Share via


顧客向けのパートナー イベントの概要 - Azure Event Grid

Azure Event Grid の パートナー イベントを使用すると、顧客は、Azure サービスなど、Azure 上の他のイベント ソースに使用するのと同じメカニズムを使用して、登録済みシステムで発生するイベントをサブスクライブできます。 Event Grid と統合するこれらの登録済みシステムをパートナーと呼びます。

この機能を使用すると、顧客は、プラットフォーム内の顧客のソリューションまたはエンドポイントへのイベントの受信とルーティングをサポートするパートナー システムにイベントを送信することもできます。 通常、パートナーはサービスとしてのソフトウェア (SaaS) または ERP プロバイダーですが、社内チームがイベントを利用できるようにしたいと考える企業プラットフォームである場合もあります。

Event Grid と意図的に統合して、Azure 上で終了する (顧客は、パートナーによって送信されるイベントをサブスクライブ) またはパートナー システム上で終了する (顧客は、Azure Event Grid によって送信される Microsoft イベントをサブスクライブ) エンドツーエンドの顧客ユース ケースを実現します。 顧客は Azure Event Grid を利用して、パートナーによって発行されるイベントを、Webhook、Azure Functions、Azure Event Hubs、Azure Service Bus など、サポートされている宛先に送信します。

また、顧客は Azure Event Grid を利用して、Azure Storage、Outlook、Teams、Microsoft Entra ID などの Microsoft サービスで発生するイベントを、顧客のソリューションがそれらに対応できるパートナー システムにルーティングします。

パートナー イベントを使用して、顧客はプラットフォームとネットワークの境界を越えるイベントドリブン ソリューションを構築し、確実で安全かつ大規模にイベントを受信または送信できます。

注意

Event Grid を初めて使用する場合は、次の記事を参照して、基本的な概念に関する知識を得てください。

パートナーからイベントを受信する

パートナーの代理として作成されるパートナー トピックのパートナーからイベントを受信します。 パートナーからのイベントをサブスクライブする手順の概要を次に示します。

  1. 指定したリソース グループにパートナー トピックを作成することをパートナーに認可します。 認可は、パートナー構成 (Azure リソース) に格納されます。

  2. イベントをサービスからパートナー トピックに転送するようにパートナーに要求します。 パートナーは、Azure サブスクリプションの指定されたリソース グループにパートナー トピックをプロビジョニングします。

  3. パートナーが Azure サブスクリプションとリソース グループにパートナー トピックを作成したら、パートナー トピックをアクティブにします

  4. パートナー トピックに 1 つ以上のイベント サブスクリプションを作成し、イベントをサブスクライブします。

    Diagram showing the steps to receive events from a partner.

    Note

    Event Grid リソースを作成するすべての Azure サブスクリプションに Azure Event Grid リソース プロバイダーを登録する必要があります。 そうしないと、リソースを作成する操作は失敗します。

パートナー イベントを使用する理由

次の要件が 1 つ以上ある場合は、パートナー イベント機能を使用します。

  • パートナー システムで発生したイベントをサブスクライブし、Azure 上のイベント ハンドラー、またはパブリック エンドポイントを持つ任意のアプリケーションまたはサービスにルーティングしたい場合。
  • パートナーからのイベントに反応する Event Grid の送信先/イベント ハンドラーの豊富なセットを利用したい場合。
  • Azure 上のカスタム アプリケーション、Azure サービス、または Microsoft サービスによって発生したイベントを、パートナー システムによってホストされているアプリケーションまたはサービスに転送したい場合。 たとえば、Microsoft Entra ID、Teams、SharePoint、または Azure Storage のイベントを、処理用のテナントであるパートナー システムに送信したい場合があります。
  • 送信再試行のサポートと、"最低 1 回" のセマンティクスを備えた、弾力性のあるプッシュ配信メカニズムが必要です。
  • イベントに Cloud Events 1.0 スキーマを使用する必要があります。

