Share via


施設オントロジー

施設オントロジーでは、Azure Maps Creator を使用して施設データを Creator のデータセットに内部的に格納する方法を定義します。 施設データの内部構造を定義するだけでなく、施設オントロジーも、WFS API を介して外部に公開されます。 WFS API を使用して、データセット内の施設データに対してクエリを実行する場合、応答形式は、そのデータセットに指定されているオントロジーによって定義されます。

変更とリビジョン

Facility 1.0 には、Azure Maps サービスの Facility 地物クラス定義のリビジョンが含まれます。

Facility 2.0 には、Azure Maps サービスの Facility 地物クラス定義のリビジョンが含まれます。

重大な変更

次の制約検証チェックが修正されました。

  • lineElement および areaElement 地物クラスの isObstruction = true の排他性 "または" obstructionArea の有無の制約検証チェック。

  • category 地物クラスの isRoutable = true の排他性 "または" routeThroughBehavior の有無の制約検証チェック。

  • 壁や柱などを保持する structure 地物クラスが追加されました。
  • ルーティング シナリオを強化するように設計された属性がクリーンアップされました。 現在のルーティング エンジンでは、これらはサポートされていません。

地物コレクション

大まかに言えば、施設オントロジは地物コレクションで構成され、それぞれに地物オブジェクトの配列が含まれています。 すべての地物オブジェクトには、共通の 2 つのフィールド (IDGeometry) が含まれています。 Azure Maps Creator に描画パッケージをインポートすると、これらのフィールドが自動的に生成されます。

大まかに言えば、施設オントロジは地物コレクションで構成され、それぞれに地物オブジェクトの配列が含まれています。 すべての地物オブジェクトには、共通の 2 つのフィールド (IDGeometry) が含まれています。

Azure Maps Creator に描画パッケージをインポートすると、これらのフィールドが自動的に生成されます。

各地物クラスでは、このような共通のフィールドに加えて、一連のプロパティ セットも定義されます。 各プロパティは、そのデータ型と制約によって定義されます。 一部の地物クラスには、他の地物クラスに依存するプロパティがあります。 依存プロパティは、別の地物クラスの ID として評価されます。

この記事の残りのセクションでは、Microsoft Azure Maps Creator の施設オントロジを構成するさまざまな地物クラスとそのプロパティを定義します。

unit

unit 地物クラスでは、ナビゲーション エージェントによって占有およびスキャンでき、重なり合っていない物理的な領域を定義します。 unit には、廊下、部屋、中庭などがあります。

ジオメトリの種類: 多角形

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
isOpenArea boolean (既定値は null です)。 false ユニットが開口領域であるかどうかを表します。 true に設定すると、ユニット境界が構造によって囲まれないため、ナビゲーション エージェントは opening を必要とせずに unit に入ることができます。 既定では、ユニットは物理的な壁で囲まれ、開口地物がユニットの境界に配置されている場合のみ開かれます。 開口領域のユニットに壁が必要な場合、 プロパティを true に設定して、lineElement または isObstructionareaElement として表すことができます。
navigableBy enum ["pedestrian", "wheelchair", "machine", "bicycle", "automobile", "hiredAuto", "bus", "railcar", "emergency", "ferry", "boat"] false ユニットを横断することができる移動エージェントの種類を示します。 指定しない場合、ユニットは任意のナビゲーション エージェントによってスキャン可能であると見なされます。
isRoutable boolean (既定値は null です)。 false ユニットがルーティング グラフの一部であるかどうかを決定します。 true に設定すると、ユニットをルーティング エクスペリエンス内の出発地および目的地、または中間地点として使用できます。
routeThroughBehavior enum ["disallowed", "allowed", "preferred"] false ユニットを通過できるかどうかを決定します。 指定しない場合、categoryId プロパティで参照される category 地物の値が継承されます。 指定した場合、category 地物で指定された値はオーバーライドされます。
nonPublic boolean false true の場合、ユニットは、特権のあるユーザーによってのみナビゲートできます。 既定値は false です。
levelId level.Id true level 地物の ID。
occupants directoryInfo.Id の配列 false directoryInfo 地物の ID。 地物内の 1 つまたは複数の居住者を表すために使用されます。
addressId directoryInfo.Id false directoryInfo 地物の ID。 地物の住所を表すために使用されます。
addressRoomNumber directoryInfo.Id true ユニットの部屋、ユニット、アパートメント、またはスイートの番号。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
isOpenArea boolean (既定値は null です)。 false ユニットが開口領域であるかどうかを表します。 true に設定すると、ユニット境界が構造によって囲まれないため、ナビゲーション エージェントは opening を必要とせずに unit に入ることができます。 既定では、ユニットは物理的な壁で囲まれ、開口地物がユニットの境界に配置されている場合のみ開かれます。 開口領域のユニットに壁が必要な場合、 プロパティを true に設定して、lineElement または isObstructionareaElement として表すことができます。
isRoutable boolean (既定値は null です)。 false ユニットがルーティング グラフの一部であるかどうかを決定します。 true に設定すると、ユニットをルーティング エクスペリエンス内の出発地および目的地、または中間地点として使用できます。
levelId level.Id true level 地物の ID。
occupants directoryInfo.Id の配列 false directoryInfo 地物の ID。 地物内の 1 つまたは複数の居住者を表すために使用されます。
addressId directoryInfo.Id false directoryInfo 地物の ID。 地物の住所を表すために使用されます。
addressRoomNumber string false ユニットの部屋、ユニット、アパートメント、またはスイートの番号。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

