Share via


VMConnection

監視対象コンピューターとの間の受信接続と送信接続のトラフィック。

テーブル属性

属性
リソースの種類 microsoft.compute/virtualmachines、
microsoft.conenctedvmwarevsphere/virtualmachines、
microsoft.azurestackhci/virtualmachines、
microsoft.scvmm/virtualmachines、
microsoft.compute/virtualmachinescalesets
Categories (カテゴリ) Virtual Machines
ソリューション AzureResources、InfrastructureInsights、ServiceMap、VMInsights
基本的なログ いいえ
インジェスト時間変換 いいえ
サンプル クエリ -

Column Type 説明
AgentId string サーバー上のエージェント レポート データの一意のエージェント GUID。
_BilledSize real レコード サイズ (バイト単位)
BytesReceived long 報告時間枠の間に受信された合計バイト数。
BytesSent long 報告時間枠の間に送信された合計バイト数。
Computer string ServiceMapComputer_CL テーブルのサーバーの名前。
Confidence string 値は 0 から 100 です。
ConnectionId string 接続レコードの一意の ID。
説明 string 観察対象の脅威の説明。
DestinationIp string 送信先の IP アドレス。
DestinationPort INT 送信先のポート番号。
方向 string 接続値の方向が受信または送信です
FirstReportedDateTime string プロバイダーが初めてインジケーターをレポートした時間。
IndicatorThreatType string 脅威インジケーターが検出されました。 使用できる値は、Botnet C2 CryptoMining Darknet DDos MaliciousUrl マルウェア フィッシング プロキシ PUA ウォッチリストです。
IsActive string Interflow によってインジケーターが最後に表示された時間。
_IsBillable string データの取り込みに課金されるかどうかを指定します。 _IsBillableインジェストが false Azure アカウントに課金されない場合
LastReportedDateTime string インジケーターが True または False の値で非アクティブ化されていることを示します。
LinksEstablished long レポート時間枠中に確立された物理ネットワーク接続の数。
LinksFailed long レポート時間枠中に失敗した物理ネットワーク接続の数。 現在のところ、この情報は送信接続に対してのみ使用できます。
LinksLive long レポート時間枠の最後に開かれた物理ネットワーク接続の数。
LinksTerminated long レポート時間枠中に終了した物理ネットワーク接続の数。
Machine string コンピューターの FQDN。
MaliciousIp string リモート IP アドレス。
Process string 接続の開始または受諾するプロセスまたはプロセスのグループの ID です。
ProcessName string ServiceMapProcess_CL テーブル内のプロセスの一意識別子。
Protocol string 接続に使用されるプロトコル。 指定できる値は tcp のみです。
RemoteClassification string IP と DNS の名前と対応する Azure サービスに基づくリモート エンドポイントの分類。
RemoteCountry string RemoteIp をホストしている国またはリージョンの名前。
RemoteDnsCanonicalNames string DNS サーバーから返された正規名の JSON 配列。 たとえば、Traffic Manager を使用する場合は、foo.trafficmanage.net する質問を発行し、ip アドレスと共に something.myservice.com として正規名を取得します。
RemoteDnsQuestions string マシンで実行され、レコードに一覧表示されている RemoteIp に解決された DNS 質問 (ルックアップ) の JSON 配列。
RemoteIp string RemoteIp プロパティには、接続のリモート側の IP アドレスが含まれています。 受信接続の場合、RemoteIp は SourceIp と同じですが、送信接続の場合は DestinationIp と同じです。
RemoteLatitude real 位置情報の緯度。 例は 47.68 です。
RemoteLongitude real 位置情報の経度。 たとえば、-122.12 です。
_ResourceId string レコードが関連付けられているリソースの一意識別子
応答 long レポート時間枠中に観察された応答の数。
ResponseTimeMax long レポート時間枠中に観察された最大応答時間 (ミリ秒単位)。 値がない場合、プロパティは空白です。
ResponseTimeMin long 報告時間枠中に観測された最小応答時間 (ミリ秒単位)。 値がない場合、プロパティは空白です。
ResponseTimeSum long レポート時間枠中に観察されたすべての応答時間の合計 (ミリ秒単位)。 値がない場合、プロパティは空白です。
重大度 INT 指定できる値は 0 ~ 5 です。5 は最も深刻で、0 はまったく深刻ではありません。 既定値は 3 です。
SourceIp string 送信元の IP アドレス。
SourceSystem string イベントが収集されたエージェントの種類。 たとえば、 OpsManager Windows エージェントの場合、直接接続または Operations Manager、すべての Linux エージェントのLinux場合、または Azure Azure Diagnostics
_SubscriptionId string レコードが関連付けられているサブスクリプションの一意識別子
TimeGenerated DATETIME レコードが作成された日付と時刻。
TLPLevel string トラフィック ライト プロトコル (TLP) レベル。 使用できる値は、白緑アンバーレッドです。
Type string テーブルの名前