Azure Maps とは

Azure Maps は、最新のマッピング データを使用して、地理的なコンテキストを Web とモバイル アプリケーションに提供する一連の地理空間サービスおよび SDK です。 Azure Maps は以下を提供します。

  • 複数のスタイルと衛星画像でベクター マップおよびラスター マップをレンダリングするための REST API。
  • プライベートな屋内マップ データに基づいてマップを作成およびレンダリングするためのクリエーター サービス。
  • 世界中の住所、場所、および目的地を見つけるための検索サービス。
  • ポイント間、マルチポイント、マルチポイント最適化、等時線、電気自動車、商用車、影響を受ける交通、マトリックス ルーティングなど、さまざまなルーティングのオプション。
  • リアルタイムの交通情報を必要とするアプリケーション向けのトラフィック フロー ビューとインシデント ビュー。
  • タイム ゾーンと位置情報サービス。
  • 数値標高モデルを使用した Elevation Service
  • Azure 内でホストされている位置情報を使用した、ジオフェンシング サービスとマッピング データ ストレージ。
  • 地理空間分析による位置情報インテリジェンス。

加えて、Azure Maps サービスは、Web SDK および Android SDK を介して使用できます。 これらのツールは、開発者が、位置情報を Azure ソリューションに統合するソリューションの開発とスケーリングを迅速に行うのに役立ちます。

無料の Azure Maps アカウントにサインアップして、開発を始めることができます。

次の動画では、Azure Maps について詳しく説明しています。


マップ コントロール

Web SDK

Azure Maps Web SDK では、独自のコンテンツや映像を使用して、インタラクティブ マップをカスタマイズすることができます。 この対話型マップは、Web とモバイル アプリケーションの両方に使用できます。 このマップ コントロールには、WebGL が利用されているため、大きなデータ セットをハイ パフォーマンスでレンダリングすることができます。 SDK で JavaScript または TypeScript を使用して開発できます。

Azure Maps Web SDK を使用して作成された人口変動のマップの例

Android SDK

Azure Maps Android SDK は、モバイル マッピング アプリケーションの作成に使用します。

モバイル デバイス上のマップの例

Azure Maps のサービス

Azure Maps は、Azure アプリケーションに地理的なコンテキストを提供できる以下のサービスで構成されます。

データ サービス

データはマップに不可欠です。 Data Service は、空間演算や画像合成で使用する地理空間データをアップロードおよび格納するために使用します。 お客様のデータを Azure Maps サービスに近づけると、待ち時間が減少し、生産性が上がり、ご自分のアプリケーションで新しいシナリオが作成されます。 このサービスの詳細については、Data Service のドキュメントを参照してください。

位置情報サービス

Geolocation Service は、IP アドレスの 2 文字の国および地域コードを取得するために使用します。 このサービスは、地理的な場所に基づいてカスタマイズされたアプリケーション コンテンツを提供することで、ユーザー エクスペリエンスを強化するのに役立てることができます。

詳細については、Geolocation Service のドキュメントを参照してください。

Render Service

Render Service V2 では、Azure Maps SDK だけでなく、他のマップ コントロールでも Azure Maps タイルの使用をサポートする新しいバージョンの Get Map Tile V2 API が導入されています。 これには、ラスター タイルとベクター タイルの形式、256x256 または 512x512 (該当する場合) のタイル サイズ、および Azure Maps Creator を使用して作成された道路、天気、標高、マップ タイルなどの多数のマップの種類が含まれます。 完全な一覧については、REST API ドキュメントの「TilesetID」を参照してください。 Render Service V1 ではなく Render Service V2 を使用することをお勧めします。 サードパーティのマップ コントロールで Azure Maps Render Service V2 をベースマップまたはレイヤーとして使用する場合は、適切な著作権属性をマップに表示する必要があります。 詳細については、Get Map Attribution API の使用方法に関する記事を参照してください。

Render Service V2 からのマップの例

Route Service

Route Service は、要求された各ルートの推定到着時間 (ETA) を計算するために使用できます。 Route API は、リアルタイムの交通情報や履歴交通データ (たとえば要求された曜日や時間帯の通常の道路速度) などの要因を考慮します。 API は、時間または距離に基づいて、複数の到着地に対して順番に、または最適化された順序で、利用できる最短または最速のルートを返します。 このサービスを使用すると、開発者は、自動車、トラック、自転車、徒歩、電気自動車などのいくつかの移動手段にわたる道順を計算できます。 このサービスでは、出発時刻、重量制限、危険物輸送などの入力も考慮されます。

