Microsoft.Common.Slider UI 要素

Slider コントロールを使用すると、ユーザーが許可されている値の範囲から選択できるようになります。

UI サンプル

Microsoft.Common.Slider

スキーマ

{
    "name": "memorySize",
    "type": "Microsoft.Common.Slider",
    "min": 1,
    "max": 64,
    "label": "Memory",
    "subLabel": "MB",
    "defaultValue": 24,
    "showStepMarkers": false,
    "toolTip": "Pick the size in MB",
    "constraints": {
        "required": false
    },
    "visible": true
}

サンプル出力

26

解説

  • minmax の値は必須です。 これらは、スライダーの開始点と終了点を設定します。
  • showStepMarkers プロパティの既定値は true です。 ステップ マーカーは、最小値から最大値の範囲が 100 以下の場合にのみ表示されます。

次のステップ