Share via


Azure DevOps Serverの新機能

Azure DevOps Server 2022 | Azure DevOps Server 2020 | Azure DevOps Server 2019

以前は Visual Studio Team Foundation Server (TFS) という名前のAzure DevOps Serverを使用して、製品のライフサイクルを管理し、リスクを軽減し、チームの効率を向上させることができます。 Updatesは、クラウドでホストされるバージョン (Azure DevOps Services) に数週間ごとに作成されます。 これらの更新プログラムは、オンプレミスのAzure DevOps Serverと TFS に対する四半期ごとの更新によってロールアップされ、利用可能になります。 ホストされているバージョンとオンプレミスのバージョンの違いについては、「Azure DevOps Servicesと TFS で提供されるサービスのツアー」を参照してください。

クラウド サービス オファリングの新機能については、「Azure DevOps Services機能の更新」を参照してください。

最新バージョンのAzure DevOps Serverは、Visual Studio のダウンロード ページからダウンロードできます。

Azure DevOps Server 2020 RC

「Azure DevOps Server 2020 RC1 リリース ノート」を参照してください

Azure DevOps Server 2019

次の表は、Azure DevOps Server 2019 の新機能を説明する Azure DevOps Server 2019 リリース ノートへのリンクを示しています。

全般

Wiki

レポート

Azure Boards

Azure Repos

Azure Pipelines

ビルド

リリース

Azure Test Plans

Azure Artifacts

TFS 2018

TFS 2018.3

Team Foundation Server 2018.3 のリリース ノートを表示します。

TFS 2018.2

注意

次のリンクは、 Team Foundation Server 2018.2 リリース ノート内の関連セクションを開きます。

コード

  • コードの永続リンクを取得する
  • API を使用して最近削除されたリポジトリを回復する
  • SSH:追加の暗号または鍵のサポートと旧式の暗号の廃止
  • リポジトリ設定を利用して上書きを回避し、パフォーマンスの低下を防ぐ
  • 1,000 を超えるファイルが変更されたフィルター機能 fr コミットの強化
  • 強制プッシュによって失われたコミットを見つける
  • 変更履歴に記録が追加されました
  • 相違ビューの [右端で折り返す] と [空白の表示/非表示]
  • ビルドとリリースに対する Git リポジトリへのコード プッシュを追跡する
  • 電子メール通知のレンダリングされたマークダウン
  • Windows エクスプローラーから直接 TFVC コマンドを実行する
  • pull requests に参加できるユーザーの管理
  • Pull request のコメント通知にスレッド コンテキストが含まれる
  • 作業項目の設定を完了する
  • Pull request のステータスの拡張性
  • Pull request サービス フックのマージ イベント
  • pull request による作業項目完了のエラー メッセージの改善
  • pull request のメンション
  • pull request ラベルを利用してレビュー担当者を支援する
  • ファイル名の変更後も Pull request のコメントが続けられる
  • pull request のマージ コミットを表示する
  • 最近使用したレビュー担当者
  • pull request オートコンプリートの残りのポリシー条件の表示
  • pull requests のコメントに数式を含める
  • 分岐のpull request 提案
  • pull request ポリシーのパス フィルター

作業

  • 作業項目フォームのキーボード ショートカット
  • 最新の列のオプション
  • クエリの最終実行者情報
  • 作業項目グリッドから HTML タグを取り除きました
  • クエリ演算子 Not In のサポートの追加
  • @MyRecentActivity と @RecentMentions のクエリ
  • 作業項目の追跡通知のカスタム フィールドとタグ フィルター
  • 担当作業項目ページのメンション サポート
  • プランにフィルターを適用する
  • 更新されたプラン ナビゲーション
  • タスク ボードで要件/ユーザーを展開する/折りたたむ
  • 特定のユーザーにルールを回避するアクセス許可を与える

