チュートリアル: Azure VMware Solution で NSX-T Data Center ネットワーク セグメントを追加する

Azure VMware Solution をデプロイすると、NSX-T Manager または Azure portal から NSX-T Data Center ネットワーク セグメントを構成することができます。 構成が完了すると、Azure VMware Solution、NSX-T Manager、vCenter Server でセグメントを確認できます。 NSX-T Data Center には、アクティブ/アクティブ モードの NSX-T Data Center Tier-0 ゲートウェイと、アクティブ/スタンバイ モードの既定の NSX-T Data Center Tier-1 ゲートウェイが既定で事前プロビジョニングされています。 これらのゲートウェイを使用すると、セグメント (論理スイッチ) に接続し、East-West および North-South 接続を提供できます。

ヒント

Azure portal には、VMware 管理者が日常的に必要とする NSX-T Data Center 操作のうち、NSX-T Manager に慣れていないユーザーを対象とするものを簡略化したビューが表示されます。

このチュートリアルでは、次の作業を行う方法について説明します。

  • NSX-T Manager または Azure portal のいずれかを使用してネットワーク セグメントを追加する
  • 新しいネットワーク セグメントを確認する

前提条件

vCenter Server と NSX-T Manager のインターフェイスへのアクセスが可能な Azure VMware Solution プライベート クラウド。 詳細については、ネットワークの構成に関するチュートリアルを参照してください。

Azure portal を使用して NSX-T Data Center ネットワーク セグメントを追加する

Note

DHCP の使用を計画している場合は、NSX-T データ センター ネットワーク セグメントを構成する前に、DHCP サーバーまたは DHCP リレーを構成する必要があります。

  1. Azure VMware Solution プライベート クラウドで、 [ワークロード ネットワーク] の下にある [セグメント]>[追加] を選択します。

  2. 新しい論理セグメントの詳細を指定し、 [OK] を選択します。

    Azure portal に新しい NSX-T データ センター セグメントを追加する方法を示すスクリーンショット。

    • [セグメント名] - vCenter Server に表示されるセグメントの名前。

    • [サブネット ゲートウェイ] - セグメントのサブネットのゲートウェイ IP アドレスとサブネット マスク。 VM は論理セグメントに接続され、このセグメントに接続されているすべての VM は同じサブネットに属しています。 また、この論理セグメントに接続されているすべての VM は、同じセグメントの IP アドレスを持つ必要があります。

    • [DHCP] (省略可能) - 論理セグメントの DHCP 範囲。 セグメントで DHCP を使用するように DHCP サーバーまたは DHCP リレーを構成する必要があります。

    Note

    [接続されているゲートウェイ] は既定で選択され、読み取り専用です。 Tier-1 ゲートウェイとセグメント情報の種類を示しています。

    • [T1] - NSX-T Manager の Tier-1 ゲートウェイの名前。 プライベート クラウドには、アクティブ/アクティブ モードで NSX-T Tier-0 ゲートウェイが、アクティブ/スタンバイ モードで既定の NSX-T Tier-1 ゲートウェイがあります。 Azure VMware Solution コンソールを使用して作成されたセグメントは、既定の Tier-1 ゲートウェイにのみ接続し、これらのセグメントのワークロードは East-West および North-South 接続を取得します。 NSX-T Manager を通じてのみ、より多くの Tier-1 ゲートウェイを作成できます。 NSX-T Manager コンソールから作成された Tier-1 ゲートウェイは、Azure VMware Solution コンソールには表示されません。

    • [種類] -Azure VMware Solution でサポートされるオーバーレイ セグメント。

このセグメントは、Azure VMware Solution、NSX-T Manager、および vCenter Server に表示されるようになりました。

NSX-T Manager を使用してネットワーク セグメントを追加する

vCenter Server に作成された仮想マシン (VM) は、NSX-T Data Center に作成されたネットワーク セグメントに配置され、vCenter Server に表示されます。

  1. NSX-T Manager で、 [Networking](ネットワーク)>[Segments](セグメント) を選択してから、 [Add Segment](セグメントの追加) を選択します。

    NSX-T Manager に新しいセグメントを追加する方法を示すスクリーンショット。

  2. セグメントの名前を入力します。

  3. [Connected Gateway](接続されているゲートウェイ) として Tier-1 ゲートウェイ (TNTxx-T1) を選択し、 [Type](タイプ) は [Flexible](柔軟) のままにします。

  4. 事前構成済みのオーバーレイ トランスポート ゾーン (TNTxx-OVERLAY-TZ) を選択して、 [Set Subnets](サブネットの設定) を選択します。

    新しい NSX-T ネットワーク セグメントを追加するためのセグメントの詳細を示すスクリーンショット。

  5. ゲートウェイ IP アドレスを入力し、 [Add](追加) を選択します。

    重要

    IP アドレスは、重複しない RFC1918 アドレス ブロック上に存在する必要があります。これで新しいセグメント上の VM への接続が確保されます。

    新しいセグメントのゲートウェイの IP アドレスを示すスクリーンショット。

  6. [Apply](適用)[Save](保存) の順に選択します。

  7. [No](いいえ) を選択して、セグメントの構成を続行するのを辞退します。

新しいネットワーク セグメントを確認する

新しいネットワーク セグメントが存在することを確認します。 この例では、ls01 が新しいネットワーク セグメントです。

  1. NSX-T Manager で、 [Networking](ネットワーク)>[Segments](セグメント) を選択します。

    新しいネットワーク セグメントが NSX-T Data Center に存在することの確認と状態を示すスクリーンショット。

  2. vCenter Server で、[ネットワーク]>[SDDC データセンター] を選択します。

    新しいネットワーク セグメントが vCenter Server に存在することの確認を示すスクリーンショット。

次のステップ

このチュートリアルでは、VM に使用する NSX-T Data Center ネットワーク セグメントを vCenter Server に作成しました。

次のことができるようになりました。