Azure Database Migration Service でサポートされるシナリオ

Azure Database Migration Service は、オフライン (一回限り) とオンライン (継続的同期) の両方のデータベース移行を対象にさまざまなデータベース移行シナリオ (ソースとターゲットのペア) をサポートします。 今後、少しずつ新しいシナリオが追加されていき、Database Migration Service の対応範囲が拡大していきます。 Database Migration Service でサポートされる移行シナリオとその提供状況 (プレビューまたは一般提供) について最新の情報を提供するために、この記事は随時更新されます。

オフライン移行とオンライン移行

Database Migration Service では、データベースをオフラインまたはオンラインの間に移行できます。 "オフライン" 移行では、移行の開始時がアプリケーションのダウンタイムの起点になります。 移行の完了時点から新しい環境に切り替わるまでの時間にダウンタイムを制限するには、"オンライン" 移行を使用してください。 オフライン移行をテストして、ダウンタイムが許容範囲内であるかどうかを判断することをお勧めします。 予想されるダウンタイムが許容できない場合は、オンライン移行を行います。

データベース移行シナリオの状態

Database Migration Service によってサポートされる移行シナリオの状態は、時間と共に変化します。 一般に、シナリオはまず "プレビュー" としてリリースされます。 プレビューでは、Database Migration Service のユーザーが直接 UI から移行シナリオを試すことができます。 サインアップは必要ありません。 プレビュー リリース段階の移行シナリオは、リージョンによっては使用できない場合があり、最終リリースの前に変更される可能性もあります。

パブリック プレビューの後、シナリオの状態は "一般提供" (GA) に変わります。 GA は最終的なリリース状態です。 GA 段階のシナリオはすべての機能に対応しており、また、すべてのユーザーが利用できます。

サポートされる移行シナリオ

以降の各セクションに掲載された表は、Database Migration Service でサポートされている各移行シナリオの状態を示したものです。

注意

サポートされているシナリオが UI に表示されない場合は、Ask Azure Database Migrations までお問い合わせください。

オフライン (1 回限り) の移行のサポート

次の表は、"オフライン" 移行に関する Database Migration Service の現在のサポート状況を表しています。

移行先 source サポート Status
Azure SQL Database SQL Server 1 プレビュー
Amazon RDS SQL Server プレビュー
Oracle X
Azure SQL Database マネージド インスタンス SQL Server 1 GA
Amazon RDS SQL Server X
Oracle X
Azure SQL VM SQL Server 1 GA
Amazon RDS SQL Server X
Oracle X
Azure Cosmos DB MongoDB GA
Azure Database for MySQL - 単一サーバー MySQL GA
Amazon RDS MySQL GA
Azure Database for MySQL 2 GA
Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバー MySQL GA
Amazon RDS MySQL GA
Azure Database for MySQL 2 GA
Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー PostgreSQL X
Amazon RDS PostgreSQL X
Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバー PostgreSQL X
Amazon RDS PostgreSQL X
Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) PostgreSQL X
Amazon RDS PostgreSQL X

1 Azure Data Studio 用 Azure SQL Migration 拡張機能を使用したオフライン移行は、Azure SQL Managed Instance、Azure Virtual Machines 上の SQL Server、Azure SQL Database でサポートされます。 詳細については、「Azure Data Studio 用 Azure SQL 移行拡張機能を使用してデータベースを移行する」を参照してください。

2 ソース データベースが既に Azure Database for MySQL や Azure Database for PostgreSQL などの Azure PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) に存在する場合は、移行アクティビティを作成する際に対応するエンジンを選択してください。 たとえば、Azure Database for MySQL - 単一サーバーから Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバーに移行する場合は、シナリオの作成時にソース エンジンとして MySQL を選択します。 Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバーから Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーに移行する場合は、シナリオの作成時にソース エンジンとして PostgreSQL を選択します。

オンライン (継続的同期) の移行のサポート

次の表は、"オンライン" 移行に関する Database Migration Service の現在のサポート状況を表しています。

移行先 source サポート Status
Azure SQL Database SQL Server 1 X
Amazon RDS SQL X
Oracle X
Azure SQL Database MI SQL Server 1 GA
Amazon RDS SQL X
Oracle X
Azure SQL VM SQL Server 1 GA
Amazon RDS SQL X
Oracle X
Azure Cosmos DB MongoDB GA
Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバー Azure Database for MySQL - 単一サーバー プレビュー
MySQL プレビュー
Amazon RDS MySQL プレビュー
Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー PostgreSQL GA
Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー 2 GA
Amazon RDS PostgreSQL GA
Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバー PostgreSQL GA
Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー 2 GA
Amazon RDS PostgreSQL GA
Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus) PostgreSQL GA
Amazon RDS PostgreSQL GA

1 Azure Data Studio 用 Azure SQL Migration 拡張機能を使用したオンライン移行 (最小限のダウンタイム) は、Azure SQL Managed Instance および Azure Virtual Machines 上の SQL Server ターゲットでサポートされます。 詳細については、「Azure Data Studio 用 Azure SQL 移行拡張機能を使用してデータベースを移行する」を参照してください。

2 ソース データベースが既に Azure Database for MySQL や Azure Database for PostgreSQL などの Azure PaaS に存在する場合は、移行アクティビティを作成する際に対応するエンジンを選択してください。 たとえば、Azure Database for MySQL - 単一サーバーから Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバーに移行する場合は、シナリオの作成時にソース エンジンとして MySQL を選択します。 Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバーから Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーに移行する場合は、シナリオの作成時にソース エンジンとして PostgreSQL を選択します。

次のステップ