サブネットを Azure NetApp Files に委任する

サブネットを Azure NetApp Files に委任する必要があります。 ボリュームを作成する際は、委任されたサブネットを指定する必要があります。

考慮事項

  • 新しいサブネットを作成するウィザードでは、既定で /24 ネットワーク マスクになっており、251 個の使用可能な IP アドレスが提供されます。 /28 ネットワーク マスクを使用すると、11 個の使用可能な IP アドレスが提供され、ほとんどのユース ケースにはそれで十分です。 多くのボリュームとストレージ エンドポイントが予想される SAP HANA などのシナリオでは、より大きなサブネット (/26 ネットワーク マスクなど) を検討する必要があります。 Azure Virtual Network (VNet) で多数のクライアントまたは VM IP アドレスを予約する必要がなき場合は、ウィザードで提案されている既定のネットワーク マスク /24 のままにすることもできます。 委任されたネットワークのネットワーク マスクは、最初の作成後に変更できないことに注意してください。
  • 各 VNet で、1 つのサブネットだけを Azure NetApp Files に委任できます。
    Azure では、VNet 内に複数の委任されたサブネットを作成できます。 ただし、委任されたサブネットを複数使用している場合、新しいボリュームを作成しようとすると失敗します。
    1 つの VNet には、委任されたサブネットを 1 つだけ含めることができます。 NetApp アカウントでは、複数の Vnet にボリュームを配置でき、それぞれに独自の委任されたサブネットがあります。
  • 委任されたサブネット内のネットワーク セキュリティ グループまたはサービス エンドポイントを指定することはできません。 そうした場合、サブネットの委任が失敗します。
  • グローバルにピアリングされた仮想ネットワークからボリュームへのアクセスは、現在はサポートされていません。
  • ユーザー定義ルート (UDR) とネットワーク セキュリティ グループ (NSG) の Azure NetApp Files については、「Azure NetApp Files のネットワーク計画のガイドライン」の「制約」セクションを参照してください。
    Azure NetApp Files の委任されたサブネット に至る ルーティングまたはアクセスを制御する目的で、Azure NetApp Files に委任されたサブネットマスクと同じ VNet 内であっても、他のサブネットに UDR と NSG を適用できます。

手順

  1. Azure portal で [仮想ネットワーク] ブレードに移動し、Azure NetApp Files のために使用する仮想ネットワークを選択します。

  2. 仮想ネットワーク ブレードで [サブネット] を選択し、 [+ サブネット] ボタンをクリックします。

  3. [サブネットの追加] ページで以下の必須フィールドを指定して、Azure NetApp Files のために使用する新しいサブネットを作成します。

    • Name:サブネット名を指定します。

    • アドレス範囲:IP アドレス範囲を指定します。

    • サブネットの委任: [Microsoft.NetApp/volumes] を選択します。

      Subnet delegation

Azure NetApp Files のためのボリュームを作成するときに、サブネットを作成して委任することもできます。

次のステップ