Route Service からのマップの例

Route Service では、以下のような一連の高度な機能が提供されます。

  • 複数のルート要求のバッチ処理。
  • 一連の出発点と目的地の間の移動時間と距離の行列。
  • 時間または燃料の要件に基づいてユーザーが移動可能なルートまたは距離の検出。

ルーティング機能の詳細については、Route Service のドキュメントを参照してください。

検索サービス

Search Service は、開発者が住所、場所、名前またはカテゴリ別の事業所一覧、およびその他の地理情報を検索するのに役立ちます。 また、緯度と経度に基づいて住所や交差点の逆引き地理コードを行うことができます。

マップ上での検索の例

Search Service では、次のような高度な機能も提供されます。

  • ルートに沿った検索。
  • より広い範囲内での検索。
  • 複数の検索要求のバッチ処理。
  • ブランド名による電気自動車の充電ステーションと目的地 (POI) データの検索。

検索機能の詳細については、Search Service のドキュメントを参照してください。

空間サービス

空間サービスでは、位置情報をすばやく分析し、その時間と空間で発生している進行中のイベントをお客様にお知らせします。 ほぼリアルタイムの分析とイベントの予測モデリングを可能にします。

このサービスでは、お客様が、一般的な地理空間数学計算のライブラリを使用して、位置情報のインテリジェンスを強化できます。 一般的な計算の例としては、最接近点、大圏距離、バッファーが挙げられます。 このサービスとそのさまざまな機能の詳細については、空間サービスのドキュメントを参照してください。

タイムゾーン サービス

Time Zone Service では、現在、過去、未来のタイム ゾーン情報のクエリを実行できます。 入力として、緯度と経度のペアを使用するか、IANA ID を使用することができます。 Time Zone Service では、次のこともできます。

  • Windows タイム ゾーン ID を IANA タイム ゾーンに変換する。
  • UTC に対するタイム ゾーン オフセットをフェッチする。
  • 選択したタイム ゾーンにおける現在の時刻を取得する。

Time Zone Service に対するクエリの一般的な JSON 応答は、次のサンプルのようになります。

{
  "Version": "2020a",
  "ReferenceUtcTimestamp": "2020-07-31T19:15:14.4570053Z",
  "TimeZones": [
    {
      "Id": "America/Los_Angeles",
      "Names": {
        "ISO6391LanguageCode": "en",
        "Generic": "Pacific Time",
        "Standard": "Pacific Standard Time",
        "Daylight": "Pacific Daylight Time"
      },
      "ReferenceTime": {
        "Tag": "PDT",
        "StandardOffset": "-08:00:00",
        "DaylightSavings": "01:00:00",
        "WallTime": "2020-07-31T12:15:14.4570053-07:00",
        "PosixTzValidYear": 2020,
        "PosixTz": "PST+8PDT,M3.2.0,M11.1.0"
      }
    }
  ]
}

このサービスの詳細については、Time Zone Service のドキュメントを参照してください。

Traffic Service

Traffic Service は、交通情報を必要とする Web またはモバイル アプリケーションの開発に使用できる Web サービスのスイートです。 サービスでは、次の 2 つのデータ型が提供されます。

  • トラフィック フロー:ネットワーク内のすべての主要道路で観察されたリアルタイムの速度と移動時間。
  • トラフィック インシデント:道路ネットワークでの交通渋滞およびインシデントに関する最新のビュー。

交通情報を使用したマップの例

詳細については、Traffic Service のドキュメントを参照してください。

Weather Service

Weather Service では、開発者が特定の場所の気象情報を取得するために使用できる API シリーズが提供されます。 この情報には、観測日時、気象条件の短い説明、気象アイコン、降水量インジケーター フラグ、気温、風速情報などの詳細が含まれています。 RealFeel™ の気温や UV 指数など、その他の情報も返されます。

開発者はルートに沿った気象の取得 API を使用して、特定のルートに沿った気象情報を取得できます。 また、このサービスでは、洪水や大雨など、気象災害の影響を受ける通過地点に関する気象通知の生成もサポートされています。

Get Map Tile V2 API を使用すると、過去、現在、および未来のレーダー タイルおよび衛星タイルを要求できます。

リアルタイムの気象レーダー タイルを使用したマップの例

Maps Creator サービス

Maps Creator サービスは、屋内マップ データに基づくマップ機能があるアプリケーションを作成するために開発者が使用できる Web サービスのスイートです。