ビルドとリリース

  • XAML ビルド
  • 複数フェーズ ビルドの機能強化
  • リポジトリに変更がない場合、予定されているビルドをスキップする
  • GitHub Enterprise からの継続的インテグレーションによるビルド
  • ビルドまたはリリース中にセキュア ファイルをエージェントにダウンロードできる
  • Apple プロビジョニング プロファイルをソース リポジトリからインストールできる
  • ビルド タグを利用し、ビルドまで GitHub ソースを追跡する
  • ビルドおよびリリース中、特定の Java 開発キット (JDK) をインストールできる
  • Xcode ビルド構成の改善
  • リリース ゲート
  • 成果物を選択的に展開し、リリースをトリガーする
  • エンティティ固有セキュリティの管理
  • 複数の環境を承認する
  • リリース テンプレートの拡張性
  • 条件付きのリリース タスクおよびフェーズ
  • サービス エンドポイントの要求履歴
  • Git と GitHub の成果物の種類の既定プロパティが編集可能に
  • リリース ビューから手動で環境を一括展開する
  • Jenkins 複数ブランチ パイプラインがフォルダーで整理されているジョブに対応、リンクが可能に
  • 成果物ソースとしての Docker Hub または Azure Container Registry
  • 既定の成果物バージョン
  • リリース トリガー ブランチの機能強化
  • パッケージ管理成果物のリリース トリガー
  • 変数グループの範囲を特定の環境に設定する
  • Azure Container Registry と Docker Hub から自動的にリリース
  • Jenkins 成果物の既定バージョンを指定する
  • 拡張機能からリリース ゲートを投稿する
  • デプロイ グループを使用して仮想マシンへのデプロイをスケーリングする

パッケージ

  • TFS フィードの保持ポリシー
  • パッケージ管理でのフィルター処理
  • バッジを利用してパッケージを共有する
  • 以前のパッケージ バージョンの一覧を 1 ページ全体にまとめました
  • パッケージ一覧でパッケージ バージョンの品質を表示する
  • Gulp、Yarn、その他の認証済みフィードのサポート
  • パッケージ フィードの既定のアクセス許可にプロジェクト管理者を追加
  • パッケージをリサイクルし、復元する
  • あらゆる場所からパッケージにリンク

テスト

  • Visual Studio テスト タスクに完全な Visual Studio は必要ありません
  • 機能テストの実行とタスク エージェントの展開タスクが非推奨になりました
  • 大量のテスト結果を絞り込む
  • 不安定なテストを特定する
  • プレビュー機能を改善し、Visual Studio テスト タスクによって生成されたさまざまな種類のログに対応

Wiki

  • Wiki 検索
  • Wiki ページの印刷
  • キーボード ショートカットを利用し、簡単に Wiki ページに貢献する
  • コード リポジトリ マークダウンのリッチ マークダウン レンダリング
  • Wiki で数式に対応
  • Wiki で作業項目を参照する
  • 作業項目と Wiki ページのリンク
  • Ctrl + S で Wiki ページを保存する
  • Wiki のリッチ コンテンツを HTML として貼り付ける
  • キーボードを利用して Wiki でページを移動する
  • フィルター テキストの強調表示
  • Wiki ページの編集中にコンテンツをプレビューする

全般

  • プロファイル カード
  • 円の中のアバター
  • プロジェクト タグ
  • お気に入りグループの順序を変更する

TFS 2018.1

注意

次のリンクは、 Team Foundation Server 2018.1 RC1 リリース ノート内の関連セクションを開きます。

新機能の概要

バグの修正

コード

  • 検索でインデックスを作成中にリポジトリが削除された場合、ジョブは GitRepositoryNotFoundException で失敗します。
  • TFVC リポジトリの最初のインデックス作成中に、フォルダーが削除され、インデックス作成に時間がかかる場合があります。
  • ダウンロードに失敗するファイルが多数ある場合、Searchインデックス作成パッチ ジョブは失敗する可能性があります。
  • コード ファイルのインデックス作成に失敗し、再試行中に失敗し続けると、"Elasticsearch によって拒否された多数のファイル、このジョブが失敗しました" というエラー メッセージが無期限に表示されます。
  • 顧客には、"アカウント内の 1 つ以上のプロジェクトがまだインデックスが作成されているため、結果が表示されません" という永続的なメッセージが表示されます。この更新プログラムでは、特定のファイル セットに対して最大 10 回のエラーが表示されます。

