Share via


Azure Data Manager for Agriculture での農作業とアクティビティ データの操作

ユーザーは、農作業データ インジェスト ジョブを作成して、指定されたデータ プロバイダーから、特定のパーティに関連付けられている Azure Data Manager for Agriculture インスタンスに関連する 農作業アクティビティ データをプルできます。 ジョブは必要な認証更新を処理し、既定では変更を毎日検出して同期します。 場合によっては、ジョブによって、特定のアカウントに関連付けられている農場とフィールドの情報もパーティにプルされます。

Note

農作業ジョブを作成する前に、農作業データ プロバイダー oAuth フローと正常に統合する必要があります

FarmOperations ジョブの作成

任意の ID を使用して農作業データを取り込む農作業ジョブを作成します。 このジョブ ID は、GET Farm Operations ジョブを使用してジョブの状態を監視するために使用されます。

API ドキュメント:FarmOperations_CreateDataIngestionJob

Note

shapeTypeshapeResolution は、プロバイダー固有の属性です。 ご使用のプロバイダーに該当しない場合は、値を "None" に設定します。

提供された startYearoperations の一覧に基づいて、Azure Data Manager for Agriculture は開始日から現在の日付までのデータをフェッチします。

特定のデータ (ジオメトリ) と共に、農作業データ プロバイダーは、農場またはフィールドで実行されたアクティビティの DAT ファイルも提供します。 DAT ファイル、シェイプ ファイルなどには、アクティビティが実行された場所を反映するジオメトリが含まれています。

ジョブの状態と詳細は、次を使用して取得できます: FarmOperations_GetDataIngestionJobDetails

農作業データの検索と取得

データが Azure Data Manager for Agriculture に取り込まれたので、クエリを実行するか、次の方法で一覧表示できます。

方法 1: ジオメトリ交差を使用して農作業データを検索する

フィールド定義が高頻度で変更されることを考慮して、Azure Data Manager for Agriculture では交差による検索機能がサポートされています。これにより、最初に農場/フィールド階層や関連付けを知らなくても、関係者間でスペースと時間でデータを整理できます。 partyId がある場合は、入力で使用できます。これは、指定したパーティの農作業データ項目の一覧が表示されます。

API ドキュメント

plantingId のような ID を使用して、同じ API で上記のデータをフェッチすることもできます。 ID を削除すると、パーティ間で同じジオメトリと交差する他のデータを確認できます。 そのため、異なるパーティ間で同じジオメトリのデータが表示されます。

方法 2: 型別にデータを一覧表示する

取得されたデータは、パーティーのアクティビティの種類によって並べ替えられます。 これらは、標準フィルターが適用された状態で一覧表示できます。 個々のデータ項目を取得して、sourceActivityIdproviderFieldId、および Geometry を含むプロパティとメタデータを表示できます。

API ドキュメント

添付ファイルの一覧表示とダウンロード

FarmOperations_GetDataIngestionJobDetails API の応答のメッセージ属性は、処理されたデータの量と、作成された添付ファイルの数を示します。 partyId に関連付けられている添付ファイルを確認するには、添付ファイル API に移動します。 応答では、partyId の下に作成されたすべての添付ファイルが表示されます。

API ドキュメント: 添付ファイル

次のステップ

  • API については、こちらを参照してください。