次の方法で共有


Automation における Runbook の入力パラメーターを構成する

Runbook の入力パラメーターを使用すると、開始時にデータを渡すことができるため、Runbook の柔軟性が向上します。 これらのパラメーターにより、Runbook アクションの対象を特定のシナリオや環境に設定できます。 この記事では、Runbook での入力パラメーターの構成と使用について説明します。

PowerShell、PowerShell Workflow、グラフィカル、および Python の Runbook の入力パラメーターを構成できます。 Runbook にはデータ型の異なる複数のパラメーターを指定することも、パラメーターを指定しないこともできます。 入力パラメーターには必須と任意があります。任意のパラメーターには既定値を使用できます。

Runbook の入力パラメーターは、それを起動するときに値を割り当てます。 Runbook は、Azure portal、Web サービス、または PowerShell から開始できます。 また、別の Runbook のインラインで呼び出される子 Runbook として Runbook を起動することもできます。

入力型

Azure Automation では、さまざまな Runbook タイプのさまざまな入力パラメーター値がサポートされます。 Runbook の種類ごとにサポートされている入力の種類を次の表に示します。

Runbook の種類 サポートされているパラメーター入力
PowerShell - 文字列
- Security.SecureString
- INT32
- ブール値
- DateTime
- 配列
- Collections.Hashtable
- Management.Automation.SwitchParameter
PowerShell ワークフロー - 文字列
- Security.SecureString
- INT32
- ブール値
- DateTime
- 配列
- Collections.Hashtable
- Management.Automation.SwitchParameter
グラフィック PowerShell - 文字列
- INT32
- INT64
- ブール値
- 10 進
- DateTime
- オブジェクト
Python - 文字列

PowerShell Runbook の入力パラメーターを構成する

Azure Automation の PowerShell と PowerShell Workflow Runbook では、次のプロパティで定義されている入力パラメーターがサポートされます。

プロパティ 説明
Type 必須。 データ型はパラメーター値に必要です。 .NET 型はすべて有効です。
名前 必須。 パラメーターの名前。 この名前は Runbook 内で一意にする必要があります。また、文字で始まる必要があり、文字、数字、またはアンダースコア文字のみを含めることができます。
Mandatory 省略可能。 ブール値により、パラメーターに値が必要かどうか指定されます。 これを True に設定した場合、Runbook の起動時に値を指定する必要があります。 これを False に設定した場合、値は任意になります。 Mandatory プロパティの値を指定しない場合、PowerShell では既定で入力パラメーターが任意と見なします。
規定値 省略可能。 Runbook の起動時に入力値が渡されない場合にパラメーターに使用される値。 Runbook では、任意のパラメーターの既定値を設定できます。

Windows PowerShell では、検証、エイリアス、パラメーター セットなど、上記のものよりも多くの入力パラメーターの属性がサポートされています。 しかし、Azure Automation では、現在のところ、一覧にある入力パラメーター プロパティのみがサポートされています。

例として、PowerShell Workflow Runbook のパラメーター定義を見てみましょう。 この定義には、次の一般的な形式があります。複数のパラメーターはコンマで区切ります。

Param
(
  [Parameter (Mandatory= $true/$false)]
  [Type] $Name1 = <Default value>,

  [Parameter (Mandatory= $true/$false)]
  [Type] $Name2 = <Default value>
)

ここで、仮想マシン (1 台の VM またはリソース グループ内の全 VM) の詳細を出力する PowerShell Workflow Runbook の入力パラメーターを構成します。 この Runbook には、次のスクリーンショットのとおり、仮想マシン名 (VMName) とリソース グループ名 (resourceGroupName) の 2 つのパラメーターがあります。

Automation PowerShell Workflow

このパラメーター定義では、入力パラメーターは文字列型の単純なパラメーターです。

PowerShell と PowerShell Workflow Runbook では、ObjectPSCredential などのすべての単純型と複合型の入力パラメーターをサポートしていることに留意してください。 Runbook にオブジェクト入力パラメーターがある場合は、名前と値のペアを持つ PowerShell ハッシュテーブルを使用して値を渡す必要があります。 たとえば、Runbook に次のパラメーターがあるとします。

[Parameter (Mandatory = $true)]
[object] $FullName

この場合、パラメーターに次の値を渡すことができます。

@{"FirstName"="Joe";"MiddleName"="Bob";"LastName"="Smith"}

PowerShell 7.1 Runbook の場合は、配列入力パラメーターを次の形式で指定します。

名前 Value
TESTPARAMETER does、this、even、work

Note

null の既定値を指定して省略可能な文字列パラメーターに値を渡さない場合、パラメーターの値は Null ではなく空の文字列になります。

グラフィカル Runbook の入力パラメーターを構成する

グラフィカル Runbook の入力パラメーターの構成を説明するために、仮想マシン (1 台の VM またはリソース グループ内の全 VM) の詳細を出力する Runbook を作成します。 詳細については、「初めてのグラフィカルな Runbook」を参照してください。

