Direct Line API 3.0 の主要な概念

Direct Line API を使用すると、ボットと独自のクライアント アプリケーション間の通信を有効にできます。 この記事では、Direct Line API 3.0 の主要概念を紹介し、関連する開発者リソースに関する情報を提供します。 SDK、REST API、または Web チャットを使用してクライアントを構築できます。

認証

Direct Line API 3.0 要求は、Azure portalの Direct Line チャネル構成ページから取得したシークレット使用するか、実行時に取得したトークンを使用して認証できます。 詳細については、認証に関するページをご覧ください。

会話の開始

Direct Line の会話はクライアントによって明示的に開かれ、ボットとクライアントが参加し、有効な資格情報を持っている限り続きます。 詳細については、「会話の開始」を参照してください。

メッセージを送信する

Direct Line API 3.0 を使用すると、クライアントは HTTP POST 要求を発行することでメッセージを送信できます。 クライアントは、要求ごとに 1 つのメッセージを送信できます。 詳しくは、「ボットにアクティビティを送信する」をご覧ください。

メッセージの受信

Direct Line API 3.0 を使用すると、クライアントは、WebSocket ストリームを通して、または HTTP GET 要求を発行してボットからメッセージを受信できます。 これらの手法のいずれかを使用することによって、クライアントは、ActivitySet の一部としてボットから一度に複数のメッセージを受信できます。 詳細については、「ボットからアクティビティを受信する」を参照してください。

開発者向けリソース

クライアント ライブラリ

Bot Framework では、C# と Node.js からの Direct Line API 3.0 へのアクセスを容易にするクライアント ライブラリが提供されています。

  • Visual Studio プロジェクト内で .NET クライアント ライブラリを使用するには、NuGet パッケージMicrosoft.Bot.Connector.DirectLineインストールします。

  • Node.js クライアント ライブラリを使用するには、NPMbotframework-directlinejs使用してライブラリをインストールします (または、ソースをダウンロードします)。

Web チャット コントロール

Bot Framework では、Direct Line によって強化されたボットをクライアント アプリケーションに埋め込めるようにするコントロールが提供されています。 詳細については、Microsoft Bot Framework WebChat コントロールに関するページを参照してください。