次の方法で共有


カスタム コマンドとは

重要

Custom Commands は 2026 年 4 月 30 日に廃止される予定です。 2023 年 10 月 30 日以降、Speech Studio で新しい Custom Commands アプリケーションを作成することはできません。 この変更に関連して、LUIS は 2025 年 10 月 1 日に廃止される予定です。 2023 年 4 月 1 日以降、新しい LUIS リソースを作成することはできません。

音声アシスタントなどのアプリケーションでは、ユーザーの音声を聞き取り、応答としてアクションを実行します (多くの場合は、音声で応答します)。 これは、音声テキスト変換を使用してユーザーの音声を文字に変換し、そのテキストの自然言語理解に対してアクションを実行します。 このアクションには、多くの場合、テキスト読み上げで生成されたアシスタントからの音声出力が含まれます。 デバイスは、Speech SDK の DialogServiceConnector オブジェクトを使用してアシスタントに接続されます。

カスタム コマンドを使用すると、音声優先の対話操作を行うために最適化された、リッチな音声コマンド処理アプリを簡単に構築できます。 これにより、統一された作成エクスペリエンスと自動ホスティング モデルが提供され、複雑さが比較的少なくなります。 Custom Commands を使用すると、音声コマンド処理シナリオに最適なソリューションの構築に専念できるようになります。

Custom Commands は、タスクの実行、または "天井の照明をオンにする" や "5 度暖かくする" などのコマンドと制御のシナリオに最適です。 Custom Commands は、モノのインターネット (IoT) デバイス、アンビエント デバイス、ヘッドレス デバイスに適しています。 たとえば、お客様に機械音声でサービスを提供する接待、小売、自動車産業向けのソリューション、店舗内の在庫管理、車載機能です。

複雑な会話アプリの構築に関心をお持ちの場合は、仮想アシスタント ソリューションを使用して Bot Framework を試すことをお勧めします。 Direct Line Speech を使用すると、任意の Bot Framework ボットに音声を追加できます。

カスタム コマンドの適切な候補には、適切に定義された変数セットを持つ固定の語彙があります。 たとえば、サーモスタットの制御などのホーム オートメーションのタスクが理想的です。

Examples of task completion scenarios

カスタム コマンドの使用の開始

カスタム コマンドの目的は、認識の負荷を軽減してさまざまなテクノロジを学習し、音声コマンド アプリの構築に専念することです。 Custom Commands を使用する最初の手順は、Speech リソースを作成することです。 Speech Studio 上にご自分のカスタム コマンド アプリを作成して発行することができます。その後、デバイス上のアプリケーションが Speech SDK を使用してそれと通信できるようになります。

カスタム コマンドの作成フロー

Authoring flow for Custom Commands

クイックスタートに従うと、最初のカスタム コマンド アプリの実行コードを 10 分もかからずに作成することができます。

クイック スタートを完了したら、操作方法ガイドを参照して、カスタム コマンド アプリケーションを設計、開発、デバッグ、デプロイ、統合するための詳細な手順を確認してください。

カスタム コマンドを使用した音声アシスタントの構築

次のステップ