Share via


Edge Secured-Core プログラム

注: 2024 年 2 月の時点で、Azure Certified Device プログラムは廃止されました。 このページは、Edge Secured-Core プログラムの新しいホームとして更新されました。

Edge Secured-Core プログラムとは

Edge Secured-Core は、高度にセキュリティで保護された埋め込みデバイスに関して、Microsoft が推奨する標準です。 このようなデバイスにはハードウェア セキュリティ機能が含まれており、セキュリティで保護された状態で出荷され、デバイスの耐用期間中セキュリティの監視とメ保守を可能にするサービスに接続できる必要があります。

プログラムの目的

Edge Secured-Core は、フル オペレーティング システムを実行しているデバイスのセキュリティ認定です。 Edge Secured-Core は現在、Windows IoT Enterprise と Azure Sphere OS をサポートしています。 Linux のサポートは今後提供される予定です。 この基準を満たすデバイスは、次のことが可能になります。

  1. ハードウェアベースのデバイス ID
  2. システムの整合性を適用できる
  3. 最新の状態を維持し、リモートで管理できる
  4. 保存データを保護する
  5. 転送中のデータを保護する
  6. 組み込みのセキュリティ エージェントとセキュリティ強化

ユーザー ロール

Edge Secured-Core プログラムは、次の 2 種類の異なる対象ユーザーに提供されます。

  1. デバイス ビルダー: Edge デバイスを構築する場合、 デバイスを認定し、特定のセキュリティ要件を満たしていることを示して、Edge デバイスの機能を簡単に差別化できます。
  2. ソリューション ビルダー: どのような Edge デバイスがセキュリティ対応なのか疑問に思っている場合、 特定のセキュリティ要件を満たしていることを確認した上で、デバイス ビルダーから Edge デバイスを自信を持って購入できます。 現在、Edge Secured-Core デバイスの認定を受けているデバイス ビルダーの一覧を確認してください。

次のステップ

いよいよ認定に向けて作業を開始します。 デバイス認定プロセスを開始するには、次のリソースを参照してください。