グラフィカル Runbook では、次の主要な Runbook アクティビティが使用されます。

  • Automation アカウント用に構成されたマネージド ID を使用して、Azure で認証します。
  • VM プロパティを取得する Get-AzVM コマンドレットの定義。
  • Write-Output アクティビティの使用による VM 名の出力。

Get-AzVM アクティビティでは、VM 名とリソース グループ名の 2 つの入力を定義します。 これらの名前は Runbook を開始するたびに異なる可能性があるため、これらの入力を受け入れるには、Runbook に入力パラメーターを追加する必要があります。 「Azure Automation でのグラフィカル作成」を参照してください。

入力パラメーターを構成するには、次の手順に従います。

  1. [Runbook] ページからグラフィカル Runbook を選択し、[編集] をクリックします。

  2. グラフィカル エディターで、[入力と出力] ボタンをクリックし、次に [入力の追加] をクリックして、[Runbook 入力パラメーター] ペインを開きます。

    Automation graphical runbook

  3. [入力と出力] コントロールには、Runbook に定義されている入力パラメーターの一覧が表示されます。 ここで、新しい入力パラメーターを追加したり、既存の入力パラメーターの構成を編集したりすることができます。 Runbook に新しいパラメーターを追加するには、[入力の追加] をクリックして [Runbook 入力パラメーター] ブレードを開きます。ここで、「Azure Automation でのグラフィカル作成」で定義されているプロパティを使用してパラメーターを構成できます。

    Add new input

  4. Get-AzVM アクティビティで使用される 2 つのパラメーターを次のプロパティで作成し、[OK] をクリックします。

    • パラメーター 1:

      • 名前 -- VMName
      • -- 文字列
      • 必須 -- いいえ
    • パラメーター 2:

      • 名前 -- resourceGroupName
      • -- 文字列
      • 必須 -- いいえ
      • 既定値 -- カスタム
      • カスタム既定値 -- VM を含むリソース グループの名前
  5. [入力と出力] コントロールでパラメーターを確認します。

  6. もう一度 [OK] をクリックし、次に [保存] をクリックします。

  7. [発行] をクリックして、Runbook を発行します。

Python Runbook の入力パラメーターを構成する

PowerShell、PowerShell Workflow、およびグラフィカル Runbook とは異なり、Python Runbook は名前付きパラメーターを取りません。 Runbook エディターでは、すべての入力パラメーターは引数値の配列として解析されます。 sys モジュールをお使いの Python スクリプトにインポートし、sys.argv 配列を使用することで、配列にアクセスできます。 配列の最初の要素 sys.argv[0] はスクリプトの名前であることに注意してください。 したがって、最初の実際の入力パラメーターは sys.argv[1] です。

Python Runbook で入力パラメーターを使用する方法の例は、「My first Python runbook in Azure Automation (初めての Azure Automation の Python Runbook)」をご覧ください。

Note

スペースを含む引数は現在サポートされていません。 回避策として、\\n に加えて \\t も使用できます。

Runbook の入力パラメーターに値を割り当てる

このセクションでは、Runbook の入力パラメーターに値を渡すいくつかの方法について説明します。 次の場合にパラメーター値を割り当てることができます。

Runbook を起動し、パラメーターを割り当てる

Runbook は、Azure portal、Webhook、PowerShell コマンドレット、REST API、SDK など、さまざまな方法で起動できます。

Azure portal を使用して公開済み Runbook を起動し、パラメーターを割り当てる

Azure portal で Runbook を起動すると、[Runbook の開始] ブレードが開き、作成したパラメーターの値を入力できます。

Start using the portal

入力ボックスの下にあるラベルでは、パラメーター属性を定義するために設定されたプロパティ (必須/任意、型、既定値など) を確認できます。 パラメーター名の横にあるヘルプ バルーンでは、パラメーター入力値を決定するために必要となる重要な情報も定義されています。

Note

文字列パラメーターでは、文字列型の空の値がサポートされています。 入力パラメーター ボックスに「[EmptyString]」と入力すると、空の文字列がパラメーターに渡されます。 また、文字列パラメーターでは Null がサポートされていません。 文字列パラメーターに何の値も渡さないと、PowerShell はそれを Null として解釈します。

PowerShell コマンドレットを使用して公開済み Runbook を起動し、パラメーターを割り当てる

  • Azure Resource Manager コマンドレット: Start-AzAutomationRunbook を使用して、リソース グループに作成された Automation Runbook を起動できます。

