Bicep の any 関数

Bicep では、Bicep 型システムの型エラーを解決するために any() という関数がサポートされています。 この関数は、指定した値の形式が、型システムで予期されるものと一致しない場合に使用します。 たとえば、プロパティに数値が必要なときに、'0.5' のように文字列として指定しなければならない場合があります。 any() 関数を使用すると、型システムによって報告されるエラーが抑制されます。

この関数は、Azure Resource Manager テンプレートのランタイムには存在しません。 これは Bicep によってのみ使用され、ビルド済みのテンプレートの JSON には生成されません。

Note

型エラーを解決するのに役立つよう、型が不足または間違っていることで any() を使用する必要があるときはお知らせください。 GitHub 問題「不足している型の検証や間違い」に詳細を追加してください。

any

any(value)

任意のデータ型に対応した値を返します。

名前空間: sys

パラメーター

パラメーター 必須 Type 説明
value はい すべての型 対応する型に変換する値。

戻り値

任意のデータ型に対応する形式の値。

次の例では、any() 関数を使用して数値を文字列として指定する方法を示します。

resource wpAci 'microsoft.containerInstance/containerGroups@2019-12-01' = {
  name: 'wordpress-containerinstance'
  location: location
  properties: {
    containers: [
      {
        name: 'wordpress'
        properties: {
          ...
          resources: {
            requests: {
              cpu: any('0.5')
              memoryInGB: any('0.7')
            }
          }
        }
      }
    ]
  }
}

この関数は、Bicep で代入されたすべての値に対して機能します。 次の例では、any() を三項式で引数として使用しています。

publicIPAddress: any((pipId == '') ? null : {
  id: pipId
})

次のステップ

any() 関数のより複雑な使用方法については、次の例を参照してください。