Share via


目標と成果指標を使用してビジネスの成果を測定する

現代の運用には、ビジネスの成果を測定するための最新アプローチが必要です。 目標と成果指標 (OKR) は、ビジネスの目標を定義し、その成果を追跡するための強力な目標設定フレームワークです。 組織の OKR 測定プラットフォームでは、次の方法で企業の成果と成長計画をサポートする必要があります。

  • 日常業務と戦略的ビジネス イニシアティブを連携させる
  • クロスファンクショナル チームの作業を調整する
  • リアルタイムの進捗状況とパフォーマンスに関する分析情報を提供する
  • 社員の生産性と機敏性を強化する

目標と成果指標の概要

OKR フレームワークでは、イノベーションを促進し、複雑な作業環境での連携を推進し、組織にとって重要なことに個人が集中できるようにします。

すべての OKR の 2 つのコンポーネントは、目標とその成果指標です。 目標とは、チームで何を達成しようとしているのか、なぜそれが重要なのかを述べた、意図のステートメントです。 成果指標とは、目標達成へのチームの進捗状況を追跡する具体的な成果です。 自身の OKR に対してこれらのコンポーネントを定義するには、次の質問をします。

  • 目標: 何を達成したいか?
  • 成果指標: 目標達成に近づいていることは、どのような方法で知ることができるか? その進捗状況はどのようにして測定するか?

OKRは、チームを (「どのようなプロジェクトやタスクを実行できたか」 という) 「結果」という考え方から、(「プロジェクトやタスクのビジネス上の成果は何だったか」という) 「結果」という考え方へと向かわせます。 ビジネスにとって重要な期間 (四半期や会計年度など) の開始時に OKR を設定し、それらの OKR を定期的にチェックし、チームが作業量ではなく、その重要性に集中するようにできます。

OKR ソフトウェア

組織は特定のソフトウェアを使用して OKR フレームワークを活用し、最も重要な目標が確実に示されるようにします。 Microsoft Viva ゴールは、チームを組織の戦略的優先事項に結び付け、ミッションと目的を中心にチームを団結させ、ビジネスの成果を推進する目標調整ソリューションです。

Viva ゴールは Microsoft Viva の一部であるため、従業員エクスペリエンスに統合され、チームはどこからでも最高の能力を発揮できます。

OKR によって組織の価値が高まる

OKR は、あらゆる規模の組織に戦略的優位性をもたらします。また、あらゆる役割の個人が採用できます。 OKR は次の方法で組織の価値を高めます。

  • OKR は、組織が急速な変化に対応し、リスクを軽減し、無駄を特定するのに役立ちます。 OKR フレームワークを使用することで、組織全体で行われている作業を一定レベルで可視化でき、リスクを事前に管理できます。 統一システムなしでは見過ごしてしまう可能性がある多様なデータ セットに対するテーマ、傾向、変更を特定するのに役立ちます。 組織は、活動から成果へと焦点を移し、適切なタイミングで適切な変更を行って競争力を維持できます。
  • OKR によって、参加意欲が引き出されて促進されます。 うまく機能して組織の戦略的なリズムを支える原動力が得られた場合、OKR によってすべての従業員をより広範なミッションに結び付け、投入できます。
  • OKR により、イニシアティブを統一し、コラボレーションを向上させるクロス ファンクショナルな連携が生み出されます。 各個人、チーム、部門の目標が、組織のより幅広い戦略によって導かれている場合、チームでは各プロジェクト、タスク、成果の優先順位を明確に設定できます。
  • OKR では、進捗状況を継続的にレビューすることで、明確で、コンテキストに応じたコミュニケーションが提供されます。 目標が書かれたときに OKR フレームワークは停止しません。 代わりに、組織が追求している最も重要な成果の周囲に戦略的リズムを作り出します。 OKR フレームワークは、あらゆる相互作用に影響を与え、すべてのレビュー プロセスで継続的な改善を促進します。
  • OKR によって、文書化され、測定可能であり、所有される明確さが生み出されます。 OKR フレームワークによって、追跡および測定されるアカウンタビリティが提供されます。 このアカウンタビリティは双方向に機能します。各個人には OKR を実現する責任があり、組織のリーダーには、彼らの仕事を可能にする責任があります。

OKR の例

目標は、組織とチームに、ミッションを十分に理解したいと思わせるものである必要があります。 成果指標は、具体的で、各四半期以内に測定可能である必要があります。 次の OKR 例は、独自のものを設計するのに役立ちます。

目標 1: (製品とエンジニアリングの例): 顧客を満足させ、ユーザー ベースを拡大させるために "必須" の製品を提供する。主要な成果 1: NPS スコアを 40 から 50 に増加させる。 主要な成果 2: 日次アクティブ ユーザー数 (DAU) を 1,200 人から 1,500 人に増加させる。 主要な成果 3: アプリ ストアで 1,000 ダウンロードを達成する。

目標 2: (人事の例): 優れた業績を上げるために従業員のリテンション期間を増加させる。 主要な成果 1: 自発的な退職を 30% から 10% に減らす。 主要な結果 2: 外部に対して、募集ポジションを社内で埋める比率を 30% から 50% に引き上げる。 主要な成果 3: 従業員の 100% が、人事によって承認された標準化されたキャリア プランを持つ。

目標 3: (カスタマー サクセスの例): 製品の導入を増やすためにトレーニング プロセスを最適化する。 主要な成果 1: キー アカウント MAU を 250,000 から 350,000 に増やす。 主要な成果 2: 顧客向けナレッジ ベースの記事を 25 から 100 に増やす。 主要な成果 3: サクセス オフィス アワーへの参加者を 500 人から 1,000 人に倍増させる。

次のステップ

組織で OKR を実施するには、次の 5 つのステップが役立ちます。

  • ステップ 1: 学習。 OKR がビジネスにどのように役立つかについての調査を開始します。 同じ業界の同業者やリーダーの何人かの話を聞いて、OKR が組織にどのような利益をもたらしたかを学びます。
  • ステップ 2: 計画。 OKR の原案の作成を開始する際には、発案者がプロセスに貢献し関与するようにします。 OKR のコーチと一緒に作業して、OKR を改善します。
  • ステップ 3: 立ち上げ。 イニシアティブを立ち上げる方法は、組織によって異なります。 強力なコミュニケーション計画を維持し、OKR のキャリブレーション (調整) とセレブレーション (称賛) のプロセスを運用モデルに組み込みます。
  • ステップ 4: 推進。 組織全体で成果と結果を必ず共有することで、厳格さと集中力を維持します。
  • ステップ 5: 改善。 組織全体のつながりを強化する方法について、継続的に改善、再検討、見直しを行います。 スプレッドシートの OKR は役立ちますが、組織に最も大きな利益がもたらされるのは、全員が目標を達成するために協力し、連携されたデータから分析情報を得られたときです。

Microsoft Viva ゴールの詳細をご覧ください。

ビジネスの成果を測定したので、「財務上の考慮事項について理解する」に進んでください。