次の方法で共有


コード最適化の設定 (プレビュー)

Web アプリケーションの CPU とメモリのボトルネックを特定し、分析するよう、コード最適化を設定することは、Azure portal では簡単なプロセスです。 このガイドでは、以下の方法について説明します。

  • Web アプリを Application Insights に接続します。
  • Web アプリで Profiler を有効にします。

デモ ビデオ

Web アプリを Application Insights に接続する

Web アプリのコード最適化を設定する前に、お使いのアプリが Application Insights リソースに接続されていることを確認します。

  1. Azure portal で、お使いの Web アプリケーションに移動します。

  2. 左側のメニューから、[設定][Application Insights] の順に選択します。

  3. Web アプリケーションの [Application Insights] ブレードで、次のオプションを決定します。

    • Web アプリが既に Application Insights リソースに接続されている場合:

      • ブレードの上部に お使いのアプリが Application Insights リソース {リソースの名前} に接続されていますというバナーが表示されます。

        お使いのアプリが既に App Insights に接続されていることを説明するバナーのスクリーンショット。

    • Web アプリを Application Insights リソースに接続する必要がある場合:

      • ブレードの上部に 自動作成された Application Insights リソース {リソースの名前} にお使いのアプリが接続されますというバナーが表示されます。

        App Insights を有効にするように指示し、App Insights リソースの名前を伝えるバナーのスクリーンショット。

  4. [Application Insights] ウィンドウの下部にある [適用] をクリックします。

Web アプリで Profiler を有効にする

Profiler によって、分析するコード最適化のために Web アプリ上のトレースが収集されます。 数時間後、アプリケーション パフォーマンスのボトルネックがコード最適化によって検出された場合、コード最適化の分析情報を表示し、レビューできます。

  1. 引き続き Application Insights ブレードで、[アプリケーションをインストルメント化する] の下で [.NET] タブを選択します。

  2. [Profiler] で、トグルを選択し、Web アプリの Profiler を有効にします。

    Web アプリの Profiler を有効にする方法のスクリーンショット。

  3. Profiler でトレースが収集されることを確認します。

    1. Application Insights リソースに移動します。
    2. 左側のメニュー [調査][パフォーマンス] の順に選択します。
    3. [パフォーマンス] ブレードのトップ メニューから [Profiler] を選択します。
    4. Web アプリから収集されたプロファイラー トレースをレビューします。 トレースが表示されない場合、トラブルシューティング ガイドを参照してください

次のステップ