データ パーティションの管理方法

"データ パーティション" の概念は、単一のデプロイに複数のパーティションを含めることができる OSDU™ から選択されます。 次のハウツー記事では、既存の Azure Data Manager for Energy インスタンスに新しいデータ パーティションを追加する方法について説明します。

各パーティションは、1 つのデプロイ内で最高レベルのデータ分離を提供します。 すべてのアクセス権は、パーティション レベルで管理されます。 データは、パーティションのライフ サイクルとデプロイを個別に処理できる方法で分離されます。 (OSDU™ の パーティション サービス を参照)

1 つの Azure Data Manager for Energy インスタンスに最大 10 個のデータ パーティションを作成できます。 データ パーティションが正常に作成されると、名前を変更したり削除したりすることはできません。

データ パーティションを作成する

  1. Azure Data Manager for Energy の概要ページの左側のパネルから [データ パーティション] メニュー項目を開きます。

    Azure Data Manager for Energy の概要ページからの動的データ パーティション機能検出のスクリーンショット。メニュー項目の [詳細設定] セクションで見つけます。

  2. このページには、Azure Data Manager for Energy インスタンス内のすべてのデータ パーティションのテーブルが表示され、その横にデータ パーティションの状態が表示されます。 [作成] を選択します。 画面の右側に新しいウィンドウが開きます。

    [データ パーティション] ページで [作成] ボタンを見つけるために役立つスクリーンショット。新しいデータ パーティションを追加するための [作成] ボタンが強調表示されています。

  3. データ パーティションの名前を選択します。

    各データ パーティション名は 1 から 10 文字の長さにする必要があり、小文字、数字、ハイフンのみを組み合わせたものになります。 [ 作成 ] を選択すると、新しいデータ パーティションの基になるクラウド リソースのデプロイが開始されます。

    注意

    新しいデータ パーティションのデプロイは 15 分から 20 分で完了します。

    名前の検証を使用してデータ パーティションを作成するスクリーンショット。このページには、新しいデータ パーティションの名前を選択するときに、名前の検証も表示されます。

    新しいパーティションの名前がパーティションの一覧に表示されます。 デプロイの進行中は、その状態は "作成中" と表示されます。

    データ パーティションの [進行中] ページのスクリーンショット。デプロイされる新しいデータ パーティションの進行中の状態が強調表示されます。

    パーティションが正常に作成されると、新しいパーティションの名前に対する状態が "使用可能" に変わります。

    パーティションが正常に作成された後の [データ パーティション] ページのスクリーンショット。

失敗したデータ パーティションの削除

前のプロセスでトリガーされたデータ パーティションのデプロイは、さまざまな問題が原因で失敗する場合があります。 これらの問題には、クォータ制限の到達、ARM テンプレートのデプロイの一時的な問題、データ シード処理の失敗、基になる AKS クラスターへの接続の失敗などがあります。

このようなデータ パーティションの状態は、"作成に失敗しました" と表示されます。これらのデプロイは、失敗したすべてのデータ パーティションデプロイの横に表示される [削除] ボタンを使用して削除できます。 この削除により、バックエンドで作成されたすべてのレコードがクリーンアップされます。 失敗したパーティションが削除されたら、新しいパーティションの作成を再試行できます。

削除に失敗したインスタンスページのスクリーンショット。正しく作成されていないデータ パーティションを削除するためのボタンは、パーティション名の横にあります。

OSDU™は The Open Group の商標です。

次のステップ

新しいデータ パーティションにデータの読み込みを開始できます。