Maps Creator には、次のサービスが用意されています。

  • Dataset サービス。 変換された Drawing パッケージ データからデータセットを作成するには、Dataset サービスを使用します。 Drawing パッケージの要件については、Drawing パッケージの要件を参照してください。

  • 変換サービス。 変換サービスを使用すると、DWG 設計ファイルを屋内マップ用の Drawing パッケージ データに変換できます。

  • Tileset サービス。 データセットのベクター ベースの表現を作成するには、Tileset サービスを使用します。 アプリケーションでは、タイルセットを使用して、データセットの視覚的なタイルベースのビューを提供できます。

  • カスタム スタイル サービス (プレビュー)。 スタイル サービスまたはビジュアル スタイル エディターを使用して、屋内マップのビジュアル要素をカスタマイズします。

  • 地物状態サービス。 動的なマップ スタイル設定をサポートするには、地物状態サービスを使用します。 動的なマップ スタイル設定を使用すると、アプリケーションは、IoT システムによって提供される空間にリアルタイムのイベントを反映できます。

  • WFS サービス。 WFS サービスを使用すると、屋内マップ データに対するクエリを実行できます。 WFS サービスは、1 つのデータセットに対してクエリを行う Open Geospatial Consortium API 標準に準拠しています。

  • Wayfinding サービス (プレビュー)。 wayfinding API を使用して、施設内の 2 つのポイント間のパスを生成します。 Routeset API を使用して、wayfinding サービスがパスを生成するために必要なデータを作成します。

標高サービス

Azure Maps Elevation Service は、開発者が地球の表面のどこからでも海抜データを取得するために使用できる Web サービスです。

Elevation Service を使用すると、海抜データを次の 2 つの形式で取得できます。

  • GeoTIFF ラスター形式Render V2-Get Map Tile API を使用して、タイル形式で海抜データを取得します。

  • GeoJSON 形式海抜 API シリーズを使用して、パス沿い、定義された境界ボックス内、または特定の座標にあるサンプリングされた海抜データを要求します。

海抜データを含む地図の例

プログラミング モデル

Azure Maps は、モビリティ向けに構築されており、クロスプラットフォーム アプリケーションの開発に役立てることができます。 言語に依存せず、REST API シリーズを介して JSON 出力をサポートするプログラミング モデルを使用します。

さらに、Azure Maps は、便利な JavaScript マップ コントロールを単純なプログラミング モデルで提供します。 Web アプリケーションであれ、モバイル アプリケーションであれ、すばやく簡単に開発することができます。

Power BI 視覚エフェクト

Azure Maps Power BI ビジュアルを使用すると、地図上の空間データに対してさまざまなをデータ視覚化を提供できます。 80% を超えるビジネス データに位置情報コンテキストがあると推定されています。 Azure Maps Power BI ビジュアルを使用することで、この位置情報コンテキストとビジネス データの関連性や、ビジネス データへの影響といった分析情報を得るための、コード不要のソリューションが提供されます。

Azure Maps Power BI ビジュアルを使用してビジネス データを表示した Power BI Desktop

詳細については、Azure Maps Power BI ビジュアルの概要に関する記事を参照してください。

使用法

Azure Maps サービスにアクセスするには、Azure portal に移動し、Azure Maps アカウントを作成します。

Azure Maps では、キーベースの認証スキームが使用されます。 アカウントを作成すると、2 つのキーが生成されます。 Azure Maps サービスに対して認証するには、いずれかのキーを使用します。

Note

Azure Maps では、顧客が入力した住所や場所のクエリを、マッピング機能の目的でサードパーティの TomTom と共有します。 これらのクエリは、TomTom と共有される際、顧客にもエンド ユーザーにもリンクされず、個人の識別に使用できません。

Microsoft は現在、オンライン サービスの下請業者の一覧に TomTom および AccuWeather を追加中です。

サポートされているリージョン

Azure Maps サービスは現在、以下を除くすべての国とリージョンで利用できます。

  • 中国
  • 韓国

ご利用中の IP アドレスの場所が、サポート対象の国/地域に存在していることを確認してください。

次のステップ

Azure Maps を紹介するサンプル アプリを試す。

クイック スタート: Web アプリを作成する

Azure Maps に関する最新情報を受け取る。

Azure Maps のブログ