次の方法で共有


Azure Monitor SCOM マネージド インスタンスを Operations コンソールに接続する

Azure Monitor の SCOM マネージド インスタンスは、System Center Operations Manager 2022 と互換性があります。

Azure で SCOM マネージド インスタンスを作成した後、インスタンスをオペレーション コンソールに接続して、ワークロードと監視を構成します。

SCOM マネージド インスタンス をオペレーション コンソールに接続する

SCOM マネージド インスタンス をオペレーション コンソールに接続するには、次の手順を実行します。

  1. Ops コンソールをインストールするサーバーの指定: Operations コンソールをインストールするサーバーを指定します。

    Note

    SCOM マネージド インスタンスの VM ではこれを実行しないでください。別の VM で実行します。 VM は Windows サーバーである必要があります。 このサーバーは、オンプレミスでも Azure でもかまいません。

    • VM/マシンがオンプレミスの場合は、指定された重要なポート (5724) に到達できるように、SCOM マネージド インスタンスの VNet と VM/マシンが配置されているオンプレミス ネットワークに対し、NSG 規則とファイアウォール規則を設定します。
    • VM/マシンが Azure にある場合は、指定された重要なポート (5724) に到達できるように、SCOM マネージド インスタンスの VNet と VM/マシンが配置されている仮想ネットワーク (VNET) に NSG 規則とファイアウォール規則を設定します。
  2. Ops コンソールのインストール: 実行可能ファイルからオペレーション コンソールをインストールし、インストール ウィザードに従ってオペレーション コンソールを正常にインストールします。
  3. SCOM マネージド インスタンスを Ops コンソールに接続する: オペレーション コンソールにサインインし、[サーバーへの接続] を選択します。 SCOM マネージド インスタンス >[概要]>[プロパティ]>[ロード バランサー] に表示される DNS 名を追加します。

次のステップ

オンプレミスの Operations Manager から Azure Monitor SCOM マネージド インスタンスへ移行する