Azure Percept DK ソフトウェアのリリース ノート

重要

Azure Percept DK の提供終了:

2022 年 11 月 9 日の更新: DK での Vision SoM と Audio SOM の機能を廃止日以降も維持できるファームウェア更新プログラムは、廃止日前に利用可能になります。

Azure Percept パブリック プレビューは、新しいエッジ デバイス プラットフォームと開発者エクスペリエンスをサポートするために進化する予定です。 この進化の一環として、Azure Percept DK と Azure Percept Audio アクセサリ、Percept DK に関連するサポート Azure サービスは、2023 年 3 月 30 日に廃止されます。

2023 年 3 月 30 日より、Azure Percept DK と Azure Percept Audio アクセサリは、Azure Percept Studio、OS の更新プログラム、コンテナーの更新、Web ストリームの表示、Custom Vision 統合などの Azure サービスでサポートされなくなります。 カスタマー サクセス サポートおよび関連するサポート サービスが Microsoft から提供されなくなります。 詳しくは、廃止の通知に関するブログ記事をご覧ください。

このページでは、Azure Percept DK OS とファームウェアの各リリースの変更点と修正内容について説明します。

更新プログラムのイメージをダウンロードするには、USB ケーブル経由の更新用 Azure Percept DK ソフトウェア リリースまたは OTA 経由の更新用 Azure Percept DK ソフトウェア リリースに関するページを参照してください。

6 月 (2206) リリース

  • オペレーティング システム
    • OpenSSL、cifs-utils、zlib、cpio、Nginx、Lua の各パッケージの最新のセキュリティ更新プログラム。

5 月 (2205) リリース

  • オペレーティング システム
    • BIND、Node.js、Cyrus SASL、libxml2、OpenSSL パッケージに関する最新のセキュリティ更新プログラム。

3 月 (2203) のリリース

  • オペレーティング システム
    • 最新のセキュリティ修正プログラム。

2 月(2202) のリリース

  • オペレーティング システム
    • vim および expat パッケージの最新のセキュリティ更新プログラム。

1 月 (2201) のリリース

  • セットアップ エクスペリエンス
    • OOBE セットアップ中に発生する Windows 11 PC の互換性問題を修正しました。
  • オペレーティング システム
    • vim パッケージの最新のセキュリティ更新プログラム。

11 月 (2111) のリリース

  • オペレーティング システム
    • 最新のセキュリティ修正プログラム。
    • パッケージの自動更新が無効化されます。
    • USB デバイス ノードへのアクセスを目的とした Azure Percept コンテナーのユーザー アクセス許可を設定します。

9 月 (2109) のリリース

  • Wi-Fi:
    • hostapd.service が常に再試行、再起動されないように、自動選択のチャネルではなく固定チャネルを使用します。
  • セットアップ エクスペリエンス:
    • OOBE サーバー システム エラーがローカライズされています。
    • IPv6 の複数のルーティング テーブルを有効にします。
  • オペレーティング システム
    • 最新のセキュリティ修正プログラム。
    • Nginx サービスがルートではないユーザーとして実行されます。

7 月 (2107) リリース

重要

コード署名の変更のため、このリリースの OTA (無線) パッケージと互換性があるのは、2106 リリースを実行している Azure Percept DK のみです。 それよりも前の SW リリース バージョンを現在実行している Azure Percept DK ユーザーについては、USB ケーブル経由で更新するか、または最初に OTA でリリース 2106 に更新してから 2107 に更新することをお勧めします。

  • Wi-Fi:
    • セットアップの完了後は確実に Wi-Fi アクセス ポイントがシャットダウンされるようセキュリティを強化しました。
    • 開発キットの [Setup](セットアップ) ボタンを押すと開発キットの Wi-Fi アクセス ポイントとセットアップ エクスペリエンス Web サービスとの同期が失われる問題を修正しました。
    • Wi-Fi アクセス ポイントの iptable ルールを強化して回復性を高め、不要なルールは削除しました。
    • 接続された複数の Wi-Fi ネットワークが適切に優先順位付けされない問題を修正しました。
  • セットアップ エクスペリエンス:
    • サポート対象リージョンのローカライズを追加し、テキストを更新して読みやすくしました。
    • 読み込み中のページでセットアップ エクスペリエンスが固まることがある問題を修正しました。
  • ネットワーク全般:
    • IPv6 で有効な DHCP リースが取得されない問題を解決しました。
  • オペレーティング システム:
    • セキュリティの修正。

6 月 (2106) リリース

  • OTA エージェントのイメージ検証メカニズムを更新しました。
  • UI を改良し、セットアップ エクスペリエンスのバグを修正しました。

5 月 (2105) リリース

  • CBL-Mariner OS のセキュリティ更新プログラム。

4 月 (2104) リリース

  • Azure Percept DK ストレージがいっぱいになるログのローテーションの問題を修正しました。
  • セットアップ エクスペリエンスでの Azure への TPM ベースのプロビジョニングを有効にしました。
  • セットアップ エクスペリエンスおよび Wi-Fi アクセスポイントに自動タイムアウトを追加しました (30 分後またはセットアップ エクスペリエンス完了後)。
  • Wi-Fi アクセス ポイントの SSID を "scz-[xxx] " から "apd-[xxx] " に変更しました。

次のステップ