       $params = @{"VMName"="WSVMClassic";"resourceGroupeName"="WSVMClassicSG"}
    
       Start-AzAutomationRunbook -AutomationAccountName "TestAutomation" -Name "Get-AzureVMGraphical" –ResourceGroupName $resourceGroupName -Parameters $params
    
  • Azure クラシック デプロイ モデルのコマンドレット:Start-AzureAutomationRunbook を使用して、既定のリソース グループに作成された Automation Runbook を起動できます。

       $params = @{"VMName"="WSVMClassic"; "ServiceName"="WSVMClassicSG"}
    
       Start-AzureAutomationRunbook -AutomationAccountName "TestAutomation" -Name "Get-AzureVMGraphical" -Parameters $params
    

Note

PowerShell コマンドレットを使用して Runbook を起動すると、既定のパラメーター MicrosoftApplicationManagementStartedBy が値 PowerShell で作成されます。 このパラメーターは [ジョブの詳細] ペインで表示できます。

SDK を使用して Runbook を起動し、パラメーターを割り当てる

  • Azure Resource Manager メソッド: プログラミング言語の SDK を利用して Runbook を起動できます。 以下は、Automation アカウントで Runbook を起動する C# コード スニペットです。 完全なコードは、 GitHub リポジトリにあります。

    public Job StartRunbook(string runbookName, IDictionary<string, string> parameters = null)
    {
      var response = AutomationClient.Jobs.Create(resourceGroupName, automationAccount, new JobCreateParameters
      {
        Properties = new JobCreateProperties
        {
          Runbook = new RunbookAssociationProperty
          {
            Name = runbookName
          },
          Parameters = parameters
        }
      });
      return response.Job;
    }
    
  • Azure クラシック デプロイ モデルのメソッド: プログラミング言語の SDK を利用して Runbook を起動できます。 以下は、Automation アカウントで Runbook を起動する C# コード スニペットです。 完全なコードは、 GitHub リポジトリにあります。

    public Job StartRunbook(string runbookName, IDictionary<string, string> parameters = null)
    {
      var response = AutomationClient.Jobs.Create(automationAccount, new JobCreateParameters
      {
        Properties = new JobCreateProperties
        {
          Runbook = new RunbookAssociationProperty
          {
            Name = runbookName
          },
          Parameters = parameters
        }
      });
      return response.Job;
    }
    

    このメソッドを開始するには、Runbook パラメーターの VMName および resourceGroupName とそれらの値を保存するディクショナリを作成します。 次に、Runbook を起動します。 以下は、上で定義したメソッドを呼び出す C# コード スニペットです。

    IDictionary<string, string> RunbookParameters = new Dictionary<string, string>();
    
    // Add parameters to the dictionary.
    RunbookParameters.Add("VMName", "WSVMClassic");
    RunbookParameters.Add("resourceGroupName", "WSSC1");
    
    //Call the StartRunbook method with parameters
    StartRunbook("Get-AzureVMGraphical", RunbookParameters);
    

REST API を使用して Runbook を起動し、パラメーターを割り当てる

PUT メソッドと次の要求 URI を使用することで、Azure Automation REST API で Runbook ジョブを作成し、起動できます。https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Automation/automationAccounts/{automationAccountName}/jobs/{jobName}?api-version=2017-05-15-preview

要求 URI で、次のパラメーターを置き換えます。

  • subscriptionId:お使いの Azure サブスクリプション ID。
  • resourceGroupName: Automation アカウントのリソース グループの名前。
  • automationAccountName: 指定したクラウド サービス内でホストされている Automation アカウントの名前。
  • jobName: ジョブの GUID。 PowerShell の GUID は [GUID]::NewGuid().ToString()* を使用して作成できます。

Runbook ジョブにパラメーターを渡すには、要求本文を使用します。 これは、JSON 形式で提供される次の情報を受け取ります。

  • Runbook 名: 必須。 開始するジョブの Runbook の名前。
  • Runbook パラメーター: 任意。 (名前、値) 形式のパラメーター リストのディクショナリ。名前は文字列型にする必要があります。値には任意の有効な JSON 値を指定できます。

VMNameresourceGroupName をパラメーターとする作成済みの Get-AzureVMTextual Runbook を起動するには、要求本文に次の JSON 形式を使用します。

    {
      "properties":{
        "runbook":{
        "name":"Get-AzureVMTextual"},
      "parameters":{
         "VMName":"WindowsVM",
         "resourceGroupName":"ContosoSales"}
        }
    }

ジョブが正常に作成されると、HTTP 状態コード 201 が返されます。 応答ヘッダーと応答本文の詳細については、REST API を使用した Runbook ジョブの作成に関する記事を参照してください。

Runbook をテストし、パラメーターを割り当てる

テスト オプションを使用して、ご自分の Runbook のドラフト バージョンをテストする場合、[テスト] ページが開きます。 このページを使用して、作成したパラメーターの値を構成します。