structure

structure 地物クラスでは、重なり合っておらず、ナビゲートできない物理的な領域を定義します。 壁、柱などを指定できます。

ジオメトリの種類: 多角形

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
levelId level.Id true level 地物の ID。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

ゾーン

zone 地物クラスでは、Wi-Fi ゾーンや避難場所などの仮想領域を定義します。 ゾーンは目的地として使用できますが、通り抜け用ではありません。

ジオメトリの種類: 多角形

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
setId string true 複数レベルのゾーンを表す zone 地物に必須。 setId は、複数のレベルにまたがるゾーンの一意の ID です。 setId を使用すると、フロアによってカバレッジが異なるゾーンを、異なるジオメトリを使用してさまざまなレベルで表すことができます。 setId には任意の文字列を指定でき、大文字と小文字が区別されます。 setId を GUID に設定することをお勧めします。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
levelId level.Id true level 地物の ID。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
setId string true 複数レベルのゾーンを表す zone 地物に必須。 setId は、複数のレベルにまたがるゾーンの一意の ID です。 setId を使用すると、フロアによってカバレッジが異なるゾーンを、異なるジオメトリを使用してさまざまなレベルで表すことができます。 setId には任意の文字列を指定でき、大文字と小文字が区別されます。 setId を GUID に設定することをお勧めします。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
levelId level.Id true level 地物の ID。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

レベル

level クラス地物では、設定した高度にある建物の領域を定義します。 たとえば、units などの一連の地物を含む建物のフロア。

ジオメトリの種類: MultiPolygon

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
facilityId facility.Id true facility 地物の ID。
ordinal 整数 (integer) true レベル番号。 移動方向に役立つフロアの相対的な順序を決定するために verticalPenetration 地物によって使用されるレベル番号。 一般的な方法としては、1 階を 0 として始めます。 階が上がるごとに +1 を、階が下がるごとに -1 を加算します。 より上の物理フロアがより大きな順序値で表される限り、任意の数値でモデル化できます。
abbreviatedName string false エレベーターのボタンに見られるような 4 文字の省略されたレベル名。
heightAboveFacilityAnchor double false facility.anchorHeightAboveSeaLevelより上のレベルのフロアの垂直距離 (メートル)。
verticalExtent double false レベルの垂直範囲 (メートル)。 指定しない場合、既定で facility.defaultLevelVerticalExtent に設定されます。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
facilityId facility.Id true facility 地物の ID。
ordinal 整数 (integer) true レベル番号。 移動方向に役立つフロアの相対的な順序を決定するために verticalPenetration 地物によって使用されるレベル番号。 一般的な方法としては、1 階を 0 として始めます。 階が上がるごとに +1 を、階が下がるごとに -1 を加算します。 より上の物理フロアがより大きな順序値で表される限り、任意の数値でモデル化できます。
abbreviatedName string false エレベーターのボタンに見られるような 4 文字の省略されたレベル名。
heightAboveFacilityAnchor double false facility.anchorHeightAboveSeaLevelより上のレベルのフロアの垂直距離 (メートル)。
verticalExtent double false レベルの垂直範囲 (メートル)。 指定しない場合、既定で facility.defaultLevelVerticalExtent に設定されます。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

facility

facility 地物クラスでは、サイト、建物のフットプリントなどの領域を定義します。

ジオメトリの種類: MultiPolygon

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
occupants directoryInfo.Id の配列 false directoryInfo 地物の ID。 地物内の 1 つまたは複数の居住者を表すために使用されます。
addressId directoryInfo.Id true directoryInfo 地物の ID。 地物の住所を表すために使用されます。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
anchorHeightAboveSeaLevel double false 海面より上のアンカー ポイントの高さ (メートル)。 海面は、EGM 2008 で定義されています。
defaultLevelVerticalExtent double false レベルの垂直範囲の既定値 (メートル)。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
occupants directoryInfo.Id の配列 false directoryInfo 地物の ID。 地物内の 1 つまたは複数の居住者を表すために使用されます。
addressId directoryInfo.Id true directoryInfo 地物の ID。 地物の住所を表すために使用されます。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
anchorHeightAboveSeaLevel double false 海面より上のアンカー ポイントの高さ (メートル)。 海面は、EGM 2008 で定義されています。
defaultLevelVerticalExtent double false レベルの垂直範囲の既定値 (メートル)。

verticalPenetration

verticalPenetration クラス地物では、セットで使用される場合に、レベル間の垂直方向の移動方法を表す領域を定義します。 階段、エレベーターなどのモデル化に使用できます。 ジオメトリは、ユニットおよびその他の垂直貫入地物をオーバーラップできます。

