Azure Cosmos DB (プレビュー) のバースト容量についてよく寄せられる質問

適用対象: SQL API Cassandra API Gremlin API Table API MongoDB 用 Azure Cosmos DB API

Azure Cosmos DB のバースト容量 (プレビュー) を使用すると、データベースまたはコンテナーのアイドル状態のスループット容量を利用して、トラフィックの急増を処理できます。 この記事では、Azure Cosmos DB のバースト容量についてよく寄せられる質問に対する回答が示されています。

バースト容量の使用コストはどれくらいですか?

バースト容量に使用料金は発生しません。

バースト容量は自動スケーリングでどのように機能しますか?

自動スケーリングとバースト容量には互換性があります。 自動スケーリングにより、即時の、10 倍のスケール範囲が保証されます。 バースト容量を使用すると、未使用のアイドル状態の容量を利用して、自動スケールの最大 RU/秒を超える可能性がある一時的なスパイクを処理できます。 たとえば、100 から 1000 RU/秒の間でスケーリングされる 1 つの物理パーティションを持つ自動スケール コンテナーがあるとします。 バースト容量がない場合、1000 RU/秒を超える要求はレート制限されます。 ただし、バースト容量を使用すると、パーティションは毎秒、最大 1000 RU/秒のアイドル容量を蓄積できます。 バースト容量を使用すると、限られた期間、パーティションを最大レート 3000 RU/秒でバーストできます。

バーストの累積は、最大自動スケール RU/秒に基づいています。

バースト容量を適用するには、物理パーティションあたりの自動スケール最大 RU/秒が 3,000 RU/秒未満である必要があります。

自動スケールでバースト容量を使用する場合、自動スケールでは、バースト容量が使用される前に最大 RU/秒が使用されます。 トラフィックの急増時に、自動スケールが最大 RU/秒にスケールアップする場合があります。

バースト容量を使用できるリソースは何ですか?

ご自分のアカウントがプレビューに登録されている場合、物理パーティションあたり 3,000 RU/秒未満の専用スループットを持つ共有スループット データベースまたはコンテナーは、バースト容量を使用できます。 リソースでは、手動または自動スケールのスループットを使用できます。

バースト容量を監視するにはどうすればよいですか?

Azure Cosmos DB に組み込まれている Azure Monitor メトリックは、TotalRequests メトリックと TotalRequestUnits (プレビュー) メトリックの CapacityType ディメンションでフィルター処理できます。 バースト容量で処理される要求の CapacityType は、BurstCapacity と等しくなります。

物理パーティションあたり 3,000 RU/秒未満のリソースを確認するにはどうすればよいですか?

新しい Azure Monitor メトリックである PhysicalPartitionThroughput を使用し、PhysicalPartitionId ディメンションで分割して、物理パーティションごとの 1 秒あたりの RU 数を確認できます。

次の手順