次の方法で共有


project 演算子

含める列、名前を変更する列、または削除する列を選択し、新しい計算列を挿入します。

結果の列の順序は、引数の順序によって指定されます。 結果には、引数で指定された列のみが含まれます。 入力内のその他の列は削除されます

構文

T| project [ColumnName | (ColumnName[,])=] Expression [, ...]

または

T| projectColumnName [=Expression] [, ...]

構文規則について詳しく知る。

パラメーター

名前 必須 説明
T string ✔️ 特定の列を投影する表形式の入力。
[ColumnName] string 出力に表示される列名またはコンマ区切りの列名の一覧。
[式] string 入力に対して実行するスカラー式。
  • ColumnName または Expression を指定する必要があります。
  • がない場合は、ColumnName の列を入力に表示する必要があります。
  • ColumnName を省略すると、Expression の出力列名が自動的に生成されます。
  • "" によって複数の列が返される場合は、かっこで囲んで列名のリストを指定できます。 列名のリストが指定されていない場合、生成された名前を持つ のすべての出力列が出力に追加されます。

注意

入力内の既存の列と同じ名前の新しい計算列を返すのはお勧めしません。

戻り値

引数として名前を指定された列を含むテーブル。 入力テーブルと同じ数の行を含みます。

特定の列のみを表示する

テーブルの EventId、、 StateEventTypeStormEvents のみを表示します。

StormEvents
| project EventId, State, EventType

次の結果表は、上位 10 件の結果のみを示しています。

EventId 状態 EventType
61032 ATLANTIC SOUTH Waterspout
60904 FLORIDA Heavy Rain
60913 FLORIDA Tornado
64588 GEORGIA 雷雨風
68796 MISSISSIPPI 雷雨風
68814 MISSISSIPPI Tornado
68834 MISSISSIPPI 雷雨風
68846 MISSISSIPPI ひょう
73241 AMERICAN SAMOA 鉄砲水
64725 ケンタッキー 洪水
... ... ...

プロジェクトを使用した潜在的な操作

次のクエリでは、列の名前を BeginLocation 変更し、2 つの既存の列に対する計算から という名前 TotalInjuries の新しい列を作成します。

StormEvents
| project StartLocation = BeginLocation, TotalInjuries = InjuriesDirect + InjuriesIndirect
| where TotalInjuries > 5

次の表は、最初の 10 件の結果のみを示しています。

StartLocation TotalInjuries
リディア 15
ロイヤル 15
ヨーテボリ 9
平野 8
ノックスビル 9
CAROL STREAM 11
ホリー 9
RUFFIN 9
ENTERPRISE MUNI ARPT 50
コリアーヴィル 6
... ...