Azure Cosmos DB Gremlin API 用の Azure CLI サンプル

適用先: Gremlin API

次のテーブルには、Azure Cosmos DB Gremlin API の Azure CLI スクリプトのサンプルと、すべての Cosmos DB API に適用される Azure CLI スクリプトのサンプルへのリンクが含まれています。 共通サンプルは、すべての API で同じです。

これらのサンプルを使用するには、Azure CLI バージョン 2.30 以降が必要です。 バージョンを確認するには、az --version を実行します。 インストールまたはアップグレードする必要がある場合は、Azure CLI のインストールに関するページを参照してください。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

Gremlin API サンプル

タスク 説明
Azure Cosmos のアカウント、データベース、およびグラフを作成する Gremlin API 用の Azure Cosmos DB のアカウント、データベース、およびグラフを作成します。
Gremlin API、データベース、グラフ用のサーバーレス Azure Cosmos アカウントを作成する Gremlin API 用のサーバーレス Azure Cosmos DB のアカウント、データベース、グラフを作成します。
Azure Cosmos アカウント、データベース、自動スケーリングのグラフを作成する Gremlin API 用に Azure Cosmos DB アカウント、データベース、自動スケーリングのグラフを作成します。
スループット操作を実行する データベースとグラフに対する読み取り、更新、および自動スケーリングと標準スループット間の移行を行います。
リソースが削除されないようにロックする リソース ロックを使用してリソースが削除されないようにします。

共通 API サンプル

これらのサンプルは、すべての Azure Cosmos DB API に適用されます このサンプルでは、SQL (Core) API アカウントを使用していますが、これらの操作は Cosmos DB のすべてのデータベース API で同一です。

タスク 説明
リージョンを追加またはフェールオーバーする リージョンの追加、フェールオーバー優先度の変更、手動フェールオーバーのトリガーを行います。
アカウントキー操作の実行  アカウント キーと読み取り専用キーの表示、キーの再生成、および接続文字列の表示を行います。
IP ファイアウォールを使用してセキュリティ保護する IP ファイアウォールが構成された Cosmos アカウントを作成します。
サービス エンドポイントを使用して新しいアカウントをセキュリティ保護する Cosmos アカウントを作成し、サービス エンドポイントを使用してセキュリティ保護します。
サービス エンドポイントを使用して既存のアカウントをセキュリティ保護する サブネットが最終的に構成されるときに、サービス エンドポイントを使用してセキュリティ保護されるように Cosmos アカウントを更新します。
既存の Free レベル アカウントを検索する サブスクリプションに既存の Free レベル アカウントがあるかどうかを確認します。

次のステップ

Azure Cosmos DB CLI のすべてのコマンドのリファレンス ページは、Azure CLI リファレンスで確認できます。

その他の Api の Azure CLI サンプルについては、次を参照してください。