Work

  • 作業項目から TFVC リンクがあり、TFVC 成果物が削除された場合、作業項目にリンクは表示されません。
  • ID 情報が作業項目と正しく同期されない場合があります。
  • ALLOWEDVALUES が WHEN ルール内で定義されている場合、許可される値のユーザー設定フィールドが機能しない可能性があります。

ビルドとリリース

  • 関連付けられた変更が空の場合、ビルドの概要には関連する作業項目は表示されません。
  • ビルド定義を一時停止しても、ゲート ビルドは一時停止されません。
  • ビルド定義の [ソースの取得] 手順を構成すると、$(build.sourcesDirectory) 以下のローカル パスが予期せず設定されます。
  • リリース定義を保存すると、タスクで使用されているエンドポイントに変更がない場合でも、"サービス エンドポイントが使用できない、またはアクセスできない" というエラーが表示されます。
  • リリース パイプラインでは、並列環境が視覚化される順序を並べ替えることはできません。 この状況を解決するために、環境を上下に移動するためのオプションがエディターの環境パネルに追加されました。
  • SQL 例外は、エージェント プールのメンテナンス ジョブを以前のバージョンのエージェントにキューに入れるときに発生する可能性があります。

テスト

  • [実行タイムアウト] テスト設定は受け入れられません。
  • テスト カテゴリ フィルターは、分散モードでテストを実行するときに機能しません。
  • テスト プラン フィルターには、フィルター クエリが無効かどうかが表示されません。
  • テスト ケースから共有ステップに 10 を超えるステップを抽出することはできません。
  • テスト結果なしでビルドが完了すると、正しくないメッセージが表示され、ユーザーに Visual Studio テスト タスクが表示されます。
  • ロシア語とフランス語では、 [テストの実行] ページの [検索] ボタンは表示されません。
  • "このコンテンツの読み込み中にエラーが発生しました" というエラー メッセージは、テスト 計画をお気に入りにした後、[ お気に入り ] ページに表示されます。
  • テスターを割り当てるためのコンテキスト メニューがありません。
  • タスク ボード上の既存のテスト ケースを削除した後、非表示のテストの合計数が正確ではありません。
  • テスト グラフの数は、子 テスト プランからロールアップするときに正しくありません。
  • ユーザーは、テスト 計画/テスト スイートのアクセス許可を管理したり、テスト実行のアクセス許可を削除したりするときに、Test Plansとテスト スイート削除することはできません。
  • 順序付けられたテスト ケースの階層ビューは、テスト結果を発行するときに表示されません。

Wiki

  • サイズが大きいため、挿入されたファイルのアップロードに失敗してもエラーは発生しません。

レポート

  • 作業項目のグラフを構成するときに、カラー ピッカーは表示されません。
  • TFS 2018 へのアップグレード中にレポートを除外した後に、ウェアハウス ジョブが実行されます。