使用可能なパートナー

パートナーは、顧客がパートナーからのイベント受信を開始する前に、オンボード プロセスを実行する必要があります。 Event Grid を介してイベントを受信できる利用可能なパートナーの一覧を次に示します。

Microsoft Graph API

Microsoft Graph API を使用すると、Microsoft Entra IDMicrosoft OutlookTeamsSharePointなど、さまざまな Microsoft サービスのセットからイベントを取得できます。 イベント ソースの完全な一覧については、Microsoft Graph API の変更通知に関するドキュメントを参照してください。

Auth0

Auth0 は、企業がアプリケーション、デバイス、およびユーザーのアクセスを認証、認可、およびセキュリティで保護するためのマネージド認証プラットフォームです。 Auth0 パートナー トピックを作成して、Auth0 アカウントと Azure アカウントを接続できます。 この統合により、リアルタイムで Auth0 イベントに対する対応、ログ記録、監視を行うことができます。 試してみるには、「Azure Event Grid と Auth0 を統合する」を参照してください。

SAP

Azure Event Grid にイベントを送信するように SAP システムを構成できます。 詳細については、SAP イベントのサブスクライブに関するページを参照してください。

Tribal Group

管理者 Edge アプリケーションを使用してイベント ストリームを構成し、受信するイベントを定義することで、Tribal Group の Edge Education プラットフォームからイベントを受信できます。 詳細については、「Tribal Group のイベントをサブスクライブする」を参照してください。

検証済みパートナー

検証済みパートナーとは、Microsoft によって ID が検証されているパートナー組織です。 検証はパートナーから要求されるため、すべてのパートナーが検証されるわけではありません。 ただし、Event Grid ギャラリー内のすべてのパートナーは、Azure portal に存在する前に検証が必要であるため、検証済みです。

重要

検証済みパートナーとのみ作業するべきです。 しかしながら、場合によっては、検証されていないパートナーと作業することもあります。 たとえば、パートナーが社内のチームで、自分の会社が、企業アプリケーションにイベントを発行するプラットフォーム ソリューションを所有している場合です。

顧客が管理するリソース

次の種類のリソースを管理します。

  • パートナー トピックは、パートナーからイベントを受信するリソースです。
  • イベント サブスクリプションは、ここで、Azure サービスまたは Azure などの場所にあるパブリック Webhook に転送するイベントを選択します。
  • パートナー構成は、パートナー リソースを作成するためのパートナーの認可を保持するリソースです。

パートナー トピックとパートナーの送信先を作成するための認可を付与する

パートナーがパートナー トピックを作成するには、それらのリソースを作成しようとする前に、パートナーを認可する必要があります。 認可を付与しないと、そのパートナーがパートナー リソースを作成しようとしても失敗します。

パートナー構成リソースを作成することで、パートナーがパートナー トピックを作成することに同意します。 パートナー認可をパートナー構成に追加してパートナーを識別し、パートナー トピックまたはパートナーの送信先を作成する必要がある認証有効期限を指定します。 パートナーがアクセス許可を使って作成できるリソースの種類は、パートナーのトピックのみです。

重要

検証済みパートナーは、認可されたパートナーではありません。 パートナーが Microsoft によって検証済みであっても、そのパートナーが代理でリソースを作成するには、事前に認可する必要があります。

パートナー システムからイベントをサブスクライブする

パートナーによって発行されたイベントをサブスクライブする方法の詳細な手順については、パートナー イベントのサブスクライブに関する記事を参照してください。

価格

パートナー イベントは、Event Grid との間でイベントをルーティングするときに実行される操作の数によって課金されます。 課金の基礎として使用されるすべての操作の種類の詳細と、詳細な価格情報については、「Event Grid の価格」を参照してください。

制限

パートナー トピックに適用される制限の詳細については、Event Grid サービスの制限に関する記事を参照してください。

次のステップ