ジオメトリの種類: 多角形

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
setId string true 複数のレベルをつなぐためには、垂直貫入地物をセットで使用する必要があります。 同じセット内の垂直貫入地物は、同一であると見なされます。 setId には任意の文字列を指定でき、大文字と小文字が区別されます。 setId として GUID を使用することをお勧めします。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
levelId level.Id true level 地物の ID。
direction string enum [ "both", "lowToHigh", "highToLow", "closed" ] false この地物で許可される移動方向。 level 地物の順序属性は、低い順序および高い順序を決定するために使用されます。
navigableBy enum ["pedestrian", "wheelchair", "machine", "bicycle", "automobile", "hiredAuto", "bus", "railcar", "emergency", "ferry", "boat"] false ユニットを横断することができる移動エージェントの種類を示します。 指定しない場合、ユニットは任意のナビゲーション エージェントによってスキャン可能です。
nonPublic boolean false true の場合、ユニットは、特権のあるユーザーによってのみナビゲートできます。 既定値は false です。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
setId string true 複数のレベルをつなぐためには、垂直貫入地物をセットで使用する必要があります。 同じセット内の垂直貫入地物がつながれます。 setId には任意の文字列を指定でき、大文字と小文字が区別されます。 setId として GUID を使用することをお勧めします。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
levelId level.Id true level 地物の ID。
direction string enum [ "both", "lowToHigh", "highToLow", "closed" ] false この地物で許可される移動方向。 level 地物の順序属性は、低い順序および高い順序を決定するために使用されます。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

開いています

opening クラス地物では、2 つのユニット間、または unitverticalPenetration の間のスキャン可能な境界を定義します。

ジオメトリの種類: LineString

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
levelId level.Id true level 地物の ID。
isConnectedToVerticalPenetration boolean false この地物を、その左右いずれかにある verticalPenetration 地物につなぐかどうか。 既定値は false です。
navigableBy enum ["pedestrian", "wheelchair", "machine", "bicycle", "automobile", "hiredAuto", "bus", "railcar", "emergency", "ferry", "boat"] false ユニットを横断することができる移動エージェントの種類を示します。 指定しない場合、ユニットは任意のナビゲーション エージェントによってスキャン可能です。
accessRightToLeft enum [ "prohibited", "digitalKey", "physicalKey", "keyPad", "guard", "ticket", "fingerprint", "retina", "voice", "face", "palm", "iris", "signature", "handGeometry", "time", "ticketChecker", "other"] false 開口部を右から左に通過する際のアクセス方法。 左および右は、地物ジオメトリの頂点によって決定され、最初の頂点に立ち、2 番目の頂点に向かいます。 このプロパティを省略すると、アクセス制限がないことを意味します。
accessLeftToRight enum [ "prohibited", "digitalKey", "physicalKey", "keyPad", "guard", "ticket", "fingerprint", "retina", "voice", "face", "palm", "iris", "signature", "handGeometry", "time", "ticketChecker", "other"] false 開口部を左から右に通過する際のアクセス方法。 左および右は、地物ジオメトリの頂点によって決定され、最初の頂点に立ち、2 番目の頂点に向かいます。 このプロパティを省略すると、アクセス制限がないことを意味します。
isEmergency boolean false true の場合、開口部は緊急時にのみナビゲートできます。 既定値は false です
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
levelId level.Id true level 地物の ID。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

directoryInfo

directoryInfo オブジェクト クラス地物では、ユニット、施設、またはユニットや施設の居住者の名前、住所、電話番号、Web サイト、営業時間を定義します。