Test and assign parameters

Runbook を特定の時刻に開始するために、Runbook にスケジュールをリンクできます。 スケジュールを作成するときに、入力パラメーターを割り当てます。スケジュールで Runbook が起動されるときに、それらの値が使用されます。 必須のパラメーター値をすべて指定しないと、スケジュールは保存できません。

Schedule and assign parameters

Runbook の Webhook を作成し、パラメーターを割り当てる

Runbook の Webhook を作成し、Runbook 入力パラメーターを構成できます。 必須のパラメーター値をすべて指定しないと、Webhook は保存できません。

Create webhook and assign parameters

Webhook を使用して Runbook を実行すると、定義済みの入力パラメーター [WebhookData](automation-webhooks.md) が、定義した入力パラメーターと共に送信されます。

WebhookData parameter

Runbook に JSON オブジェクトを渡す

Runbook に渡すデータを JSON ファイルに格納すると便利な場合があります。 たとえば、Runbook に渡すすべてのパラメーターを含む JSON ファイルを作成できます。 これを行うには、JSON コードを文字列に変換し、その文字列を PowerShell オブジェクトに変換してから、それを Runbook に渡す必要があります。

このセクションでは、 PowerShell スクリプトで Start-AzAutomationRunbookk を呼び出して PowerShell Runbook を起動し、JSON ファイルの内容を Runbook に渡す例を使用します。 PowerShell Runbook は、JSON オブジェクトから VM のパラメーターを取得することで、Azure VM を起動します。

JSON ファイルの作成

テキスト ファイルに次のコードを入力し、それをご自分のローカル コンピューター上のどこかに test.json として保存します。

{
   "VmName" : "TestVM",
   "ResourceGroup" : "AzureAutomationTest"
}

Runbook の作成

Azure Automation で Test-Json という名前の新しい PowerShell Runbook を作成します。

JSON データを受け入れるには、Runbook は、入力パラメーターとしてオブジェクトを受け取る必要があります。 これにより、Runbook は JSON ファイルで定義されたプロパティを使用できるようになります。

Param(
     [parameter(Mandatory=$true)]
     [object]$json
)

# Ensures you do not inherit an AzContext in your runbook
Disable-AzContextAutosave -Scope Process

# Connect to Azure with system-assigned managed identity
$AzureContext = (Connect-AzAccount -Identity).context

# set and store context
$AzureContext = Set-AzContext -SubscriptionName $AzureContext.Subscription -DefaultProfile $AzureContext

# Convert object to actual JSON
$json = $json | ConvertFrom-Json

# Use the values from the JSON object as the parameters for your command
Start-AzVM -Name $json.VMName -ResourceGroupName $json.ResourceGroup -DefaultProfile $AzureContext

Runbook をシステム割り当てマネージド ID で実行する場合は、コードをそのままにしておきます。 ユーザー割り当てマネージド ID を使用する場合は、次のようにします。

  1. 行 10 から $AzureContext = (Connect-AzAccount -Identity).context を削除します。
  2. それを $AzureContext = (Connect-AzAccount -Identity -AccountId <ClientId>).context に置き換えた後、
  3. クライアント ID を入力します。

Automation アカウントでこの Runbook を保存して公開します。

PowerShell からの Runbook の呼び出し

Azure PowerShell を使用して、ローカル コンピューターから Runbook を呼び出すことができるようになりました。

  1. 示されているように Azure にサインインします。 その後、Azure 資格情報を入力するよう求められます。

    Connect-AzAccount
    

    Note

    PowerShell Runbook の場合、Add-AzAccountAdd-AzureRMAccountConnect-AzAccount の別名です。 これらの別名は、グラフィカル Runbook では使用できないことに注意してください。 グラフィカルな Runbook で使用できるのは、Connect-AzAccount 自体のみです。

  2. 保存された JSON ファイルの内容を取得して文字列に変換します。 JsonPath は、JSON ファイルを保存した場所へのパスです。

    $json =  (Get-content -path 'JsonPath\test.json' -Raw) | Out-string
    
  3. $json の文字列の内容を PowerShell オブジェクトに変換します。

    $JsonParams = @{"json"=$json}
    
  4. Start-AzAutomationRunbook のパラメーターのハッシュテーブルを作成します。

    $RBParams = @{
         AutomationAccountName = 'AATest'
         ResourceGroupName = 'RGTest'
         Name = 'Test-Json'
         Parameters = $JsonParams
    }
    

    JSON ファイルの値を含む PowerShell オブジェクトに Parameters の値を設定していることに注意してください。

  5. Runbook を開始します。

    $job = Start-AzAutomationRunbook @RBParams
    

次のステップ