Azure portal を使用して Azure クラウド サービス (延長サポート) をデプロイする

この記事では、Azure portal を使ってクラウド サービス (延長サポート) のデプロイを作成する方法を説明します。

始める前に

クラウド サービス (延長サポート) のデプロイの前提条件を確認し、関連するリソースを作成します。

クラウド サービス (延長サポート) をデプロイする

  1. Azure ポータル

  2. Azure portal 最上部にある検索バーを使用し、 [Cloud Services (extended support)]\(Cloud Services (延長サポート)\) を検索および選択します。

    Image shows the all resources blade in the Azure portal.

  3. [Cloud Services (extended support)]\(Cloud Services (延長サポート)\) ペインで、 [作成] を選択します。

    Image shows purchasing a cloud service from the marketplace.

  4. [基本] タブでクラウド サービス (延長サポート) の作成ウィンドウが開きます。

    • サブスクリプションを選択します。
    • リソース グループを選択するか、新しく作成します。
    • クラウドサービス (延長サポート) のデプロイに付ける名前を入力します。
      • クラウド サービスの DNS 名は、これとは別個のもので、パブリック IP アドレスの DNS 名ラベルで指定します。DNS 名の変更は、[構成] タブのパブリック IP セクションから行えます。
    • デプロイ先のリージョンを選択します。

    Image shows the Cloud Services (extended support) home blade.

  5. クラウド サービスの構成、パッケージ、定義ファイルを追加します。 BLOB ストレージから既存のファイルを追加することも、ローカル マシンからこれらをアップロードすることもできます。 ローカル マシンからアップロードする場合、これらはストレージ アカウントに格納されます。

    Image shows the upload section of the basics tab during creation.

  6. すべてのフィールドに入力を終えたら、 [構成] タブに移動し、項目を入力します。

    • クラウド サービスに関連付ける仮想ネットワークを選択するか、新たに作成します。
      • クラウド サービス (延長サポート) のデプロイは、仮想ネットワーク内に存在する必要があります。 また、その仮想ネットワークは、サービス構成 (.cscfg) ファイル内の NetworkConfiguration セクションで参照されている必要があります
    • クラウド サービスに関連付ける既存のパブリック IP アドレスを選択するか、新たに作成します。
      • サービス定義 (.csdef) ファイルの中で IP 入力エンドポイントを定義していた場合には、クラウド サービス用にパブリック IP アドレスを作成する必要があります。
      • クラウド サービス (延長サポート) では、Basic の IP アドレス SKU のみをサポートしています。
      • サービス構成 (.cscfg) に予約済み IP アドレスが含まれる場合には、パブリック IP の割り当ての種類を [静的] に設定する必要があります。
      • 必要に応じて、クラウド サービス エンドポイントに DNS 名を割り当てます。これは、クラウド サービスに関連付けられているパブリック IP アドレスの DNS ラベル プロパティを更新することによって行います。
    • (省略可能) クラウド サービスを起動します。 作成後すぐにサービスを起動するか、起動しないかを選択します。
    • キー コンテナーを選択します。
      • サービス構成 (.cscfg) ファイルで証明書を 1 つ以上指定している場合には、キー コンテナーが必要です。 キー コンテナーを選択すると、選択されている証明書が、その拇印に基づいて、サービス構成 (.cscfg) ファイルから検索されます。 キー コンテナーにない証明書がある場合は、証明書をアップロードし、 [最新の情報に更新] をクリックします。

Image shows the configuration blade in the Azure portal when creating a Cloud Services (extended support).

  1. すべてのフィールドに入力を終えたら、 [確認と作成] タブに移動し、デプロイ構成を検証して、クラウド サービス (延長サポート) を作成します。

次のステップ