Share via


Durable Functions の型と機能

Durable Functions は Azure Functions の拡張機能です。 Durable Functions は、関数実行のステートフル オーケストレーションに使用できます。 持続的関数アプリとはさまざまな Azure 関数で構成されるソリューションです。 Functions は永続関数のオーケストレーションでさまざまな役割を果たすことができます。

現在、Azure Functions には、アクティビティ、オーケストレーター、エンティティ、クライアントという 4 種類の持続的関数があります。 このセクションの残りの部分では、オーケストレーションに関係する関数の種類について詳しく説明します。

オーケストレーター関数

オーケストレーター関数は、アクションが実行される方法とアクセスの実行順序を記述します。 オーケストレーター関数は、Durable Functions のアプリケーション パターンに関するページにあるように、コード (C# または JavaScript) でオーケストレーションを表現します。 1 つのオーケストレーションに、アクティビティ関数サブオーケストレーション外部イベントの待ち受けHTTPタイマーなど、さまざまな種類のアクションを設定できます。 Orchestrator 関数は、エンティティ関数とやりとりすることもできます。

Note

オーケストレーター関数は通常のコードを使用して記述されますが、コードの記述方法については厳密な要件があります。 具体的には、オーケストレーター関数のコードは決定的である必要があります。 これらの決定性の要件に従わないと、オーケストレーター関数が正しく動作しない可能性があります。 これらの要件とその対処方法の詳細については、コードの制約に関するトピックを参照してください。

オーケストレーター関数とその機能の詳細については、「永続的オーケストレーション」の記事を参照してください。

アクティビティ関数

アクティビティ関数は、永続関数オーケストレーションの基本作業単位です。 アクティビティ関数は、プロセスでオーケストレーションされる関数とタスクです。 たとえば、注文を処理するオーケストレーター関数を作成する場合があります。 このタスクには、在庫の確認、顧客への課金、および出荷の手配が含まれます。 それぞれのタスクが別個のアクティビティ関数になります。 これらのアクティビティ関数は、順次、並列、またはその両方の組み合わせで実行できます。

オーケストレーター関数とは異なり、アクティビティ関数には、その中で実行できる作業の種類について制限がありません。 アクティビティ関数は、ネットワーク呼び出しを行ったり、CPU 負荷の高い操作を実行したりするためによく使用されます。 アクティビティ関数は、オーケストレーターに値を返すこともできます。 Durable Task Framework によって、呼び出された各アクティビティ関数がオーケストレーションの実行中に "少なくとも 1 回" 実行されることが保証されます。

Note

アクティビティ関数は "少なくとも 1 回" の実行を保証するのみであるため、可能な限りアクティビティ関数のロジックを "べき等" にすることをお勧めします。

アクティビティ関数を定義するには、アクティビティ トリガーを使用します。 .NET 関数は DurableActivityContext をパラメーターとして受け取ります。 トリガーを他の JSON シリアル化可能オブジェクトにバインドして、入力を関数に渡すこともできます。 JavaScript では、context.bindings オブジェクト<activity trigger binding name> プロパティを介して入力にアクセスできます。 アクティビティ関数に渡すことができる値は 1 つだけです。 複数の値を渡すには、タプル、配列、または複合型を使用する必要があります。

Note

アクティビティ関数は、オーケストレーター関数からのみトリガーできます。

エンティティ関数

エンティティ関数では、状態の小さな部分の読み取りと更新のための操作を定義します。 これらのステートフル エンティティは、"持続エンティティ" と呼ばれることがよくあります。 オーケストレーター関数と同様、エンティティ関数は特殊なトリガー型である "エンティティ トリガー" を含む関数です。 これらは、クライアント関数またはオーケストレーター関数から呼び出すこともできます。 オーケストレーター関数とは異なり、エンティティ関数には特定のコードの制約はありません。 また、エンティティ関数では、制御フローを介して状態を表す暗黙的ではなく、明示的に状態が管理されます。

Note

エンティティ関数と関連する機能は Durable Functions 2.0 以降でのみ使用できます。

エンティティ関数の詳細については、持続エンティティに関する記事を参照してください。

クライアント関数

オーケストレーター関数はオーケストレーション トリガー バインディングによってトリガーされ、エンティティ関数はエンティティ トリガー バインディングによってトリガーされます。 これらのトリガーはどちらも、タスク ハブにエンキューされているメッセージに反応することによって機能します。 これらのメッセージを配信する主な方法は、"クライアント関数" 内からオーケストレーター クライアント バインディングまたはエンティティ クライアント バインディングを使用する方法です。 オーケストレーター以外の関数は、"クライアント関数" にすることができます。 たとえば、オーケストレーターは、HTTP によってトリガーされる関数や Azure Event Hub によってトリガーされる関数などからトリガーできます。関数を "クライアント関数" にするのは、持続的クライアント出力バインディングの使用です。

Note

他の関数タイプとは異なり、オーケストレーター関数とエンティティ関数は、Azure portal のボタンを使用して直接トリガーすることはできません。 Azure portal でオーケストレーターまたはエンティティ関数をテストする場合は、実装の一部としてオーケストレーターまたはエンティティ関数を開始する "クライアント関数" を代わりに実行する必要があります。 最も簡単なテスト エクスペリエンスを実現するには、"手動トリガー" 関数をお勧めします。

オーケストレーターまたはエンティティ関数をトリガーするだけでなく、持続的クライアント バインディングを使用して、実行中のオーケストレーションおよびエンティティと対話できます。 たとえば、オーケストレーションに対してクエリを実行したり、オーケストレーションを終了したりできます。また、オーケストレーションに対してイベントを生成することもできます。 オーケストレーションとエンティティの管理の詳細については、インスタンスの管理に関する記事を参照してください。

次のステップ

開始するには、C#JavaScriptPythonPowerShell、または Java で最初の持続的な関数を作成してください。