ジオメトリの種類: なし

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
streetAddress string false 住所の番地部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
unit string false 住所のユニット番号部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
locality string false 住所の地域。 たとえば、市、地方自治体、村など。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
adminDivisions 文字列の配列 false 住所の行政区分の部分。最小から最大の順 (郡、都道府県、国)。 例: ["King", "Washington", "USA" ] または ["West Godavari", "Andhra Pradesh", "IND" ]。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
postalCode string false 住所の郵便番号部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
phoneNumber string false 電話番号。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
website string false Web サイトの URL。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
hoursOfOperation string false オープン ストリート マップ仕様に従ったテキストとしての営業時間。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
streetAddress string false 住所の番地部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
unit string false 住所のユニット番号部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
locality string false 住所の地域。 たとえば、市、地方自治体、村など。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
adminDivisions 文字列の配列 false 住所の行政区分の部分。最小から最大の順 (郡、都道府県、国)。 例: ["King", "Washington", "USA" ] または ["West Godavari", "Andhra Pradesh", "IND" ]。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
postalCode string false 住所の郵便番号部分。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
phoneNumber string false 電話番号。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
website string false Web サイトの URL。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
hoursOfOperation string false オープン ストリート マップ仕様に従ったテキストとしての営業時間。 指定できる最大長は 1,000 文字です。

pointElement

pointElement は、救急用具やスプリンクラー ヘッドなどのユニット内のポイント地物を定義するクラス地物です。

ジオメトリの種類: MultiPoint

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId string true この地物を含む unit 地物の ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
isObstruction boolean (既定値は null です)。 false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId string true この地物を含む unit 地物の ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
isObstruction boolean (既定値は null です)。 false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。

lineElement

lineElement は、仕切り壁や窓などのユニット内の line 地物を定義するクラス地物です。

ジオメトリの種類: LinearMultiString

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId unitId true この地物を含む unit 地物の ID。
isObstruction boolean (既定値は null です)。 false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
obstructionArea Polygon または MultiPolygon false ルーティング中に回避される地物の簡略化されたジオメトリ (ライン ジオメトリが複雑な場合)。 isObstruction を true に設定する必要があります。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId unitId true この地物を含む unit 地物の ID。
isObstruction boolean (既定値は null です)。 false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
obstructionArea Polygon または MultiPolygon false ルーティング中に回避される地物の簡略化されたジオメトリ (ライン ジオメトリが複雑な場合)。 isObstruction を true に設定する必要があります。

areaElement

areaElement は、下に開いている領域や、ユニット内の島などの障害物など、ユニット内の多角形地物を定義するクラス地物です。

ジオメトリの種類: MultiPolygon

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が自動的に Azure Maps の内部 ID に設定されます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId unitId true この地物を含む unit 地物の ID。
isObstruction boolean false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
obstructionArea Polygon または MultiPolygon false ルーティング中に回避される地物の簡略化されたジオメトリ (ライン ジオメトリが複雑な場合)。 isObstruction を true に設定する必要があります。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false 地物を別のデータセット内 (内部データベース内など) の別の地物と関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
categoryId category.Id true category 地物の ID。
unitId unitId true この地物を含む unit 地物の ID。
isObstruction boolean false true の場合、この地物は、含まれているユニット地物までルーティングする間に回避される障害物を表します。
obstructionArea Polygon または MultiPolygon false ルーティング中に回避される地物の簡略化されたジオメトリ (ライン ジオメトリが複雑な場合)。 isObstruction を true に設定する必要があります。
name string false ローカル言語による地物の名前。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameSubtitle string false 地物の name の下に表示されるサブタイトル。 名前を別の言語で表示するためなどに使用できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
nameAlt string false 地物に使用される代替名。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
anchorPoint Point false 地物をポイントとして表す GeoJSON Point ジオメトリ。 地物のラベルを位置付けるために使用できます。

category

category クラス地物では、カテゴリ名を定義します。 例: "room.conference"。

ジオメトリの種類: なし

プロパティ タイプ Required Description
originalId string false クライアント データから派生したカテゴリの元の ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false カテゴリを別のデータセット内 (内部データベース内など) の別のカテゴリと関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
name string true カテゴリの名前。 "." を使用してカテゴリの階層を表すことをお勧めします。 例: "room.conference", "room.privateoffice"。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
routeThroughBehavior boolean false 地物を通り抜けに使用できるかどうかを決定します。
isRoutable boolean (既定値は null です)。 false 地物をルーティング グラフの一部にする必要があるかどうかを決定します。 true に設定すると、ユニットをルーティング エクスペリエンス内の出発地および目的地、または中間地点として使用できます。
プロパティ タイプ Required Description
originalId string false 変換サービスを使用してデータセットが作成されると、元の ID が Azure Maps 内部 ID に設定されます。 GeoJSON パッケージからデータセットが作成されると、ユーザーが元の ID を定義できます。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
externalId string false カテゴリを別のデータセット内 (内部データベース内など) の別のカテゴリと関連付けるためにクライアントによって使用される ID。 指定できる最大長は 1,000 文字です。
name string true カテゴリの名前。 "." を使用してカテゴリの階層を表すことをお勧めします。 例: "room.conference", "room.privateoffice"。 指定できる最大長は 1,000 文字です。

次のステップ

屋内マップの Creator の詳細については、以下を参照してください。