アップグレードとインストール

  • TFS 2018 にアップグレードするときに 、CFD データの移行 ステップの実行中に ArgumentNullException がスローされます。
  • 多数の NuGet パッケージ バージョンを使用して TFS 2017 から TFS 2018 にアップグレードするときに、最新の CoD への移行 (オンプレミス) ステップで "Base-64 文字配列または文字列の長さが無効です" エラーが発生します。
  • スケジュールされたバックアップを構成する場合、TFS 2018 へのアップグレードに時間がかかることがあります。
  • レポート サーバーと分析サーバーの値は、アップグレード ウィザードに設定されません。
  • TFS 2018 にアップグレードすると、Microsoft.TeamFoundation.Warehouse.OptimizeDatabases ジョブが重複します。
  • TFS をアップグレードすると、"TF50620: Team Foundation ID スコープが存在しません" というエラーが発生します。
  • コンピューター名に Unicode 拡張 B 文字が含まれている場合、構成ウィザードは失敗します。
  • TFS 2018 にアップグレードすると、"upd_AnalyticsToDev15M108PreSchema.sql スクリプトの実行中に 1 エラーが発生しました" というエラーが発生します。
  • TFS 2018 へのアップグレード時に、"実行タイムアウトの期限が切れました。 操作が完了する前にタイムアウト期間が経過したか、サーバーが応答していません。TFS 2018 にアップグレードすると、エラーが発生します。
  • プロジェクト コレクションがオフラインの場合、Searchの構成は失敗します。
  • 多くの NuGet パッケージがある場合、TFS 2018 へのアップグレードには長い時間がかかります。
  • TFS 2018 にアップグレードするときにタイムアウトを超えたために、prc_CopyContainerItemFiles ジョブが失敗する可能性があります。

管理

  • Team Foundation Server アクティビティ ログ管理ジョブは、タイムアウト後にプロジェクト コレクションで失敗します。
  • TFS によって生成された自己署名 SSL 証明書を使用している場合、OpenSSL で Git クライアントを使用すると、証明書は無効になります。
  • "TF246017: Team Foundation Server はデータベースに接続できませんでした。ウェアハウス データベースに到達できないときに TFS 管理 コンソールでレポートを構成解除しようとすると、エラーが発生します。
  • パブリック URL の変更や TFS データベースの移動など、TFS ホスト名を変更後にエージェントを構成するときに、"Could not find validator for token" (トークンの検証コントロールが見つかりません) エラーが発生します。
  • tfsconfig offlinedetach では、コレクションがオフラインの場合は警告されません。
  • ユーザー ロケールが英語でない場合、 作業項目の作成などの通知テンプレートのいずれかを使用すると、新しい通知を保存できません。

TFS 2018

注意

次のリンクは、 Team Foundation Server 2018 RC1 リリース ノート内の関連セクションを開きます。

作業項目の追跡の機能強化

  • Web でのプロジェクト作成ウィザード
  • Web でのプロセス テンプレート マネージャー
  • モバイル作業項目フォーム
  • バックログ、かんばんボード、スプリント、およびクエリのフィルター処理
  • かんばんカードの空のフィールドを表示するように展開する
  • 作業項目保存ブロック拡張機能

バージョン管理の機能強化

  • フォーク
  • TFVC リポジトリの Web 編集をオフに設定
  • 古いブランチを識別する
  • 削除されたブランチを検索して再作成する
  • プレフィックスで始まるブランチでコミットを検索する
  • コミット詳細ページのリッチになった pull request の吹き出し
  • [ファイル] から [コミット] に移動するときにファイル名を保持する
  • Git タグの表示、削除、フィルター処理
  • Git タグのセキュリティ
  • pull request 完了時に作業項目を自動的に完了させる
  • プッシュ/新規イテレーションで投票をリセットする
  • pull request ツリーをファイル名でフィルター処理する
  • pull request のコメントのフィルター オプションの追加
  • pull request の詳細でコードのコメントの元の差分を表示する
  • 折りたたみ可能な pull request のコメント
  • pull request の説明とコメントのタスク一覧
  • pull requests に "いいね" コメントを付ける機能
  • 提案を承認するときのワークフローの機能強化
  • Git 通知のパス フィルター処理のサポート
  • pull request ワークフローの優れたメール テンプレート
  • Pull Request のステータスの拡張性

共同作業機能の機能強化

  • Project Wiki
  • 壊れたリンクから Wiki ページを作成する

パッケージ管理の機能強化

  • パッケージ管理のエクスペリエンスの更新
  • Maven パッケージ
  • 新しい統合 NuGet タスク
  • npm ビルド タスクの更新
  • Maven が認証されたフィードをサポートするようになった
  • dotnet タスクが認証されたフィード、Web プロジェクトをサポートする
  • アカウント/コレクションの外部の作業
  • Azure DevOps Services/TFS フィードのフィード ピッカー

