Share via


parse_ipv6()

IPv6 または IPv4 の文字列を、正規の IPv6 文字列表現に変換します。

構文

parse_ipv6(Ip)

構文規則について詳しく知る。

パラメーター

名前 必須 説明
Ip string ✔️ 正規の IPv6 表現に変換される IPv6/IPv4 ネットワーク アドレス。 この値には、 IP プレフィックス表記を使用した net-mask を含めることができます。

IP プレフィックスの表記

IP プレフィックス表記 (CIDR 表記とも呼ばれます) は、IP アドレスとそれに関連付けられているネットワーク マスクを表す簡潔な方法です。 形式は です <base IP>/<prefix length>。プレフィックスの長さは、ネットマスク内の先頭の 1 ビットの数です。 プレフィックスの長さは、ネットワークに属する IP アドレスの範囲を決定します。

IPv4 の場合、プレフィックスの長さは 0 ~ 32 の数値です。 そのため、表記 192.168.2.0/24 は IP アドレス 192.168.2.0 を表し、ネットマスクは 255.255.255.0 です。 このネットマスクの先頭は 24 ビット、プレフィックス長は 24 です。

IPv6 の場合、プレフィックスの長さは 0 ~ 128 の数値です。 そのため、表記 fe80::85d:e82c:9446:7994/120 は、ffff:ffff:ffff:ffff:ff00 のネットマスクを持つ IP アドレス fe80::85d:e82c:9446:7994 を表します。 このネットマスクの先頭は 120 ビット、プレフィックス長は 120 です。

戻り値

変換が成功した場合、結果は正規の IPv6 ネットワーク アドレスを表す文字列になります。 変換が成功しなかった場合、結果は空の文字列になります。

datatable(ipv4: string)
[
    '192.168.255.255', '192.168.255.255/24', '255.255.255.255'
]
| extend ipv6 = parse_ipv6(ipv4)

出力

ipv4 IPv6
192.168.255.255 0000:0000:0000:0000:0000:ffff:c0a8:ffff
192.168.255.255/24 0000:0000:0000:0000:0000:ffff:c0a8:ff00
255.255.255.255 0000:0000:0000:0000:0000:ffff:ffff:ffff