リソースをエクスポートする

  1. 個々の質問応答ソースを移動先の言語リソースを選択します。
  2. エクスポートする質問と回答のソースを含むプロジェクトを選択します。
  3. [プロジェクトの編集] ページで、ツール バーの [リッチ テキストの有効化] の右側にある省略記号 [...] アイコンを選びます。 エクスポートのオプションは、Excel または TSV のいずれかです。

質問と回答をインポートする

  1. 言語リソースを選択します。これは、以前にエクスポートした質問と回答のソースの移行先になります。
  2. 質問と回答のソースをインポートするプロジェクトを選択します。
  3. [プロジェクトの編集] ページで、ツール バーの [リッチ テキストの有効化] の右側にある省略記号 [...] アイコンを選びます。 インポートのオプションは、Excel または TSV ファイルのいずれかです。
  4. [ファイルの選択] オプションを使用してファイルのローカルの場所を参照し、 [完了] を選択します。

テスト

[プロジェクトの編集] ページのツール バーから [テスト] オプションを選んでテスト パネルを起動し、質問応答のソースをテストします。 プロジェクトをテストする方法を確認します。

配置

プロジェクトをデプロイして、チャットボットを作成します。 プロジェクトをデプロイする方法を確認します。

チャット ログ

プロジェクトを使用してチャット ログを移動する方法はありません。 診断ログが有効になっている場合、チャット ログは関連付けられている Azure Monitor リソースに格納されます。

次のステップ