ビルドとリリースの機能強化

  • XAML ビルドのサポートの削除
  • ビルド定義のインポートとエクスポート
  • 拡張機能のタスクを非推奨にする
  • 提供されたビルドのセクションでセクションの可視性を制御できる
  • 変数グループのサポート
  • Apple の証明書などのセキュリティで保護されたファイルの使用
  • 新しいリリース定義エディター
  • パイプラインの視覚化
  • コンテキスト内の構成 UI
  • 展開テンプレートの概要
  • タスクおよびフェーズ エディターの強化
  • [変数グループ]、[保有期間]、[オプション] タブ
  • デプロイ グループを使用した VM のデプロイ
  • タスク グループの参照、バージョン管理、インポートとエクスポート
  • サーバー側 (エージェントレス) タスクでの複数構成のサポート
  • 手動介入タスクでの変数のサポート
  • ソース ブランチに基づいて環境へのリリースを制御する
  • 成果物ソースとしての Git リポジトリのリリース トリガー
  • リリース トリガー: Git リポジトリにプッシュされた変更の継続的配置
  • サーバー側タスクの機能強化
  • [コード] ハブのリリース状態バッジ
  • 成果物を追加するときのビルド定義メニューの機能強化
  • 古いバージョンにリリース定義を戻す

テストの機能強化

  • 作業項目リンク、イテレーション、区分パスに対する探索的テストの追跡可能性の向上
  • テスト ハブでのテスト計画とテスト スイートのテスト ケース作業項目のフィルター処理
  • リリース環境とテスト実行のテスト傾向グラフ
  • テスト実行およびテスト結果のコメントに対するマークダウン書式設定のサポート

非推奨の機能

既知の問題については、「 既知の問題」を参照してください。

非推奨の機能

次の機能は、指定されたバージョンで非推奨になりました。

Azure DevOps Server 2019

Office 用 Team Foundation プラグインは、Microsoft Project と Microsoft PowerPoint とストーリーボードのサポートを非推奨とします。 プロジェクト統合と TFSFieldMapping コマンドは、Azure DevOps Server 2019 やAzure DevOps Servicesではサポートされていません。 このプラグインは引き続き Microsoft Excel をサポートします。

構成機能ウィザードは非推奨です。

今後のバージョンではクライアント オブジェクト モデルと SOAP API を削除する予定ですが、Azure DevOps Server 2019 では引き続き作業項目追跡 SOAP API とクライアント オブジェクト モデルがサポートされますが、Azure DevOps Serverの次のメジャー バージョンでは削除されます。 詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

タスクに対する Azure DevOps Server 2019 へのアップグレードの影響: TfS 2017 RTM では、テスト ハブのターゲット マシン マシン グループ上の Windows マシン ファイル コピーと PoweShell が非推奨になりました。 Azure DevOps Server 2019 では、マシン グループ サービスは使用できなくなります。 これは、'Windows マシン ファイル コピー' タスク バージョン 1*および 'ターゲット マシン上の PowerShell' タスク バージョン 1.* のユーザーに影響します。 パイプラインが引き続き機能するには、次の操作を行います。

"Windows マシン ファイル コピー" タスク バージョン 2.* に切り替え、マシン名だけでなく、ターゲット コンピューターの完全な fqdn を指定する必要があります。

また、'ターゲット マシン上の Powershell' タスク バージョン 2.* 以降に切り替え、コンピューター名またはマシン名の完全な fqdn の後に Windows リモート管理ポート (http/https) を指定します。 たとえば、targetMachine:5985 や targetMachine:5986 などです。

TFS 2018

TFS 2018.2: 非推奨の機能テストの実行とタスク エージェントの展開タスク

TFS 2018: 次の機能は非推奨になりました。