Share via


join 演算子

各テーブルの指定した列の値を照合することにより、2 つのテーブルの行をマージして新しいテーブルを作成します。

Kusto 照会言語 (KQL) にはさまざまな種類の結合が用意されており、それぞれが結果テーブルのスキーマと行に異なる方法で影響を与えます。 たとえば、inner 結合を使用する場合、テーブルには、左側のテーブルと同じ列と、右側のテーブルの列が含まれます。 最適なパフォーマンスを得るために、一方のテーブルが他方よりも常に小さい場合は、それを join 演算子の左側として使用します。

次の図は、各結合によって実行される操作の視覚的な表現を示しています。

クエリ結合の種類を示す図。

構文

LeftTable|join [ kind=JoinFlavor ] [ヒント] (RightTable)on"条件"

構文規則について詳しく知る。

パラメーター

名前 必須 説明
LeftTable string ✔️ 行をマージする左側のテーブルまたは表形式の式。外部テーブルとも呼ばれます。 $left と示されます。
JoinFlavor string 実行する結合の種類: inneruniqueinnerleftouterrightouterfullouterleftantirightantileftsemirightsemi。 既定値は、innerunique です。 結合の種類の詳細については、「戻り値」を参照してください。
[ヒント] string 行の照合操作と実行プランの動作を制御する、スペースで区切られた "名前 = 値" の形式の 0 個以上の結合のヒント。 詳細については、「ヒント」を参照してください。
RightTable string ✔️ 行をマージする右側のテーブルまたは表形式の式。内部テーブルとも呼ばれます。 $right と示されます。
条件 string ✔️ LeftTable の行を RightTable の行と照合する方法を指定します。 照合する列の名前が両方のテーブルで同じである場合は、ONColumnName 構文を使用します。 それ以外の場合は、ON $left.LeftColumn==$right. RightColumn 構文を使用します。 複数の条件を指定するには、"and" キーワードを使用するか、コンマで区切ります。 コンマを使用する場合、条件は "and" 論理演算子を使用して評価されます。

ヒント

パフォーマンスを最高にするには、一方のテーブルが他より常に小さい場合は、それを結合の左側として使用します。

[ヒント]

ヒント キー 説明
hint.remote auto, left, local, right クラスター間の結合」を参照してください
hint.strategy=broadcast クラスター ノードでクエリ負荷を共有する方法を指定します。 ブロードキャスト結合を参照してください。
hint.shufflekey=<key> shufflekey クエリは、データをパーティション化するキーで、クラスター ノードのクエリ負荷を共有します。 クエリ*のシャッフルを参照
hint.strategy=shuffle shuffle 戦略クエリは、クラスター ノードのクエリ負荷を共有します。各ノードで 1つずつ、データのパーティション化を処理します。 シャッフル クエリに関するページを参照してください
名前 説明
hint.remote auto, left, local, right
hint.strategy=broadcast クラスター ノードでクエリ負荷を共有する方法を指定します。 ブロードキャスト結合を参照してください。
hint.shufflekey=<key> shufflekey クエリは、データをパーティション化するキーで、クラスター ノードのクエリ負荷を共有します。 クエリ*のシャッフルを参照
hint.strategy=shuffle shuffle 戦略クエリは、クラスター ノードのクエリ負荷を共有します。各ノードで 1つずつ、データのパーティション化を処理します。 クエリ*のシャッフルを参照

Note

結合のヒントによって join のセマンティックが変更されることはありませんが、パフォーマンスが影響を受ける可能性があります。

戻り値

戻り値のスキーマと行は、結合のフレーバーによって異なります。 結合フレーバーは、kind キーワードを使用して指定します。 サポートされている結合フレーバーを次の表に示します。 特定の結合フレーバーの例を表示するには、結合 フレーバー 列のリンクを選択します。

結合のフレーバー 戻り値
innerunique (既定値) 左側の重複を除去する内部結合
スキーマ: 両方のテーブルのすべての列 (一致するキーを含む)
: 右側のテーブルの行と一致する左側のテーブルの重複除去されたすべての行
inner 標準の内部結合
スキーマ: 両方のテーブルのすべての列 (一致するキーを含む)
: 両方のテーブルで一致する行のみ
leftouter 左外部結合
スキーマ: 両方のテーブルのすべての列 (一致するキーを含む)
: 左側のテーブルのすべてのレコードと、右側のテーブルの一致する行のみ
rightouter 右外部結合
スキーマ: 両方のテーブルのすべての列 (一致するキーを含む)
: 右側のテーブルのすべてのレコードと、左側のテーブルの一致する行のみ
fullouter 完全外部結合
スキーマ: 両方のテーブルのすべての列 (一致するキーを含む)
: 一致しないセルに null が設定された、両方のテーブルのすべてのレコード
leftsemi 左半結合
スキーマ: 左側のテーブルのすべての列
: 右側のテーブルのレコードと一致する左側のテーブルのすべてのレコード
leftanti, anti, leftantisemi Left Anti Join と Semi Variant
スキーマ: 左側のテーブルのすべての列
: 右側のテーブルのレコードと一致しない左側のテーブルのすべてのレコード
rightsemi 右半結合
スキーマ: 右側のテーブルのすべての列
: 左側のテーブルのレコードと一致する右側のテーブルのすべてのレコード
rightanti, rightantisemi Right Anti Join と Semi Variant
スキーマ: 右側のテーブルのすべての列
: 左側のテーブルのレコードと一致しない右側のテーブルのすべてのレコード

クロス結合

KQL では、クロス結合フレーバーは提供されていません。 ただし、プレースホルダー キーのアプローチを使用して、クロス結合の効果を実現できます。

次の例では、プレースホルダー キーを両方のテーブルに追加してから内部結合操作に使用して、クロス結合のような動作を効果的に実現しています。

X | extend placeholder=1 | join kind=inner (Y | extend placeholder=1) on placeholder