次の方法で共有


Notebooks を管理する

UI、CLI、Workspace API を使用してノートブックを管理できます。 この記事では、UI を使用したノートブック タスクの実行に焦点を当てています。 その他の方法については、「Databricks CLI とは」 と Workspace API リファレンスに関するページを参照してください。

ノートブックを作成する

ワークスペースのサイドバーで [新規] ボタンを使用する

既定フォルダーに新しいノートブックを作成するには、サイドバーで [新規] アイコン[新規] をクリックし、メニューから [Notebook](ノートブック) を選択します。

Databricks により、既定のフォルダーに新しい空のノートブックが作成され開かれます。 既定の言語は、最近使用した言語であり、ノートブックは、最近使用したコンピューティング リソースに自動的にアタッチされます。

任意のフォルダーにノートブックを作成する

次の手順に従って、任意のフォルダー (Shared フォルダーなど) に新しいノートブックを作成できます。

  1. サイドバーで、ワークスペース アイコン[ワークスペース] をクリックします。
  2. 任意のフォルダーの名前を右クリックし、[ノートブック>の作成] を選択します。 ワークスペースに空のノートブックが開きます。

ノートブックを開く

ワークスペースで、ノートブック アイコン をクリックします。 ノートブックのタイトルにマウス ポインターを合わせると、ノートブックのパスが表示されます。

ノートブックを削除する

ワークスペース メニューにアクセスしてワークスペース内のノートブックや他の項目を削除する方法については、「フォルダー」と「ワークスペース オブジェクトの操作」を参照してください。

ノートブックのパスまたは URL をコピーする

ノートブックを開かずにノートブック ファイルのパスまたは URL を取得するには、ノートブック名を右クリックし、[パスの>コピー] または [URL >のコピー] を選択します。

ノートブックの名前を変更する

開いているノートブックのタイトルを変更するには、タイトルをクリックしてインラインで編集するか、[ファイル] > [名前の変更]をクリックします。

ノートブックへのアクセスを制御する

Azure Databricks アカウントに Premium プランがある場合は、ワークスペースのアクセス制御を使用して、ノートブックにアクセスできるユーザーを制御できます。

エディターの設定を構成する

エディターの設定を構成するには、次のようにします。

  1. ワークスペースの右上にあるユーザー名をクリックし、ドロップダウンから [設定] を選択します。
  2. [設定] サイドバーで、[Developer] を選択します。

クラスターにアタッチされているノートブックを表示する

クラスターの詳細ページの [ノートブック] タブに、クラスターに最近アタッチされたノートブックが表示されます。 このタブには、ノートブックの状態と、ノートブックからコマンドが最後に実行された時刻も表示されます。

クラスターの詳細がアタッチされているノートブック